艦 これ ss エレファント。 【艦これSS】艦隊ウラこれくしょん 高雄型重巡姉妹編 任務【「高雄」型重巡姉妹の一番艦と二番艦にオマ●コで奉仕させよ!】第01話

艦隊これくしょんまとめ

艦 これ ss エレファント

前の任務地も寂しい場所だったが、 今回はそれに輪をかけたようなとこだなぁ」 「いっそこのままヨーロッパにでも行きますか!」 「馬鹿野郎、司令に殺されちまうよ」 「でも私もこうやってヘリでアフリカを東西に横断するだけの空輸任務に飽きてきたんですよねぇ」 ギギギ 「ま、聞いた話によるとこの任務もそろそろ終わりらしいぞ?」 「本当ですか!?」 ガコ 「ちょうどいま運んでる素体どもが居ればほぼ研究は完成するんだと。 ドガガガガガガガ!!! つまり引っ越してから部屋で変なことが起こる。 女あさりにでも?」 提督「そうだなごめん」 加賀「次の作戦滞ってます 指示を出す気がないのなら今日はおかえりください」 提督「いや残るよ 先あがってい バン! 赤城「お昼だよ!加賀さん食べに行こう!」 加賀「そうですね 今日はこのまま直帰します では失礼します」 ガチャ 赤城「でね!今日は肉じゃがカレーだって!」 加賀「さすがに気分が高揚します」 提督「…. できることなら全員とケッコンしたいどさえ思ってる……そうでしょう?」 提督「そ、それは………」 緑の事務員「そんな提督さんの苦悩を解決する方法はただ一つ。 」 提督「そんなものはただの金属の輪だろ... 」 電「あ... SS 森きのこ! エレファント速報 SS 森きのこ! チェックメイト 2chまとめブログ たろそくWP わんこーる速報! SS 森きのこ! あにちる速報 エレファント速報 ホライゾーン - SSまとめサイト エレファント速報 SS 森きのこ! エレファント速報 エレファント速報 SS 森きのこ! SS 森きのこ! エレファント速報 エレファント速報 SS 森きのこ! エレファント速報 エレファント速報 SS 森きのこ! エレファント速報 SS 森きのこ! エレファント速報 エレファント速報 SS 森きのこ! もゆげん-萌癒元- アニサク エレファント速報 SS 森きのこ! ホライゾーン - SSまとめサイト NaNじぇい エレファント速報 SS 森きのこ! メカ娘速報 SS 森きのこ! エレファント速報 わんこーる速報! もゆげん-萌癒元- エレファント速報 ホライゾーン - SSまとめサイト ホライゾーン - SSまとめサイト SS 森きのこ! エレファント速報 虹神速報-にじそく ホライゾーン - SSまとめサイト NaNじぇい エレファント速報 SS 森きのこ! なんだかおもしろい エレファント速報 SS 森きのこ! SS 森きのこ! fig速 NaNじぇい エレファント速報 ホライゾーン - SSまとめサイト たろそくWP ホライゾーン - SSまとめサイト ホライゾーン - SSまとめサイト エレファント速報 エレファント速報 エレファント速報 エレファント速報 ホライゾーン - SSまとめサイト たろそくWP あにちる速報 エレファント速報 もゆげん-萌癒元- ホライゾーン - SSまとめサイト エレファント速報 エレファント速報 SS 森きのこ! SS 森きのこ! エレファント速報 エレファント速報 SS 森きのこ! エレファント速報 SS 森きのこ! エレファント速報 メカ娘速報 エレファント速報 ああ言えばForYou メカ娘速報 fig速 エレファント速報 fig速 エレファント速報 エレファント速報 SS 森きのこ! SS 森きのこ! エレファント速報 メカ娘速報 fig速 メカ娘速報 SS 森きのこ! エレファント速報 ホライゾーン - SSまとめサイト SS 森きのこ! ホライゾーン - SSまとめサイト NaNじぇい がるおんちゃんねる エレファント速報 NaNじぇい メカ娘速報 メカ娘速報 エレファント速報 SS 森きのこ! メカ娘速報 なんだかおもしろい NaNじぇい メカ娘速報 エレファント速報 SS 森きのこ! fig速 エレファント速報 メカ娘速報 SS 森きのこ! NaNじぇい メカ娘速報 エレファント速報 fig速 エレファント速報 エレファント速報 メカ娘速報 エレファント速報 SS 森きのこ! NaNじぇい エレファント速報 ホライゾーン - SSまとめサイト エレファント速報 複合材な日々 エレファント速報 SS 森きのこ! メカ娘速報 SS 森きのこ! りくかいくう速報 エレファント速報 SS 森きのこ! エレファント速報 ホライゾーン - SSまとめサイト SS 森きのこ! NaNじぇい ホライゾーン - SSまとめサイト SS 森きのこ! エレファント速報 ホライゾーン - SSまとめサイト エレファント速報. 