70 歳 以上 被用者 該当 届。 70歳以降も雇用する際の厚生年金の手続き

70歳以上被用者に関する算定基礎届

70 歳 以上 被用者 該当 届

(参考元:) 手続きの際は、うっかり届け出漏れをしないように注意しましょう。 なお、印字されていない欄が足りない場合は、届出用紙を送付しますので、管轄年金事務所へご連絡ください。 A社長:「先生、70歳以上被用者該当・不該当届というものは何のために提出する のですか。 イは過去に厚生年金加入期間のある人 という定義なので、受給者とか受給資格の有無に関係ありません。 結論から言うと、 たとえ社長や役員であっても、70歳以上被用者該当届は必ず提出する必要があります。

次の

70歳になった方の社会保険の届け出が変わりました!

70 歳 以上 被用者 該当 届

*注:厚生年金保険法第十二条では、厚生年金保険の適用事業所に勤務していても、例外的に厚生年金保険被保険者とならない「適用除外」について限定列挙されています。 また、退職する際もそうですが、社会保険料は資格喪失日が属する月の前月分までを徴収して納付します。 資格喪失日は誕生日の前日です。 年金事務所から「70歳以上被用者該当・不該当届」と「被保険者資格喪失届」の提出をするように通知が届きましたので現在処理を行っておりますが、疑問を持っているのは該当社員からの厚生年金保険料をいつから徴収しないようにするかということです。 なので、正確には「被保険者の被扶養者の有無」という意味になるかと思いますが、このあたりが紛らわしいです。 では、もともと働いていた従業員が70歳を迎えたとき、どのような手続きをすればいいのでしょうか?厚生年金保険では、70歳を超えると自身が被保険者ではなくなるため、「厚生年金保険被保険者資格喪失届」と「70歳以上被用者該当届」を提出しなければなりません。 70歳以上被用者とは、70歳以上であって厚生年金保険の適用事業所に新たに使用される人、又は被保険者が70歳到達後も継続して使用される場合で次の要件に該当する人を指します。

次の

70歳になった方の社会保険の届け出が変わりました!

70 歳 以上 被用者 該当 届

年金支給は国の社会保障制度、給与は個々の会社で決める制度ですので、基本的に別問題となります。 個人型拠出年金のこと。 平成19年4月1日以降、70歳以上の使用される人について 60歳代後半の在職老齢年金制度が適用されることとなり、届出が必要となりました。 ところが、この従業員から、今の給与額では年金をカットされるので、来月から給与を下げるよう依頼されました。 70歳に達しますと、厚生年金は資格喪失となります。

次の

2018年3月5日からの厚生年金保険70歳以上被用者についての届出書の改正と、2019年度から予定されている厚生年金保険70歳以上被用者についての届出書の改正

70 歳 以上 被用者 該当 届

大変な仕事ではありますが、その分やりがいもあるはずですので、今後益々のご検討を祈っております。 この対象者の要件については紙の裏面に書いてますので、よくご確認されることをおすすめします。 コンサルティングを申し込むまで、年金請求手続きは 行わない方がよいのでしょうか 【回答】 これは、 60歳代前半の経営者からも、 65歳の経営者 からもよくいただく質問です。 しかし、両方の要件に該当しない場合は引き続き手続きが必要になるので注意しましょう。 上場投資信託のこと。 )を含む。

