きんきん ま くせ いとう つう しょう こう ぐん。 【コトダマン攻略】新日コラボのプロレスワード&困ったときのおすすめワードまとめ

筋筋膜性疼痛症候群

きんきん ま くせ いとう つう しょう こう ぐん

(あわしまちかげ)【女優】• 【カメルーンの都市】• (とういんきつし)【皇族】• かいもくしょう げ また いまよりこそ しょだいぼさつも ぼんたい にちがつ してんらも きょうしゅしゃくそんの みでしにては そうらえ されば ほうとうほんには これらの だいぼさつを ほとけ わが みでしらと おぼすゆえに かんぎょうして いわく「もろもろの たいしゅに つぐ わが めつどの のち たれか よく この きょうを ごじし どくじゅする いま ぶつぜんに おいて みずから せいごんを とけ」とは したたかに おおせ くだせしか また しょだいぼさつも「たとえば おおかぜの しょうじゅの えだを ふくが ごとし」とうと きちじょうそうの おおかぜに したがい かすいの たいかいへ ひくが ごとく ほとけには したがい まいらせしか しかれども りょうぜん ひ あさくして ゆめの ごとく うつつならず ありしに しょうぜんの ほうとうの うえに きごの ほうとう あって じっぽうの しょぶつ らいしゅうせる みな わが ぶんしん なりと なのらせ たまい ほうとうは こくうに しゃか たほう ざを ならべ にちがつの せいてんに びょうしゅつせるが ごとし にんてんだいえは ほしを つらね ぶんしんの しょぶつは だいちのうえ ほうじゅのもとの ししの ゆかに まします けごんきょうの れんげぞうせかいは じっぽう しどの ほうぶつ おのおのに くにぐににして かのかいの ほとけ この どに きたって ぶんしんと なのらず この かいの ほとけ かの かいへ ゆかず ただ ほうえらの だいぼさつのみ たがいに らいえせり だいにちきょう こんごうちょうきょうとうの 8よう9そん 37そんら だいにちにょらいの けしんとは みゆれども そのけしん さんじんえんまんの こぶつに あらず だいぼんきょうの 1000ぶつ あみだきょうの 6ぽうの しょぶつ いまだに らいしゅうの ほとけに あらず だいしゅうきょうの らいしゅうの ほとけ また ぶんしん ならず こんきょうみょうきょうの 4ほうの 4ぶつは けしん なり そうじて いっさいきょうの なかに かくしゅう かくぎょうの さんじんえんまんの しょぶつを あつめて わが ぶんしんとは とかれず これ じゅりょうほんの おんじょ なり しじょう 40よねんの しゃくそんが 1こう 10こう とう いぜんの しょぶつを あつめて ぶんしんと とかる さすが びょうどういしゅにも にず おびただしく おどろかし また しじょうの ほとけならば しょけ じっぽうに じゅうまん すべからざれば ぶんしんの とくは そなわりたりとも じげんして やく なし てんだい いわく「ぶんしん すでに おおし まさに しるべし じょうぶつの ひさしきことを」とう うんぬん だいえの おどろきし こころを かかれたり その うえに じゆせんがいの だいぼさつ だいちより しゅったいせり しゃくそんに だい1の みでしと おぼしき ふげん もんじゅらにも にるべくも なし けごん ほうとう はんにゃ ほけきょうの ほうとうほんに らいしゅうする だいぼさつ だいにちきょうとうの こんごうさったら とうの 16の だいぼさつ なんども この ぼさつに たいとうすれば みこうの むらがる なかに たいしゃくの きたり たまうが ごとし やまがつに げっけいらの まじわるに ことならず ふしょの みろくすら なお めいわくせり いかに いわんや その いげをや この 1000せかいの だいぼさつの なかに 4にんの だいしょう まします いわゆる じょうぎょう むへんぎょう じょうぎょう あんりゅうぎょう なり この 4にんは こくう りょうぜんの しょぼさつとう まなこも あわせ こころも およばず けごんきょうの 4ぼさつ だいにちきょうの 4ぼさつ こんごうちょうきょうの 16だいぼさつらも この ぼさつに たいすれば えいがんの ものの にちりんを みるが ごとく あまが こうていに むかい たてまつるが ごとし たいこうらの しせいの しゅうちゅうに ありしに にたり しょうざんの 4こうが けいていに つかえしに ことならず ぎぎどうどうとして そんこう なり しゃか たほう じっぽうの ぶんしんを のぞいては いっさいしゅじょうの ぜんちしきとも たのみ たてまつりぬべし みろくぼさつ こころに ねんごんすらく われは ほとけの たいしの おんときより 30じょうどう いまの りょうぜんまで 42ねんが あいだ この かいの ぼさつ じっぽうせかいより らいしゅうせし しょだいぼさつ みな しりたり また じっぽうの じょう えどに あるいは おんつかい あるいは われと ゆうげして その くにぐにに だいぼさつを けんもんせり この だいぼさつの おんし なんどは いかなる ほとけにてや あるらん よも この しゃか たほう じっぽうの ぶんしんの ぶっだには にるべくも なき ほとけにて こそ おわすらめ あめの たけきを みて りゅうの だいなることを しり はなの だいなるを みて いけの ふかきことは しんぬべし これらの だいぼさつの きたるくに また たれと もうす ほとけに あい たてまつり いかなる だいほうをか しゅうしゅうし たまうらんと うたがいし あまりの ふしんさに こえをも いだすべくも なけれども ぶつりきにや ありけん みろくぼさつ うたがって いわく 「むりょう1000まんのくの たいしゅの もろもろの ぼさつは むかしより いまだ すべて みざるところ なり この もろもろの だいいとくの しょうじんの ぼさつしゅは たれか そのために ほうを といて きょうけして じょうじゅせる たれに したがってか はじめて ほっしんし いずれの ぶっぽうをか しょうよう せる せそん われ むかしより このかた いまだ かつて この ことを みず ねがわくは その しょじゅうの こくどの みょうごうを ときたまえ われ つねに しょこくに あそべども いまだ かつて この ことを みず われ このしゅの なかに おいて いまし 1にんをも しらず こつねんに ちより いでたり ねがわくは その いんねんを ときたまえ」とう うんぬん てんだい いわく 「じゃくじょうより このかた こんざ いおう じっぽうの だいし らいえ たえず かぎる べからずと いえども われ ふしょの ちりょくを もって ことごとく み ことごとく しる しかれども このしゅに おいて 1にんをも しらず しかるに われ じっぽうに ゆうげして しょぶつに ごんぶし たいしゅに こころよく しきちせらる」とう うんぬん みょうらく いわく「ちじんは きを しる じゃは みずから じゃを しる」とう うんぬん きょうしゃくの こころ ふんみょう なり せんずるところは しょじょうどうより このかた この ど じっぽうにて これらの ぼさつを みたてまつらず きかずと もうすなり ほとけ この ぎを こたえて いわく 「あいった なんじら むかしより いまだ みざる ところの ものは われ このしゃばせかいに おいて あのくたらさんみゃくさんぼだいを え おわって この もろもろの ぼさつを きょうけし じどうして その こころを ちょうぶくして どうの こころを おこさしめたり」とう また いわく「われ がやじょう ぼだいじゅげに おいて ざして さいしょうがくを じょうずる ことを えて むじょうの ほうりんを てんじ しかして すなわち これを きょうけして はじめて どうしんを おこさしむ いま みな ふたいに じゅうせり ないし われ くおんより このかた これらの しゅを きょうけせり」とう うんぬん ここに みろくらの だいぼさつ おおいに