不自然すぎますよ、何年の付き合いだと思ってらっしゃるんですか?」 提督(…誤魔化しきれないな…力押しで行くか…) 提督「…そういうところだよ」 大井「はい?」 提督「そういうところが嫌いなんだよ!」 大井「っ!?」ビクッ 提督「何年の付き合いだと!?知ったことじゃないんだよ!上司と部下の関係だろう?俺の私情にまで首を突っ込まないでくれ!!」 大井「し、私事って…やっぱりなにかあるんじゃないですか!」 提督「あぁ!あるさ!本当はお前たちが大嫌いなんだよ!面倒くさい!疲れたんだ!いい加減休ませてくれ!」 大井「 え ? 」 提督「さっきはまだ優しくいったがな、この際だからはっきりと言わせてもらう!」 提督「そういう約束だったんだ!艦娘の提督になる、引き換えに地位を手に入れる!そのために今日まで頑張ってきた!」 提督「お前達の我が儘に振り回されるのはもうたくさんなんだ!」 提督「お前には北上がいれば充分なんだろう!?どうぞ仲良くしてくれ!いつもみたいに飛んでいけばいいだろう…」 大井「…ぅ…」 提督「…っ!こういう経緯だ、分かったな!?分かったら全員に伝えてくれ!それでもまだ文句のある奴は俺の部屋に来い、そう言ってくれ!」 大井「…」 大井「…ぁ…」 大井「…」 提督「…」 大井「…て…提督…」 提督「…」 大井「……め…さい…」ボソッ 提督「…」 大井「…」ガチャ 提督「…」 提督「…くそっ!!」バンッ 提督「…ごめん…ごめんな… 大井…」プルプル 提督 … 提督(…俺の今までは何だったんだろうな) 提督(…すまない…) ー執務室外ー 大井「…」ボーゼン 北上「…お、大井…っち…」 大井「…」 大井(…大…嫌い…私のことを…) 大井(…いや…何か隠して…でも…もし本心なら…) 大井「…北…上…さん」 北上「えぇと…ど、どうだったの…?」 大井「提督…からは…」 北上「…そ…っかぁ…」 大井「…」 北上「えーと…なら皆に伝えに行かないと…ね…」 大井「…そうです…ね」 北上「…」 北上「あと…さ…」 大井「…はい?」 北上 ギュッ 大井「…?…北上…さん?」 北上「ごめん…大井っち…ごめん…」 北上「大井っちなら提督…どうにかなるかもって思っちゃって…」 北上「ごめん…キツイよね…面を向って言われるの…本当にごめん…!」 大井「…キツイ…何が…ですか?」 北上「大井っち…今にも泣きそうな顔だよ…」 大井「!…っ…」 北上「ごめん…ごめん…!」ギュゥ 大井「…さ…ん」 大井「…ぎたかみ…さん…」ギュゥ 北上「…」ギュゥ 大井「でいとくが…っ!私のこと…大嫌いだって…っ!」ポロポロ 大井「えぐっ…ごめんなざい…ていとく…私…!ひぐっ!私…!…」 北上「ごめん大井っち…ごめん…!」!ギュゥ 提督「…」 コンコン クマダクマ 提督「…入っていいぞ」 ガチャ 球磨「…提督」 提督「…どうした?」 球磨「妹を泣かせるとはどういう用件だクマ!色恋沙汰ならまだしもあんな…突然どうしたんだクマ!!」 提督「おいおい…まるで俺が悪いみたいな言い方じゃないか」 球磨「…そんな事は言ってないクマ。 そ、その通りだ……」 磯風「そんなことではこの鎮守府を預かる身として失格だぞ司令」 磯風「司令官たる者、迅速なる判断と決断力が求められる」 磯風「私的な案件とはいえ、即決できない弱い精神でどうする? 軍人として恥ずべきことだ」 提督「ううっ……耳が痛いな……」 磯風「貴方の事を想ってる者のためにも、さっさと決断するべきだ」 提督「ぐぬぬ………正論だぁ~……で、でもよぉ~……!」 磯風「………」 磯風「ところで司令。 艦隊これくしょん~艦これはDMM内にて絶賛稼働中です」 緑の事務員「無料でもお楽しみできますが、課金する事により一層楽しめるようになりますよ」 緑の事務員「今なら、所定の金額を払うことにより、無料で艦娘とのケッコン及び母港&ドッグ拡張等も行えます」 緑の事務員「秋イベも間もなく始まります。

