おさまる 意味。 収める/納める(おさめる)の意味

おさまるとは

おさまる 意味

2 その場所に落ち着く。 良い成果を 収める。 また、「腹 はら の虫がおさまる」といった場合には、 『解決する』の「収まる」とすることができますし、 『問題のない状態にする』の「治まる」とすることもできますし、 『終わりにする』の「納まる」にすることもできる、というわけなのです。 納入する。 風がおさまる。 「収める」の意味は、『一か所にまとめ入れる』『手に入れる』『解決する』『良い結果を得る』という意味でしたね。 「修める」の意味は、『身につける 』という意味で、 「修」を使った熟語には、• 「事態を収拾する」などがあるように、 「収」には 何かを静めるという意味もあります。

次の

おさまるの意味

おさまる 意味

受納する。 したがって、以下のような例文があれば、 どちらを使っても正解となります。 例えば、「 大納会(だいのうかい)」です。 【】がされる。 前者の意味では、「納まる」に言い換えることができます。 会費を 納める。

次の

収める/納める(おさめる)の意味

おさまる 意味

したがって、中に入れるものは「義務」というよりも、 「 単にモノを収納する」という意味の方が大きいのです。 きまった所にしまう。 社長のいすに 納まる。 整理しますと、同じ「中に入れる」でも 「 収める」= 中に入れる。 例:彼は王になり、亡くなるまで国を治めた。 例えば、 「納骨(のうこつ)」や「 納棺(のうかん)」 などは、亡くなった人の骨や遺体を箱の中に入れる行為です。

次の

収める・納める・治める・修めるの違いや使い分けとは?

おさまる 意味

例:台風の風雨も午後には治まるでしょう。 国を 治める。 まとめ• 同じように、例文に挙げた、怒りや腹の虫なども、すっきり解決したという場合は「収まる」、手をかけて鎮めたという場合は「治まる」を使うことがあります。 本棚に収まる(納まる)• 修飾 しゅうしょく などがあります。 ㋐受け入れられた状態になる。 したがって、この場合の「収める」は 「静めたり安定させる」という意味になるのです。

次の

収める・納める・治める・修めるの違いや使い分けとは?

おさまる 意味

「納める」の場合は、 「 おさめるべき場所に、当然のものを入れる」という意味が強調されています。 身持ちが修まる• 微妙なニュアンスで使い分けることができる、日本語らしい言葉なんですね。 2)統治すること。 矛(ほこ)を 収める。 3)混乱した状態が、もとのように整うこと。 関連: 関連:. 勝利を 収める。 「 統治する」とは、 簡単に言うと「 支配する」という意味です。

次の

収める/納める(おさめる)の意味

おさまる 意味

この意味の場合は「収める」と似ていてややこしいですが、 違いについては後ほど詳しく解説します。 「治」を使った熟語には、• 解釈の仕方により、いろんな意味にとれる、というものもありますし、文脈によっても変わってくることがあるからです。 ㋑当然と思われる所に身を置いて落ち着く。 熟語を先に思い出すことで、使い分けしやすいこともあるでしょう。 風邪が 治まる。 騒ぎがおさまる。 治安 ちあん• これは「 納税」という言葉もあるように、比較的覚えやすいでしょう。

次の

「収める」「納める」「治める」「修める」の違い!丸くおさめるは?

おさまる 意味

Sponsored Links 熟語を手掛かりに 「収める」と「納める」と「治める」と「修める」の使い分けに迷ったら、熟語を思い出してみるといいかもしれません。 ・などがになる。 納得する。 3 (納める)渡すべき金や物を受け取る側に渡す。 獲得する。 つまり、 「 政治家などが国や国民を統治する」ということですね。 素行が修まる. 収まるは、 1)物の中や、決まった枠の中に入ること。

次の