うたがい おもう けごんきょうの とき ほうえらの むりょうの だいぼさつ あつまる いかなる ひとびと なるらんと おもえば わが ぜんちしきなりと おおせられしかば さもやと うちおもいき その のちの だいほうぼう びゃくろち とうの らいえの だいぼさつも しかの ごとし この だいぼさつは かれらには にるべくもなき ふりたりげに まします さだめて しゃくそんの おんししょうか なんど おぼしきを はじめて どうしんを おこさしむとて ようちの ものども なりしを きょうけして でしと なせりなんど おおせあれば おおいなる うたがい なるべし にほんの しょうとくたいしは にんのう だい32だい ようめいてんのうの みこ なり おんとし 6さいの とき くだら こうらい もろこしより ろうじんどもの わたり たりしを 6さいの たいし わが でしなりと おおせ ありしかば かのろうじんども また がっしょうして わが しなり とう うんぬん ふしぎ なりし ことなり げてんに もうす あるひと みちを ゆけば みちの ほとりに とし 30ばかりなる わかものが 80ばかりなる ろうじんを とらえて うちけり いかなることぞ とえば この ろうおうは わがこ なり なんど もうすと かたるにも にたり されば みろくぼさつら うたがって いわく 「せそん にょらいたいし たりし とき しゃくの みやを いで がやじょうを さること とおからずして どうじょうに ざして あのくたらさんみゃくさんぼだいを じょうずることを え たまえり これより このかた はじめて 40よねんを すぎたり せそん いかんぞ この しょうじに おいて おおいに ぶつじを なし たまえる」とう うんぬん いっさいの ぼさつ はじめ けごんきょうより 40よねん ええに うたがいを もうけて いっさいしゅじょうの ぎもうを はらすなかに このうたがい だい1の うたがい なるべし むりょうぎきょうの だいそうごんらの 8まんの だいし 40よねんと いまとの りゃっこう しつじょうの うたがいにも ちょうかせり かんむりょうじゅきょうに いだいけぶにんの あじゃせおうが だいばに すかされて ちちの おうを いましめ ははを ころさんとせしが ぎば がっこうに おどされて ははを はなちたりし とき ほとけを しょうじ たてまつて まず だい1の といに いわく 「われ むかし なんの つみ あって このあくしを うむ せそん また なんらの いんねん あって だいばだったと ともに けんぞくと なりたまう」とう うんぬん この うたがいの なかに「せそん また なんらの いんねんあって」とうの うたがいは だいなる だいじ なり りんのうは かたきと ともに うまれず たいしゃくは おにと とも ならず ほとけは むりょうこうの じひしゃ なり いかに だいおんと ともには まします かえって ほとけには ましまさざるかと うたがう なるべし しかれども ほとけ こたえ たまわず されば かんぎょうを どくじゅせんひと ほけきょうの だいばほんへ いらずば いたづらごと なるべし だいねはんぎょうに かしょうぼさつの 36の といも これには およばず されば ほとけ このうたがいを はらさせ たまわずば いちだいの しょうぎょうは ほうまつに どうじ いっさいしゅじょうは ぎもうに かかるべし じゅりょうの いっぽんの たいせつなる これ なり そののち ほとけ じゅりょうほんを といて いわく 「いっさいせけんの てんにん および あしゅらは みな いまの しゃかむにぶつは しゃくしの みやを いで がやじょうを さること とおからず どうじょうに ざして あのくたらさんみゃくさんぼだいを え たまえりと おもえり」とう うんぬん このきょうもんは はじめ じゃくめつどうじょうより おわり ほけきょうの あんらくぎょうほんに いたるまでの いっさいの だいぼさつらの しょちを あげたる なり 「しかるに ぜんなんし われ じつに じょうぶつしてより このかた むりょうむへんひゃくせんまんのくなゆたこう なり」とう うんぬん このもんは けごんきょうの「3しょの しじょうしょうがく」 あごんきょうに いわく「しょじょう」じょうみょうきょうの「しざぶつじゅ」 だいしっきょうに いわく「し 16ねん」だいにちきょうの「がしゃくざどうじょう」とう にんのうきょうの「29ねん」むりょうぎきょうの「がせんどうじょう」 ほけきょうの ほうべんぽんに いわく 「がしざどうじょう」とうを 1ごんに だいこもうなりと やぶる もん なり この かこ じょう あらわるる とき しょぶつ みな しゃくそんの ぶんしん なり にぜん しゃくもんの ときは しょぶつ しゃくそんに かたを ならべて かくしゅう かくぎょうの ほとけ なり かるがゆえに しょぶつを ほんぞんと する もの しゃくそんらを くだす いま けごんの だいじょう ほうとう はんにゃ だいにちきょうとうの しょぶつは みな しゃくそんの けんぞく なり ほとけ 30じょうどうの おんときは だいぼんてんのう だい6てんとうの ちぎょうの しゃばせかいを うばい とり たまいき いま にぜん しゃくもんにして じっぽうを じょうどと ごうして この どを えどと とかれしを うちかえして この どは ほんどなり じっぽうの じょうどは すいしゃくの えどと なる ほとけは くおんの ほとけ なれば しゃっけ たほうの だいぼさつも きょうしゅ しゃくそんの みでし なり いっさいきょうの なかに この じゅりょうほん ましまさずば てんに にちがつの くにに だいおうの さんがに たまの ひとに たましいの なからんが ごとくして あるべきを けごん しんごんとうの ごんしゅうの ちしゃと おぼしき ちょうかん かじょう じおん こうぼうらの いちおう ごんしゅうの ひとびと かつは みずからの えきょうを さんたん せんために あるいは いわく「けごんきょうの きょうしゅは ほうしん ほけきょうは おうじん」と あるいは いわく「ほっけじゅりょうほんの ほとけは むみょうの へんいき だいにちきょうの ほとけは みょうの ぶんい」とう うんぬん くもは つきを かくし ざんしんは けんじんを かくす ひと さんすれば おうしゃくも たまと みえ ゆしんも けんじんかと おぼゆ いま じょくせの がくしゃら かれらの ざんぎに かくされて じゅりょうほんの たまを もてあそばず また てんだいしゅうの ひとびとも たぼらかされて こんしゃく いちどうの おもいを なせる ひとびとも あり ほとけ くじょうに ましまさずば しょけの すくなかるべきことを わきまう べきなり つきは かげを おしまざれども みずなくば うつる べからず ほとけ しゅじょうを けせんと おぼせども けちえん うすければ はっそうを げんぜず れいせば もろもろの しょうもんが しょじ しょじゅうには のぼれども にぜんにして じちょうじど なりしかば みらいの はっそうを ごする なるべし しかれば きょうしゅしゃくそん しじょうならば いま この せかいの ぼんたい にちがつ してんらは こっしょより この どを りょうすれども 40よねんの ぶつでし なり りょうぜん 8ねんの ほっけ けちえんの しゅ いま まいりの しゅくんに おもいつかず くじゅうの ものに へだてらるるが ごとし いま くおんじつじょう あらわれぬれば とうほうの やくしにょらいの にっこう がっこう さいほうあみだにょらいの かんのん せいし ないし じっぽうせかいの しょぶつの みでし だいにち こんごうちょうとうの りょうぶの だいにちにょらいの みでしの しょぼさつ なお きょうしゅしゃくそんの みでし なり しょぶつ しゃかにょらいの ぶんしんたる うえは しょぶつの しょけ もうすに およばず いかに いわんや この どの こつしょより このかたの にちがつ しゅせい とう