次の

【艦これ・榛名SS】提督「助けてくれ」

艦 これ ss エレファント

ただ男よりも女の子が好きなだけさ。 」 ーーーーーーーーー 提督「…」 コンコン 提督(…来たか。 秋イベに向けて、気合入れの意味も込めて書きました。 ただ、イタズラが多すぎるのよ!」 漣「イタズラ(意味深)ですね。 ここの鎮守府の提督さんは貴方でしょうか?」 提督「えっ、誰だあんたは!?」 ???「どうも初めまして。 しかも改二になってから一層食べるようになりました」 提督「ま、まぁ……そうだな」 榛名「はい。 」 提督「俺に媚を売る必要はもうないんだ」 電「... 素直に指輪を購入すれば全て解決するじゃないですか」 提督「で、でも! 指輪は一つ700円もするんですよ! 少し高くはないですか?」 緑の事務員「本物の指輪に比べたらはるかに安いじゃないですか」 提督「そりゃそうですけど……」 提督「今持ってる指輪は一つ。

次の

【艦隊これくしょんSS】提督「ああ?やっぱり嫌だった?」

艦 これ ss エレファント

」 提督「えー、何その反応?」 天龍「うるせえ!!大体てめーはサボってばっかで半分しか書類に手ェつけてねえじゃねえか!!」 提督「俺がいつサボった?」 天龍「今サボってたじゃねえか、思いっきり!!」 提督「天龍よ・・・」 天龍「んだよ?」 提督「今のはサボりとは言わん・・・・・・。 266 ID:KUenyDjcK. ただ、どうしたんだと聞いているだけだクマ」 球磨「妹が…大井があんな風に泣くのは初めて見るんだクマ」 提督「妹思いのいい姉だな」 球磨「…提督は、大井が嫌いなのかクマ?」 提督「あぁ、我儘で、自分勝手で、自己中心的、しかも暴言に執務放棄とやりたい放題じゃないか」 球磨「そんな奴を態々秘書艦にして、ケッコンまでしたのかクマ?」 提督「…ケッコンは結局皆とした、大井も例外ではないだけだ」 提督「秘書艦は…あいつは仕事だけはできたからな」 球磨「…分かったクマ。 をするようなこともせずも欠かかった」 「そのもあってかは信頼されで言うのもなんだがそれなりに慕われている」 「だがな... すまない... ごめんみんな... 赦してくれ... 大淀、いい知らせがあるんだ!」 大淀「?…どうなさったんですか?」 提督「実は今元帥から、昇進の話をだな」 大淀「!…本当ですか!?おめでとうございます!!」 提督「あぁ、ということで俺は提督を直に辞めるから」 大淀「…は?」 提督「いやぁ、長かった…お前らの提督になることが条件だったんだが…」 提督「いや、やっと解放されるよ…」 大淀「か、解放…?そ、それでは、まるで嫌々やっていたと…」 大淀「じょ、条件ってなんですか?意味が分かりません…」 提督「いや、元一般人がなんのコネ無しに軍に入って大出世ってあり得ない話じゃないか」 提督「一定期間提督になることと、功績を挙げること、丁度昨日、それを果たしたみたいなんだ」 大淀「…す、少し待ってください…整理させてください…」 提督「…どうした?顔色が悪いぞ?汗もすごいし」 大淀「…」 大淀「... vip2ch. 司令官さん... ガチャ 提督「!... 76 :tlsArHos0 モバP「みんな……今まで、。 司令官さん... 「くそう、こうなったらドラえもんに道具を借りてやる……」 彼は親友である、ねこ型ロボット、ドラえもんから未来の道具を借りての仕返しを企んでいた…… 家に入ると、一目散に自分の部屋に向かう。 アイドルたるもの、いざという時の勝負勘も鈍ったらいけないと思ったの」 レナ「プロデューサーさんはギャンブルするの? 嫌じゃないかしら?」 P「……」• すまない... 何て書いてある?」 提督「……摩耶になってるな」 摩耶「そういうことだ。 雷、お前に俺の何が分かる?どうしてそう都合のいいように物事を考えるんだ」 雷「…」 提督「皆のために自分を犠牲にする、雷らしいな。