次の

70歳以上被用者に関する算定基礎届

70 歳 以上 被用者 該当 届

厚生年金保険被保険者の生年月日データを日本年金機構は 持っているわけですから、わざわざ会社から対象者が 70 歳 になったことを届出なくても、 70 歳になって引き続き働き 続ける人については、法律で定められている通り、 厚生年金被保険者資格を喪失し、厚生年金保険 70 歳以上 被用者となり、引き続き健康保険被保険者であるように、 全部手続きなしに切り替えてもらえれば済む話ですよね。 加入資格があるのに加入しないのは、違法ですが、加入資格がなくても、加入するのは問題ないような気もしますし。 nenkin. また、「被扶養者の有無」ですが、被扶養者は扶養されている人の意味ですので、あなたに扶養されている人の有無、つまりあなたのご子息など、健康保険であなたの扶養に入っている人の有無になります。 70歳までに支払った厚生年金保険料に対する年金額はきちんと保証されるので安心してくださいね。 通知書等の内容をご確認の上、70歳到達日以降の標準報酬月額相当額が異なり、標準報酬月額相当額の訂正が必要である場合は、70歳到達届のご提出をお願いいたします。 勤務時間や勤務日数を正社員の 4分の 3未満にしたら、「 70歳以上 被用者」に該当しないから、老齢厚生年金(報酬比例部分)が 支給停止とならないでもらえる、と思っておられるわけですね。 (平成 29 年 11 月 28 日現在) この部分、平成 27年 9月 30日までは、「昭和 12年 4月 2日以降に お生まれの方であって 70 歳以上の方」で正しかったのですが、 法改正によって、平成 27 年 10 月 1 日以降は「 70 歳以上の方」と なっています。

次の

70歳以上被用者とは?届出に必要な提出書類や手続方法を詳しく解説!

70 歳 以上 被用者 該当 届

在職老齢年金の支給停止額は、収入によって変わります。 <提出書類>• 在職老齢年金とは、60歳以降も働いて一定以上の収入のある人に対して、老齢厚生年金を一部または全額支給停止する制度です。 「返不能」というのは日本語がおかしい気もしますが、おそらく、まだ使うから返せないという意味かと思います。 日本年金機構のホームページやパンフレット、市販の 書籍を見ると、同じ役員報酬額でも、「報酬比例部分」の 年金額がいくらかによって、年金がカットされる額が 変わると書いてあります。 次の(1)及び(2)の両方の要件に該当する被保険者が、在職中に70歳に到達した場合は、日本年金機構において、厚生年金保険の資格喪失処理及び70歳以上被用者該当処理を行いますので、事業主からの70歳到達届の提出が不要(届出省略)となります。 以上の通り、 70歳未満・ 70歳以上とも、「 4分の 3要件」という社会保険に 加入しなくてもよい例外が適用されるのは、従業員(労働者)の 場合に限られます。 それに伴って、企業が70歳以上の従業員を雇う機会も多くなり、労務担当者は手続きの頻度が増えてくることも考えられます。

次の

算定基礎届の提出|日本年金機構

70 歳 以上 被用者 該当 届

(厚生年金保険法施行規則第十八条第三項:報酬月額の届出) *注:「厚生年金保険 70歳以上被用者算定基礎届」のことです。 2月分から料の徴収がなくなるのはわかっているのですが、当社の場合は3月25日支給分からということになるのでしょうか?それとも2月25日支給分から適用してよろしいのでしょうか? 甚だお恥ずかしい限りではございますが、ご教授いただければ幸いです。 *************************** そもそも「被用者」とはあまり耳になじまない言葉ですね。 (1)「被保険者報酬月額算定基礎届 総括表」は、「被保険者報酬月額算定基礎届」と同時に提出してください。 70歳以降も雇用する際の厚生年金の手続き 自分の会社の役員に付けている母親が70歳に到達したため、社会保険関係で手続きが必要になるらしいのですが、次の2つの書類が送られてきました。 その時に、給与を減額して届出を提出すれば、カットされないと言われたようなのですが、月額変更以外で、即年金カットがなくなるような手続きがあるのでしょうか。 ですから、もしお二人について現在 70 歳以上被用者該当届が未届であれば届出が必要となります。

次の

70歳以上被用者に関する算定基礎届

70 歳 以上 被用者 該当 届

70歳以上被用者に関しても、届け出が必要かどうかは働き方が厚生年金の被保険者の要件に該当するかどうかで決まるということです。 但し、上記は一般論であり、この方の場合にはそもそも所定労働時間からも社会保険の加入要件を満たしていないものといえます。 そして、それに基づいて、在職老齢年金の年金支給停止額 が法律通りに計算され、正しく年金が支給されるように なればよいわけです。 <70 歳以上被用者の算定基礎届> 70 歳以上の被用者の標準報酬月額相当額は、4 月~ 6 月に受けた報酬の平均月額に合わせて毎年改定されます。 翌月徴収ですから2月に支給する給与から徴収するのは1月分の。 裁判に訴えれば勝てるかもしれないですね。

次の