きょうしゅしゃくそんの みでしに あらずや しかるを てんだいしゅうより ほかの しょしゅうは ほんぞんに まどえり くしゃ じょうじつ りっしゅうは 34しん だんけつじょうどうの しゃくそんを ほんぞんと せり てんそんの たいしが めいわくして わがみは たみの こと おもうが ごとし けごんしゅう しんごんしゅう さんろんしゅう ほっそうしゅうとうの 4しゅうは だいじょうの しゅう なり ほっそう さんろんは しょうおうじんに にたる ほとけを ほんぞんと す てんのうの たいし わが ちちは さむらいと おもうが ごとし けごんしゅう しんごんしゅうは しゃくそんを さげて るしゃなの だいにちとうを ほんぞんと さだむ てんし たる ちちを さげて すじょうも なき ものの ほうおうの ごとくなるに つけり じょうどしゅうは しゃかの ぶんしんの あみだぶつを うえんの ほとけと おもうて きょうしゅを すてたり ぜんしゅうは げせんの もの いちぶんの とくあって ふぼを さぐるが ごとし ほとけを さげ きょうを くだす これ みな ほんぞんに まよえり れいせば 3こう いぜんに ちちを しらず ひと みな きんじゅうに どうぜしが ごとし じゅりょうほんを しらざる しょしゅうの ものは ちくに おなじ ふちおんの もの なり ゆえに みょうらく いわく 「いちだいきょうの うち いまだ かつて おんを あらわさず ふぼの いのち しらずんば あるべからず もし ちちの いのちの とおきを しらずんば また ふとうの くにに まよう いたずらに さいのうと いうとも まったく ひとのこに あらず」とう うんぬん みょうらくだいしは とうの すえ てんぽうねんちゅうの もの なり さんろん けごん ほっそう しんごんとうの しょしゅう ならびに えきょうを ふかく み ひろく かんがえて じゅりょうほんの ほとけを しらざるものは ふとうの くにに まよえる さいのうある ちくしょうと かける なり といさいのうとは けごんしゅうの ほうぞう ちょうかん ないし しんごんしゅうの ぜんむいさんぞうらは さいのうの にんし なれども この ちちを しらざるが ごとし でんぎょうだいしは にほんけんみつの がんそ しゅうくに いわく 「たしゅう しょえの きょうは いちぶん ふぼのぎ ありと いえども しかも ただ あいのみ あって ごんの ぎを かく てんだいほっけしゅうは ごんないの ぎを ぐす いっさいの けんしょう がく むがく および ぼさつしんを おこせるものの ちちなり」とう うんぬん しんごん けごんとうの きょうぎょうには しゅじゅくだつの 3ぎ みょうじすら なお なし いかに いわんや その ぎをや けごん しんごんきょうとうの いっしょうしょじの そくしんじょうぶつ とうは きょうは ごんきょうにして かこを かくせり しゅを しらざる だつ なれば ちょうこうが くらいに のぼり どうきょうが おういに こせんと せしが ごとし しゅうじゅう たがいに しゅを あらそう よ これを あらそわず ただ きょうに まかすべし ほけきょうの しゅに よって てんじんぼさつは しゅしむじょうを たてたり てんだいの いちねんさんぜん これ なり けごんきょう ないし しょだいじょうきょう だいにちきょうとうの しょそんの しゅし みな いちねんさんぜん なり てんだいちしゃだいし 1にん この ほうもんを えたまえり けごんしゅうの ちょうかん このぎを ぬすんで けごんきょうの しんにょくえしの もんの たましいと す しんごん だいにちきょうとうには にじょうさぶつ くおんじつじょう いちねんさんぜんの ほうもん これ なし ぜんむいさんぞう しんたんに きたってのち てんだいの しかんを みて ち ほっし だいにちきょうの こころの じっそう われは いっさいの ほんじょなりの もんの たましいに てんだいの いちねんさんぜんを ぬすみ いれて しんごんしゅうの かんじんとして そのうえに いんと しんごんとを かざり ほけきょうと だいにちきょうとの しょうれつを はんずるとき りどうじしょうの しゃくを つくれり りょうかいの まんだらの にじょうさぶつ じっかいごぐは いちじょう だいにちきょうに ありや だい1の おうわく なり ゆえに でんぎょうだいし いわく 「しんらいの しんごんけは すなわち ひつじゅの そうじょうを みんじ くとうの けごんけは すなわち ようごうの きぼを かくす」とう うんぬん えぞの しま なんどに わたて ほのぼのと いう うたは われ よみたり なんど もうすは えぞていの ものは さこそと おもうべし かんど にほんの がくしゃ また かくの ごとし りょうしょわじょう いわく 「しんごん ぜんもん けごん さんろん ないし もし ほっけとうに のぞめば これ しょういんもん」とう うんぬん ぜんむいさんぞうの えんまの せめに あづからせ たまいしは この じゃけんに よる のちに こころを ひるがえし ほけきょうに きぶくしてこそ このせめをば のがれさせ たまいしか そのご ぜんむい ふくうら ほけきょうを りょうかいの ちゅうおうに おきて だいおうの ごとくし たいぞうの だいにちきょう こんごうの こんごうちょうきょうをば さゆうの しんかの ごとく せし これ なり にほんの こうぼうも きょうそうの ときは けごんしゅうに こころを よせて ほけきょうをば だい8に おきしかども じそうの ときには じつえ しんが えんちょう こうじょうらの ひとびとに つたえ たまえし とき りょうかいの ちゅうおうに かみの ごとく おかれたり れいせば さんろんの かじょうは ほっけげん10かんに ほけきょうを だい4じ えにはにと さだむれども てんだいに きぶくして 7ねん つかえ はいこうさんしゅうして みを にくきょうと なせり ほっそうの じおんは ほうおんりん 7かん 12かんに いちじょうほうべん さんじょうしんじつとうの もうげん おおし しかれども げんさんの だい4には こりゃくりょうぞん とうと わがしゅうを ふじょうに なせり ことばは りょうほう なれども こころは てんだいに きぶくせり けごんの ちょうかんは けごんの しょを つくって けごん ほっけ そうたいして ほっけを ほうべんと かけるに にたれども かの しゅう これを もって じつと なす この しゅうの りゅうぎ りつう ぜざること なし とうと かけるは くい かえすに あらずや こうぼうも また かくの ごとし ききょう なければ わが おもてを みず かたき なければ わが ひを しらず しんごんとうの しょしゅうの がくしゃら わが ひを しらざりし ほどに でんぎょうだいしに あい たてまつって じしゅうの とがを しる なるべし されば しょきょうの しょぶつ ぼさつ にんてんとうは かれがれの きょうぎょうにして ほとけに ならせ たまうよう なれども じつには ほけきょうにして しょうがく なり たまえり しゃか しょぶつの しゅじょうむへんの そうがんは みな この きょうに おいて まんぞくす こんじゃいまんぞくの もん これ なり よ ことの よしを おしはかるに けごん かんぎょう だいにちきょう とうを よみ しゅぎょうする ひとをば その きょうぎょうの ほとけ ぼさつ てんら しゅごしたまうらん うたがい あるべからず ただし だいにちきょう かんぎょうとうを よむ ぎょうじゃら ほけきょうの ぎょうじゃに てきたいを なさば かの ぎょうじゃを すてて ほけきょうの ぎょうじゃを しゅごすべし れいせば こうし じふの おうてきと なれば ちちを すてて おうに まいる こうの いたりなり ぶっぽうも また かくの ごとし ほけきょうの しょぶつ ぼさつ じゅうらせつ にちれんを しゅごし たまう うえ じょうどしゅうの ろっぽうの しょぶつ 25の ぼさつ しんごんしゅうの 