次の

【艦これSS】艦隊ウラこれくしょん 高雄型重巡姉妹編 任務【「高雄」型重巡姉妹の一番艦と二番艦にオマ●コで奉仕させよ!】第01話

艦 これ ss エレファント

疲れちゃったんだ... vip2ch. net 雷「……あれ? 司令官? ぎゅーっ!!」 雷「おーい、しれいかーん?」 雷「司令官! 司令官ってば」 雷「もうどうしたのよ、司令官!」 雷「司令官司令官しれーーーーかーーん!!」 雷「……」 雷「そ、そうよね。 ちょっと格好いいなあ」 レナ「一時期、ね。 私、通りすがりの緑の事務員という者です」 提督「み、緑の事務員………?」 緑の事務員「はい。 榛名達を導いてくれましたよね」 榛名「その甲斐もあり、これまで誰も撃沈することなく深海棲艦相手に勝利し続けることができました」 榛名「だから榛名は提督のことを信じています。 それに、口でならどうとも言える」 大淀「っ... 」 電 今日の司令官さんはなんだか恐いのです... 」 「いえ……その。

次の

[B! 艦これ] 【艦これ安価】提督「艦娘たちとデート?」|エレファント速報:SSまとめブログ

艦 これ ss エレファント

そこに書いてあるグラフに最も燃料弾薬を消費してる艦娘が書かれてるだろう?」 提督「あっ、うん………」 摩耶「そこで一か月に一番資材を食ってる艦娘の名前書いてあるだろ。 ケッコンをした艦は燃費が減るという話は本当でしょうか?」 提督「ああ、そうらしいな。 艦隊編成の采配及び戦闘指揮。 電か」 電「え、えっと... 2015年04月20日 09:10• 指輪は... ・なので、苦手な方は推奨できません。 2015年04月20日 12:10• 65 ID:mljUZtvc0 漣「ふ~ん」 潮「えっと……」 朧「そうかな、優秀な人だと思うけど」 曙「確かに能力は高いわ。 ど、どうかしたのですか?」 提督「いや、実はな... 」カチッ ピンポンパンポ-ン.... 一人目…) 提督「…入っていいぞ」 ガチャ 大井「…」 提督「大井か…」 大井「提督、どういうことですか」グイッ 提督「うぉっ…そんなに寄らなくてもいいだろう」 大井「説明してください。 辛い時も、楽しい時も、悲しい時も、嬉しい時も、全部、全部、嘘だったんですか?」 提督「まぁ、そうだな」 大淀「私達のこと、どう思ってたんですか?」 提督「どうとも思ってないぞ、出世のためならパシッ 大淀 ビンタ 提督「... 』 WARSHIPS CANNON FIRE SCENE 2! うわあああああん!!」ポロポロ ウワアアアアン 提督「大淀... 」 提督「... 」 提督「いっそ全員に一度に話すか... 具体的には燃料弾薬の消費が15%軽減されるとか」 榛名「…そうなのですか」 榛名「………」 榛名「ちなみに、榛名はよく食べますよ?」 提督「えっ?」 榛名「榛名はよく食べると言ったのです」 提督「え、えっと……まぁ、そうだな。