1200ら 7しゅうの しょそん しゅごの ぜんじん にちれんを しゅごし たまうべし れいせば 7しゅうの しゅごしん でんぎょうだいしを まほり たまいしが ごとしと おもう にちれん あんじて いわく ほけきょうの 2しょ 3えの ざに ましましし にちがつ とうの しょてんは ほけきょうの ぎょうじゃ しゅったいせば じしゃくの くろがねを すうが ごとく つきの みずに うつるが ごとく しゅゆに きたって ぎょうじゃに かわり ぶつぜんの おんちかいを はたさせ たまうべしと こそ おぼえ そうろうに いままで にちれんを とぶらい たまわぬは にちれん ほけきょうの ぎょうじゃに あらざるか されば かさねて きょうもんを かんがえて わがみに あてて みの とがを しるべし うたがって いわく とうせいの ねんぶつしゅう ぜんしゅうとうをば いかなる ちげんを もって ほけきょうの てきじん いっさいしゅじょうの あくちしきとは しるべきや こたえて いわく わたくしの ことばを いだす べからず きょうしゃくの みょうきょうを いだして ほうぼうの しゅうめんを うかべ その とがを みせしめん いきめくらは ちから およばず ほけきょうの だい4 ほうとうほんに いわく 「その ときに たほうぶつ ほうとうの なかに おいて はんざを わかち しゃかむにぶつに あたう その ときに たいしゅ 2にょらいの 7ほうの とうの なかの ししの ざの うえに ましまして けっかふざし たまうを み たてまつる だいおんじょうを もって あまねく ししゅに つげ たまわく たれか よく この しゃばこくどに おいて ひろく みょうほけきょうを とかん いま まさしく これ とき なり にょらい ひさしからずして まさに ねはんに いるべし ほとけ この みょうほけきょうを もって ふぞくして あること あらしめんと ほっす」とう うんぬん だい1の ちょくせん なり また いわく「その ときに せそん かさねて このぎを のべんと ほっして げを といて のたまわく しょうしゅせそん ひさしく めつどしたまうと いえども ほうとうの なかに ましまして なお ほうの ために きたり たまえり しょにん いかんぞ つとめて ほうに むかわざらん また わが ぶんしんの むりょうの しょぶつ ごうしゃ とうの ごとく きたれる ほうを きかんと ほっす おのおの みょうなる ど および でししゅ てんにん りゅうじん もろもろの くようの じを すてて ほうをして ひさしく じゅうせしめんが ゆえに ここに らいしし たまえり たとえば だいふうの しょうじゅの えだを ふくが ごとし この ほうべんを もって ほうをして ひさしく じゅうせしむ もろもろの たいしゅに つぐ わが めつどの のち たれか よく このきょうを ごじし どくじゅせん いま ぶつぜんに おいて みずから せいごんを とけ だい2の ほうしょう なり 「たほうにょらい および わがみ あつむるところの けぶつ まさに このこころを しるべし もろもろの ぜんなんし おのおの あきらかに しいせよ これは これ かたき ことなり よろしく だいがんを おこすべし しょよの きょうてん かず ごうしゃの ごとし これらを とくと いえども いまだ これ かたしと するに たらず もし しゅみを とって たほう むすうの ぶつどに なげ おかんも また いまだ これ かたしと せず もし ほとけ めつご あくせの なかに おいて よく この きょうを とかん これ すなわち これ かたし たとい こうしょうに かれたる くさを にない おうて なかに いって やけ ざらんも また いまだ これ かたしと せず わが めつどの のちに もし この きょうを もちて 1にんの ためにも とかん これ すなわち これ かたし もろもろの ぜんなんし わが めつごに おいて たれか よく この きょうを ごじし どくじゅせん いま ぶつぜんに おいて みずから せいごんを とけ」とう うんぬん だい3の かんちょく なり だい4 だい5の にかの かんぎょう だいばほんに あり しもに かくべし この きょうもんの こころは がんぜん なり せいてんに だいにちりんの かかれるが ごとし はくめんに ほくろの あるに にたり しかれども いきめくらの ものと じゃがんの ものと 1がんの ものと かくいじしの もの へんしゅうかの ものは みがたし ばんなんを すてて どうしん あらん ものに しるし とどめて みせん せいおうぼが そのの もも りんおう しゅっせの うどんげよりも あいがたく はいこうが こううと 8ねん かんどを あらそいし よりともと むねもりが 7ねん あきつしまに たたかいし しゅらと たいしゃくと こんじちょうと りゅうおうと あのくちに あらそえるも これには すぐべからずと しるべし にほんこくに このほう あらわるること 2どなり でんぎょうだいしと にちれんとなりと しれ むげんの ものは うたがうべし ちから およぶべからず この きょうもんは にほん かんど がっし りゅうぐう てんじょう じっぽうせかいの いっさいきょうの しょうれつを しゃか たほう じっぽうの ほとけ らいしゅうして さだめ たまうなるべし とうて いわく けごんきょう ほうとうきょう はんにゃきょう じんみつきょう りょうがきょう だいにちきょう ねはんぎょうとうは 9いの うちか 6なんの うちか こたえて いわく けごんしゅうの とじゅん ちごん ほうぞう ちょうかんらの さんぞう だいし よんで いわく 「けごんきょうと ほけきょうと 6なんの うち なは 2きょう なれども しょせつ ないし り これ おなじ しもんかんべつ けんしんたいどうの ごとし」 ほっそうの げんじょうさんぞう じおんだいしら よんで いわく 「じんみつきょうと ほけきょうとは おなじく ゆいしきの ほうもんにして だい3じの きょう 6なんの うちなり」 3ろんの きちぞうら よんで いわく 「はんにゃきょうと ほけきょうとは みょういたいどう 2きょう1ぽうなり」 ぜんむいさんぞう こんごうちさんぞう ふくうさんぞうら よんで いわく 「だいにちきょうと ほけきょうとは り おなじ おなじく 6なんの うちの きょう なり」 にほんの こうぼう よんで いわく 「だいにちきょうは 6なん くいの うちに あらず だいにちきょうは しゃか しょせつの いっさいきょうの ほか ほっしん だいにちにょらいの しょせつ なり」 また ある ひと いわく 「けごんきょうは ほうしんにょらいの しょせつ 6なん 9いの うちには あらず この 4しゅうの がんそら かように よみければ その ながれを くむ すうせんの がくとらも また この けんを いでず にちれん なげいて いわく かみの しょにんの ぎを そうなく ひなりと いわば とうせいの しょにん おもてを むくべからず ひに ひを かさね けっくは こくおうに ざんそうして いのちに およぶべし ただし われらが じふ そうりん さいごの ごゆいごんに いわく 「ほうに よって ひとに よらざれ」とう うんぬん ふえにんとうとは しょえ 2え 3え だい4え ふげん もんじゅらの とうかくの ぼさつが ほうもんを とき たまうとも きょうを てに にぎらざらんをば もちゆべからず 「りょうぎきょうに よって ふりょうぎきょうに よらざれ」と さだめて きょうの なかにも りょうぎ ふりょうぎきょうを きゅうめいして しんじゅすべきこそ そうらいぬれ りゅうじゅぼさつの じゅうじゅうびばしゃろんに いわく 「しゅたらこくろんに よらずして しゅたらびゃくろんに よれ」とう うんぬん てんだいだいし いわく 「しゅたらと あうものは ろくして これを もちいよ もん なく ぎ なきは しんじゅ すべからず」とう うんぬん でんぎょうだいし いわく 「ぶっせつに えひょうして くでんを しんずること なかれ」とう うんぬん えんちんちしょうだいし いわく「もんに よって つたうべし」とう うんぬん かみに あぐるところの しょしの しゃく みな いちぶん きょうろんに よって しょうれつを わきまうよう なれども みな じしゅうを かたく しんじゅし せんしの びゅうぎを たださざる ゆえに こくえしじょうの しょうれつなり しょうごんこぎの ほうもん なり ほとけ めつごの とくし ほうこう ごかん いごの げてんは ぶっぽう ほかの げどうの けんよりも 3こう 5ていの じゅしょよりも じゃけん ごうじょうなり じゃほう たくみ なり けごん ほっそう しんごんとうの にんし てんだいしゅうの せいぎを ねたむ ゆえに じっきょうの もんを えして ごんぎに じゅんぜしむること ごうじょう なり しかれども どうしん あらん ひと へんとうを すて じたしゅうを あらそわず ひとを あなづること なかれ ほけきょうに いわく「いこんとう」とう うんぬん みょうらく いわく 「たとい きょう あって しょきょうの おうと いうとも いこんとうせつさいいだい1と いわず」とう うんぬん また いわく「いこんとうの みょう ここに おいて かたく まよう ほうぼうの ざいく ちょうごうに ながる」とう うんぬん この きょうしゃくに おどろいて いっさいきょう ならびに にんしの しょしゃくを みるに こぎの こおり とけぬ いま しんごんの ぐしゃら いん しんごんの あるを たのみて しんごんしゅうは ほけきょうに すぐれたりと おもい じかくだいしらの しんごん すぐれたりと おおせられぬれば なんど おもえるは いうに かいなき こと なり みつごんきょうに いわく 「じゅうじ けごんとうと たいじゅと じんつう しょうまん および よきょうと みな このきょうより いでたり かくの ごときの みつごんきょうは いっさいきょうの なかに すぐれたり」とう うんぬん だいうんきょうに いわく 「このきょうは すなわち これ しょきょうの てんりんじょうおう なり なにを もっての ゆえに このきょうてんの なかに しゅじょうの じっしょう ぶっしょう じょうじゅうの ほうぞうを せんぜつする ゆえ なり」とう うんぬん ろくはらみつきょうに いわく 「いわゆる かこ むりょうの しょぶつ しょせつの しょうほう および われ いま とくところの いわゆる 8まん4せんの もろもろの みょうほう おん なり せっして 5ぶと なす 1には そたらん 2には びなや 3には あびだるま 4には はんにゃはらみつ 5には だらにもんと なり この 5しゅの くらを もって うじょうを きょうけす もし かの うじょう けいきょう じょうぶく たいほう はんにゃを じゅじする こと あたわず あるいは また うじょう もろもろの あくごう 4じゅう 8じゅう 5むけんざい ほうとうきょうを ぼうずる いっせんだいらの しゅじゅの じゅうざいを つくるに しょうめつして そくしつに げだつし とみに ねはんを さとることを えせしむ しかも かれが ために もろもろの だらにぞうを とく この 5の ほうぞう たとえば にゅう らく しょうそ じゅくそ および みょうなる だいごの ごとし そうじもんとは たとえば だいごの ごとし だいごの あじは にゅう らく その なかに みみょう だい1にして よく もろもろの やまいを のぞき もろもろの うじょうをして しんしん あんらく ならしむ そうじもんとは けいきょう とうの なかに もっとも だい1と なす よく じゅうざいを のぞく」とう うんぬん げじんみつきょうに いわく 「その ときに しょうぎしょうぼさつ また ほとけに もうして いわく せそん はじめ 1じに おいて はらなっし せんにんだしょせろくりんの なかに ありて ただ しょうもんじょうを ほっしゅする ものの ために 4たいの そうを もって しょうほうりんを てんじ たまいき これ はなはだ きにして はなはだ これけう なり いっさいせけんの もろもろの てんにんら さきより よく ほうの ごとく てんずる もの あること なしと いえども しかれども かの ときに おいて てんじ たまう ところの ほうりんは うじょうなり うよう なり これ みりょうぎなり これ もろもろの じょうろん あんそくの ところ なり しょうそん むかし だい2じの なかに ただ ほっしゅして だいじょうを しゅうする ものの ためにして いっさいの ほうは かいむじしょう なり むしょうむめつ なり ほんらいじょうじゃく なり じしょうねはん なるに よる おんみつの そうをもって しょうほうりんを てんじ たまいき さらに はなはだ きにして はなはだ これ けうなりと いえども かの ときに おいて てんじ たまう ところの ほうりん また これ うじょう なり ようじゅする ところ あり なお いまだ りょうぎ ならず これ もろもろの じょうろん あんそくの ところ なり せそん いま だい3じの なかに おいて あまねく いっさいじょうを ほっしゅする ものの ために いっさいの ほうは みな むじしょう むしょうむめつ ほんらいじゃくじょう じしょうねはんにして むじしょうの しょうなるに より けんりょうの そうを もって しょうほうりんを てんじ たまう だい1 はなはだ きにして もっとも これ けう なり いまに せそん てんじ たまう ところの ほうりん むじょうむようにして これ しんの りょうぎなり もろもろの じょうろん あんそくの ところに あらず」とう うんぬん だいはんにゃきょうに いわく「ちょうもんするところの せ しゅっせの ほうに したがって みな よく ほうべんして はんにゃ じんじんの りしゅに えにゅうし もろもろの ぞうさする ところの せけんの じごうも また はんにゃを もって ほっしょうに えにゅうし いちじとして ほっしょうを いずる ものを みず」とう うんぬん だいにちきょう だい1に いわく 「ひみつしゅ だいじょうぎょうあり むえんじょうの こころを おこす ほうに がしょう なし なにを もっての ゆえに かの むかし かくの ごとく しゅぎょうせし ものの ごとく うんの あらやを かんさつして じしょうげんの ごとしと しる」とう うんぬん また いわく「ひみつしゅ かれ かくの ごとく むがを すて しんしゅ じざいにして じしんの ほんぷしょうを かくす」とう うんぬん また いわく「いわゆる くうしょうは こんきょうを はなれ むそうにして きょうがい なく もろもろの けろんに こえて こくうに とうどう なり ないし ごくむじしょう」とう うんぬん また いわく「だいにちそん ひみつしゅに つげて いわく ひみつしゅ いかなるか ぼだい いわく じつの ごとく じしんを しる」とう うんぬん けごんきょうに いわく「いっさい せけんの もろもろの ぐんしょう しょうもんじょうを もとめんと ほっすること あること すくなし えんかくを もとむる もの うたた また すくなし だいじょうを もとむるもの はなはだ けう なり だいじょうを もとむる もの なお これ やすく よく この ほうを しんずる これ はなはだ かたし いわんや よく じゅじし しょうおくねんし せつの ごとく しゅぎょうし しんじつに げせんをや もし 3ぜんだいせんかいを もって ちょうだいする こと 1こう みどう ぜざらんも かの しょさ いまだ これ かたからず このほうを しんずるは これ はなはだ かたし だいせんじんずの しゅじょうの たぐいに 1こう もろもろの がくぐを くよう するも かの くどく いまだ これ すぐれず このほうを しんずるは これ しゅしょう なり もし たなごころを もって じゅうぶつせつを じし こくうに なかに おいて じゅうする こと 1こう