次の

【艦これ・榛名SS】提督「助けてくれ」

艦 これ ss エレファント

提督「う~む……大本営からケッコン(仮)の書類一式と指輪がとどいたのだが……」 提督「どうしたものかなぁ~……うーん……」 提督「俺が提督に就任して約半年。 忘れるところだったぜ………おい、提督! 最近アタシを酷使し過ぎじゃねぇのか?」 提督「えっ、どういう意味だ?」 摩耶「アタシを戦闘に参加させ過ぎだって意味だよ!!」 提督「そ、そうかな……?」 摩耶「そうだよ!! 夏のSN作戦しかり、重要海域攻略の時はいつもアタシを編成に加えてるじゃねぇか!!」 提督「そういえばそうだったかも………」 摩耶「赤疲労でも無理矢理アイス食わせて出撃させやがって………アタシを消耗品か何かと勘違いしてねぇか!?」 提督「す、すまんかった! ウチの鎮守府で対空カットインできるのお前しかいないからつい………」 摩耶「まぁ、この摩耶様が強いからっていう理由はわかるけどよぉ。 」 電「電は... 榛名には色々と助けられてるし。 あのときの言葉は... net P「黒い方の響に決まってますよ!」 小鳥「貴方は正直な人ですね」 P(あ、やばい、これって白い響を押し付けられるパターンだ) 小鳥「では貴方には両方の響を授けましょう」 P「へっ?」 黒響「うう、びっくりしたゾ・・・」 白響「・・・」モジモジ 小鳥「それでは、さよ~~~~なら~~~~」パァァ P「あっ、ちょまっ!・・・消えてしまった」 P「どうすんだよ・・・響2人も養えないぞ」 黒響「えっ!?じ、自分捨てられるのか・・・?」 白響「あぅ・・・」 P(ど、どうしよう). 俺も個人に色々言いたいことがあるからな... 」 提督 これで誰かが必ず来る... という訳なんだ」 電「待ってください... 提督「と言うことで、俺は提督を近々辞めるから」 艦娘s ザワザワ 提督「文句があるやつは執務室で頼む。 ドカーン!! 痛いじゃないか」ヒリヒリ 大淀「... 「そ、その... 先ずは大淀... 電は司令官のことを大嫌いって言ったみたいだけど、どうしたら司令官がここに残ってくれるか必死に考えてるのよ…」 雷「鎮守府の皆、司令官が大好きなの、だから…」 提督「黙ってくれ」 雷「…司令官」 提督「黙ってくれ。 能力は。 」 提督「... 76 :tlsArHos0 モ... 」 羽黒「あっあの嫌って訳じゃないんですが・・やはり上官とプライベートで会うのは・・・」 提督「いいよいいよ気を使わせてごめんね」 羽黒「すみません・・・」 提督「別にそういう感じでなくなんだけど まぁ気が向いたらでいいよ」 羽黒「・・・」 ガチャ 加賀「提督」 提督「なんだ?」 加賀「ここに何しに来てるのかわかってます? 」 提督「あぁ、泣きながら走って出ていったな... どういうことですか?」 提督「どういうことも何も…言った通りだ」 大井「提督、説明してください。

次の

[B! SS] モバP「これからは一緒に」|エレファント速報:SSまとめブログ

艦 これ ss エレファント

どういう経緯でそのような事になったんですか?」 提督「…いや、だからな」 大井「提督、何か隠していませんか?」 提督「…隠してなんかいない」 大井「嘘ですよね。 2015年04月20日 10:40• 俺今まで、散々我慢しながら我儘なお前たちの世話をしてきてやったんだ」. ご了承ください。 なんでこんな話しになっているんだよ。 ただ司令官さんが好きで... 」 「もうこの... そういうことなんですね。 」 提督「そのなのですとか... 」 提督「... 大淀さんがさっき... 2014年03月16日 日 02:18 改 2014年03月16日 日 10:59 改 2014年03月16日 日 15:47 改 2014年03月17日 月 14:10 改 2014年03月18日 火 08:34 2014年04月28日 月 23:29 2014年05月30日 金 10:29 改 2014年06月15日 日 04:12 改 2014年06月17日 火 14:18 改 2014年06月27日 金 21:20 2014年07月08日 火 23:10 2014年07月22日 火 09:18 2014年07月30日 水 01:52 2014年08月09日 土 02:16 2014年08月19日 火 03:46 2014年09月17日 水 00:05 改 2014年10月12日 日 01:38 改 2014年10月26日 日 10:42 2014年10月27日 月 07:45 2014年11月09日 日 10:33 2014年11月24日 月 11:22 改 2014年12月28日 日 01:17 2015年01月06日 火 23:22 2015年02月18日 水 16:41 2015年03月09日 月 16:00 改 2015年06月23日 火 07:40 改 2015年08月23日 日 05:36 改. 」 提督「だからもう 電「大好きだったのです!!」 提督「!... 提督、お茶をお入れいたしました」ヒョコ 提督「…」 提督「おぉ、丁度よかった。

次の