なるも かの しょさ いまだ これ かたからず この ほうを しんずるは これ はなはだ かたし じゅうぶつせつじんの しゅじょうの たぐいに 1こう もろもろの がくぐを くよう せんも かの くどく いまだ すぐれりと なさず この ほうを しんずるは これ しゅしょう なり じゅうぶつせつじんの もろもろの にょらいを 1こう くぎょうして くようせん もし よく このほんを じゅじせんものの くどく かれよりも さいしょうと なす」とう うんぬん ねはんぎょうに いわく 「このもろもろの だいじょうほうとうきょうてん また むりょうの くどくを じょうじゅすと いえども この きょうに ひせんと ほっするに たとえを なすを えざること 100ばい 1000ばい ひゃくせんまんばい ないし さんじゅ ひゆも およぶこと あたわざる ところ なり ぜんなんし たとえば うしより ちちを いだし ちちより らくを いだし らくより しょうそを いだし しょうそより じゅくそを いだし じゅくそより だいごを いだす だいごは さいじょう なり もし ふくすること ある ものは しゅびょう みな のぞき しょうの しょやくも ことごとく そのなかに いるが ごとし ぜんなんし ほとけも また かくの ごとし ほとけより 12ぶきょうを いだし 12ぶきょうより しゅたらを いだし しゅたらより ほうとうきょうを いだし ほうとうきょうより はんにゃはらみつを いだし はんにゃはらみつより だいねはんを いだす なお だいごの ごとし だいごと いうは ぶっしょうに たとう」とう うんぬん これらの きょうもんを ほけきょうの いこんとう ろくなん くいに そうたい すれば つきに ほしを ならべ くせんに しゅみを あわせたるに にたり しかれども けごんしゅうの ちょうかん ほっそう さんろん しんごん とうの じおん かじょう こうぼうらの ぶつげんの ごとくなる ひと なお この もんに まどえり いかに いわんや もうげんの ごとくなる とうせいの がくしゃら しょうれつを わきまうべしや こくびゃくの ごとく あきらかに しゅみ けしの ごとくなる しょうれつ なお まどえり いわんや こくうの ごとくなる りに まよわざるべしや きょうの せんじんを しらざれば りの せんじんを わきまうもの なし まきを へだて もん ぜんご すれば きょうもんの いろ わきまえがたければ もんを いだして ぐしゃを たすけんと おもう おうに しょうおう だいおう いっさいに しょうぶん ぜんぶん ごにゅうに ぜんゆ ぶんゆを わきまうべし ろくはらみつきょうは うじょうの じょうぶつ あって むしょうの じょうぶつ なし いかに いわんや くおんじつじょうを あかさず なお ねはんぎょうの ごみに およばず いかに いわんや ほけきょうの しゃくもん ほんもんに たいすべしや しかるに にほんの こうぼうだいし このきょうもんに まどい たまいて ほけきょうを だい4の じゅくそみに いれ たまえり だい5の そうじもんの だいごみ すら ねはんぎょうに およばず いかにし たまいけるやらん しかるを しんたんの にんし あらそって だいごを ぬすむと てんだいらを ぬすびとと かき たまえり おしいかな こけん だいごを なめずとうと じたん せられたり これらは さておく わがいちもんの もののために しるす たにんは しんじざれば ぎゃくえん なるべし 1たいを なめて たいかいの しおを しり 1けを みて はるを すいせよ ばんりを わたって そうに いらずとも 3かねんを へて りょうぜんに いたらずとも りゅうじゅの ごとく りゅうぐうに いらずとも むじゃくぼさつの ごとく みろくぼさつに あわずとも にしょ さんねに あわずとも いちだいの しょうれつは これを しれる なるべし じゃは なのかが うちの こうずいを しる りゅうの けんぞくなる ゆえ からすは ねんちゅうの きっきょうを しれり かこに おんようし なりし ゆえ とりは とぶ とく ひとに すぐれたり にちれんは しょきょうの しょうれつを しること けごんの ちょうかん さんろんの かじょう ほっそうの じおん しんごんの こうぼうに すぐれたり てんだい でんぎょうの あとを しのぶゆえ なり かの ひとびとは てんだい でんぎょうに きせさせ たまわずば ほうぼうの とが のがれさせ たまうべしや とうせい にほんこくに だい1に とめる ものは にちれん なるべし いのちは ほけきょうに たてまつり なおば こうだいに とどむべし たいかいの しゅと なれば もろもろの かじん みな したがう しゅみせんの おうに もろもろの さんじん したがわざるべしや ほけきょうの ろくなんくいを わきまうれば いっさいきょう よまざるに したがうべし ほうとうほんの 3かの ちょくせんの うえに だいばほんに 2かの かんぎょう あり だいばだったは いっせんだいなり てんのうにょらいと きせらる ねはんぎょう 40かんの げんしょうは この ほんに あり ぜんしょう あじゃせらの むりょうの 5ぎゃく ほうぼうの ものの 1を あげ こうべを あげ まんを おさめ えだを したがう いっさいの 5ぎゃく 7ぎゃく ほうぼう せんだい てんのうにょらいに あらわれ おわんぬ どくやく へんじて かんろと なる しゅみに すぐれたり りゅうにょが じょうぶつ これ 1にんには あらず いっさいの にょにんの じょうぶつを あらわす ほっけ いぜんの もろもろの しょうじょうきょうには にょにんの じょうぶつを ゆるさず もろもろの だいじょうきょうには じょうぶつ おうじょうを ゆるすようなれども あるいは かいてんの じょうぶつにして いちねんさんぜんの じょうぶつに あらざれば うみょうむじつの じょうぶつ おうじょう なり こいちれいしょと もうして りゅうにょが じょうぶつは まつだいの にょにんの じょうぶつ おうじょうの みちを ふみあけたる なるべし じゅけの こうようは こんじょうに かぎる みらいの ふぼを たすけざれば げけの せいけんは うみょうむじつ なり げどうは かみを しれども ふぼを たすくる みち なし ぶつどうこそ ふぼの ごせを たすくれば せいけんの なは あるべけれ しかれども ほけきょう いぜんとうの だいしょうじょうの きょうしゅうは じしんの とくどう なお かないがたし いかに いわんや ふぼをや ただ もん のみあって ぎ なし いま ほけきょうの ときこそ にょにんじょうぶつの とき ひぼの じょうぶつも あらわれ だったの あくにんじょうぶつの とき じふの じょうぶつも あらわるれ このきょうは ないてんの こうきょう なり 2かの いさめ おわんぬ いじょう 5かの ほうしょうに おどろきて かんじぼんの ぐきょう あり みょうきょうの きょうもんを いだして とうせいの ぜん りつ ねんぶつしゃ ならびに しょだんなの ほうぼうを しらしめん にちれんと いいし ものは こぞ 9がつ 12にち ねうしの ときに くび はねられぬ これは こんぱく さどの くにに いたりて かえるとしの 2がつ せっちゅうに しるして うえんの でしへ おくれば おそろしくて おそろしからず みんひと いかに おじぬらん これは しゃか たほう じっぽうの しょぶつの みらい にほんこく とうせいを うつし たまう みょうきょう なり かたみとも みるべし かんじほんに いわく 「ただ ねがわくは うらおもい したもうべからず ほとけ めつどの のち くふ あくせの なかに おいて われら まさに ひろく とくべし もろもろの むちの ひとの あっく めりとうし および とうじょうを くわうるもの あらん われら みな まさに しのぶべし あくせの なかの びくは じゃちにして こころ てんごくに いまだ えざるを これ えたりと おもい がまんの こころ じゅうまんせん あるいは あれんにゃに のうえにして くうげんに あって みずから しんの どうを ぎょうずと おもって にんげんを きょうせんする もの あらん りように とんじゃくするが ゆえに びゃくえの ために ほうを といて よに くぎょう せらるることを うること 6つうの らかんの ごとくならん この ひと あくしんを いだき つねに せぞくのことを おもい なを あれんにゃに かりて このんで われらが とがを いださん つねに たいしゅの なかに あって われらを そしらんと ほっするが ゆえに こくおう だいじん ばらもん こじ および よの びくしゅに むかって ひぼうして わが あくを といて これ じゃけんの ひと げどうの ろんぎを とくと いわん じょっこう あくせの なかには おおく もろもろの くふ あらん あっき そのみに いって われを めり きにくせん じょくせの あくびくは ほとけの ほうべん ずいぎの しょせつの ほうを しらず あっくし ひんしゅくし しばしば ひんずい せられん」とう うんぬん きの 8に いわく 「もんに さん はじめに 1ぎょうは つうじて じゃにんを あかす すなわち ぞくしゅ なり つぎに 1ぎょうは どうもんぞうじょうまんの ものを あかす 3に 7ぎょうは せんしょうぞうじょうまんの ものを あかす この3の なかに はじめは しのぶべし つぎの ものは さきに すぎたり だい3 もっとも はなはだし のちのちの ものは うたた しり がたきを もっての ゆえに」とう うんぬん とうしゅんに ちどほっし いわく 「はじめに うしょより しもの 5ぎょうは だい1に 1げは さんごうの あくを しのぶ これ げあくの ひと なり つぎに あくせの しもの 1げは これ じょうまん しゅっけの ひと なり だい3に わくうあれんにゃより しもの 3げは すなわち これ しゅっけの ところに いっさいの あくにんを せっす」とう うんぬん また いわく「じょうざい たいしゅより しもの りょうぎょうは こうしょに むかって ほうを そしり ひとを ぼうず」とう うんぬん ねはんぎょうの 9に いわく 「ぜんなんし いっせんだい あり らかんの かたちを なして くうしょに じゅうし ほうとうだいじょうきょうてんを ひぼうせん もろもろの ぼんぷ にん みおわって みな しんの あらかん これ だいぼさつ なりと おもわん」とう うんぬん また いわく「そのときに このきょう えんぶだいに おいて まさに ひろく るふすべし そのときに まさに もろもろの あくびく あって この きょうを しょうりゃくし わかちて たぶんと なし よく しょうほうの しきこうみみを めっすべし この もろもろの あくにん また かくの ごとき きょうてんを どくじゅすと いえども にょらいの じんみつの ようぎを めつじょして せけんの しょうごんの もんしきむぎの ことばを あんちす さきを しょうして あとに つけ あとを しょうして さきに つけ ぜんごを なかにつけ なかを ぜんごに つく まさに しるべし かくの ごときの もろもろの あくびくは これ まの はんりょ なり」とう うんぬん 6かんの はつないおんきょうに いわく 「あらかんに にたる いっせんだい あって あくごうを ぎょうず いっせんだいに にたる あらかんあって じしんを なさん らかんに にたる いっせんだい ありとは この もろもろの しゅじょう ほうとうを ひぼう するなり いっせんだいに にたる あらかんとは しょうもんを きしし ひろく ほうとうを とく なり しゅじょうに かたって いわく われ なんだちと ともに これ ぼさつ なり ゆえんは いかん いっさい みな にょらいの しょう あるゆえに しかも かの しゅじょう いっせんだい なりと いわん」とう うんぬん ねはんぎょうに いわく 「わが ねはんの のち ないし しょうほう めっして のち ぞうほうの なかに おいて まさに びく あるべし じりつに じぞうして わずかに きょうを どくじゅし おんじきを とんしし その みを ちょうよう す けさを きると いえども なお りょうしの さいし じょこう するが ごとく ねこの ねずみを うかがうが ごとし つねに この ことばを となえん われ らかんを えたりと そとには けんぜんを あらわし うちには とんしつを いだかん あほうを うけたる ばらもんらの ごとし じつに しゃもんに あらずして しゃもんの かたちを げんじ じゃけん しじょうにして しょうほうを ひぼうせん」とう うんぬん それ じゅほう そうりんの にちがつ ひだん とうしゅんの みょうきょうに とうせいの しょしゅう ならびに こくちゅうの ぜん りつ ねんぶつしゃが しゅうめんを うかべたるに いちぶんも くもり なし みょうほけきょうに いわく「おぶつめつどご くふ あくせちゅう」 あんらくぎょうほんに いわく「おごあくせ」 また いわく「おまつせちゅう」 また いわく「おごまつせほうよくめつじ」 ふんべつくどくほんに いわく「あくせまっぽうじ」 やくおうほんに いわく「ご500さい」とう うんぬん しょうほけきょうの かんせつぼんに いわく「ねんごまっせ」 また いわく「ねんごらいまっせ」とう うんぬん てんぽんほけきょうに いわく とう てんだいの いわく「ぞうほうの なかの なんさんほくしちは ほけきょうの おんてき なり」 でんぎょうの いわく「ぞうほうの すえ なんと 6しゅうの がくしゃは ほっけの おんてき なり」とう うんぬん かれらの ときは いまだ ふんみょうならず これは きょうしゅしゃくそん たほうぶつ ほうとうの なかに にちがつの ならぶが ごとく じっぽう ぶんしんの しょぶつ じゅげに ほしを つらねたりし なかにして しょうほう 1せんねん ぞうほう 1せんねん 2せんねんすぎて まっぽうの はじめに ほけきょうの おんてき 3るい あるべしと 80まんおくなゆたの しょぼさつの さだめ たまいし こもうと なるべしや とうせいは にょらいめつご 2200よねん なり だいちは ささば はづるとも はるは はな さかずとも 3るいの てきじん かならず にほんこくに あるべし さるにては たれたれの ひとびとか 3るいの うち なるらん また たれびとか ほけきょうの ぎょうじゃなりと さされたるらん おぼつかなし かの 3るいの おんてきに われら いりてや あるらん また ほけきょうの ぎょうじゃの うちにてや あるらん おぼつかなし しゅうの だい4 しょうおうの ぎょう 24ねん きのえとら 4がつ 8かの やちゅうに てんに 5しきの こうき なんぼくに わたりて ひるの ごとし だいち 6しゅに しんどうし あめふらずして こうが せいちの みず まさり いっさいの そうもくに はなさき このみ なり たりけり ふしぎなりし こと なり しょうおう おおいに おどろき たいし そゆう うらなって いわく「さいほうに しょうにん うまれたり」 しょうおう とうて いわく「この くに いかん」 こたえて いわく「こと なし 1000ねんの のちに かの しょうごん この くにに わたって しゅじょうを りすべし」 かの わずかの げてんの いちごうみだん けんじの もの しかれども 1000ねんの ことを しる はたして ぶっきょう 1せん15ねんと もうせし ごかんの だい2 めいていの えいへい10ねん ひのとうの とし ぶっぽう かんどに わたる これは にるべくもなき しゃか たほう じっぽうぶんしんの ほとけの みまえの しょぼさつの みらいき なり とうせい にほんこくに 3るいの ほけきょうの てきじん なかるべしや されば ほとけ ふほうぞうきょうとうに きして いわく 「わが めつごに しょうほう 1せんねんがあいだ わが しょうほうを ひろむべきひと 24にん しだいに そうぞく すべし」 かしょう あなんらは さておきぬ 1ひゃくねんの きょうびく 600ねんの めみょう 700ねんの りゅうじゅぼさつら いちぶんも たがわず すでに いで たまいぬ この こと いかんが むなしかるべき この こと そういせば いっきょう みな そうい すべし いわゆる しゃりほつが みらいの けこうにょらい かしょうの みょうこうにょらいも みな もうごと なるべし にぜん かえって いちじょうと なって ようふじょうぶつの しょしょうもん なり いぬ やかんをば くようすとも あなんらをば くようすべからずとなん いかんがせん いかんがせん だい1の もろもろの むちのひと あらんと いうは きょうもんの だい2の あくせの なかの びくと だい3の のうえの びくの だいだんなと みえたり したがって みょうらくだいしは「ぞくしゅ」とう うんぬん とうしゅんに いわく「こうしょに むかう」とう うんぬん だい2の ほけきょうの おんてきは きょうに いわく 「あくせちゅうの びくは じゃちにして こころ てんごくに いまだ えざるを これ えたりと おもい がまんの こころ じゅうまんせん」とう うんぬん ねはんぎょうに いわく 「このときに まさに もろもろの あくびく あるべし ないし このもろもろの あくにん また かくの ごとき きょうてんを どくじゅすと いえども にょらいじんみつの ようぎを めつじょせん」とう うんぬん しかんに いわく 「もし しん なきは たかく しょうきょうに おして おのが ちぶんに あらずと す もし ち なきは ぞうじょうまんを おこし おのれ ほとけに ひとしと おもう」とう うんぬん どうしゃくぜんじが いわく「2に りじんげみ なるに よる」とう うんぬん ほうねん いわく「しょぎょうは きに あらず ときを うしなう」とう うんぬん きの 10に いわく 「おそらくは ひと あやまり げせんもの しょしんの くどくの だいなる ことを しらずして こうを じょういに ゆずり この しょしんを ないがしろに せん ゆえに いま かれの ぎょう あさく こう ふかきことを しめして もって きょうりきを あらわす」とう うんぬん でんぎょうだいし いわく 「しょうぞう やや すぎ おわって まっぽう はなはだ ちかきに あり ほっけ いちじょうの き いま まさしく これ そのとき なり なにを もって しる ことを うる あんらくぎょうほんに いわく まっせほうめつの とき なり」とう うんぬん えしんの いわく「にほん いっしゅう えんき じゅんいち なり」とう うんぬん どうしゃくと でんぎょうと ほうねんと えしんと いずれ これを しんずべしや かれは いっさいきょうに しょうもんなし これは ただしく ほけきょうに よれり その うえ にほんこく いちどうに えんざんの だいしは じゅかいの し なり なんぞ てんまの つける ほうねんに こころを よせ わが ていずの しを なげ すつるや ほうねん ちしゃ ならば なんぞ この しゃくを せんちゃくに のせて わえ せざる ひとの りを かくせる ものなり だい2の あくせちゅうびくと ゆびささるるは ほうねんらの むかい じゃけんの ものなり ねはんぎょうに いわく「われら ことごとく じゃけんの ひとと なずく」とう うんぬん みょうらく いわく「みずから 3きょうを さして みな じゃけんと なずく」とう うんぬん しかんに いわく「だいきょうに いわく これよりの まえは われら みな じゃけんの ひとと なずくるなり じゃ あに あくに あらずや」とう うんぬん ぐけつに いわく 「じゃは すなわち これ あくなり この ゆえに まさに しるべし ただ えんを ぜんと なす また 2い あり 1には じゅんを もって ぜんとなし はいを もって あくと なす そうたいの いなり じゃくを もって あくと なし たつを もって ぜんと なす そうたい ぜったい ともに すべからく あくを はなるべし えんに じゃくする なお あくなり いわんや また よをや」とう うんぬん げどうの ぜんあくは しょうじょうきょうに たいすれば みな あくどう しょうじょうの ぜんどう ないし しみさんきょうは ほけきょうに たいすれば みな じゃあく ただ ほっけのみ しょうぜん なり にぜんの えんは そうたいみょう なり ぜったいみょうに たいすれば なお あく なり ぜんさんきょうに せっすれば なお あくどう なり にぜんの ごとく かの きょうの ごくりを ぎょうずる なお あくどう なり いわんや かんぎょうとうの なお けごん はんにゃきょうとうに およばざる しょうほうを ほんとして ほけきょうを かんぎょうに とりいれて かえって ねんぶつに たいして かくほうへいしゃせるは ほうねん ならびに しょけの でしら だんならは ひぼう しょうほうの ものに あらずや しゃか たほう じっぽうの しょぶつは ほうをして ひさしく じゅうせしめんが ゆえに ここに らいしし たまえり ほうねん ならびに にほんこくの ねんぶつしゃらは ほけきょうは まっぽうに ねんぶつより さきに めつじん すべしと あに 3しょうの おんてきに あらずや だい3は ほけきょうに いわく 「あるいは あれんにゃに あり のうえにして くうげんに あって ないし びゃくえの ために ほうを といて よに くぎょう せらるることを うること 6つうの らかんの ごとく ならん」とう うんぬん 6かんの はつないおんきょうに いわく 「らかんに にたる いっせんだい あって あくごうを ぎょうじ いっせんだいに にたる あらかん あって じしんを なさん らかんに にたる いっせんだい ありとは これ もろもろの しゅじょうの ほうとうを ひぼう するなり いっせんだいに にたる あらかんとは しょうもんを きしして ひろく ほうとうを とき しゅじょうに かたって いわく われ なんだちと ともに これ ぼさつ なり ゆえんは いかん いっさい みな にょらいの しょう あるが ゆえに しかも かの しゅじょうは いっせんだいと いわん」とう うんぬん ねはんぎょうに いわく 「われ ねはんの のち ぞうほうの なかに まさに びく あるべし じりつに じぞうして わずかに きょうてんを どくじゅし おんじきを とんしして その みを ちょうよう せん けさを きると いえども なお りょうしの さいし じょこうするが ごとく ねこの ねずみを うかがうが ごとし つねに この ことばを となえん われ らかんを えたりと そとには けんぜんを あらわし うちには とんしつを いだく あほうを うけたる ばらもんらの ごとく じつには しゃもんに あらずして しゃもんの かたちを げんじ じゃけん しじょうにして しょうほうを ひぼうせん」とう うんぬん みょうらく いわく「だい3 もっとも はなはだし のちのちの もの うたた しりがたきを もっての ゆえに」とう うんぬん とうしゅん いわく「だい3に わくうあれんにゃより しもの 3げは すなわち これ しゅっけの ところに いっさいの あくにんを せっす」とう うんぬん とうしゅんに「すなわち これ しゅっけの ところに いっさいの あくにんを せっす」とうとは とうせい にほんこくには いずれの ところぞや えいざんか おんじょうか とうじか なんとか けんにんじか じゅふくじか けんちょうじか よくよく たずぬべし えんりゃくじの しゅっけの こうべに かっちゅうを よろうを さすべきか おんじょうじの 5ぶ ほっしんの はだえに がいじょうを たいせるか かれらは きょうもんに のうえざいくうかんと さすには にず いせしょくぎょう にょ6つうらかんと ひと おもわず また てんなんしきこと いうべしや からくには しょういちら かまくらには りょうかんらに にたり ひとを あだむこと なかれ まなこ あらば きょうもんに わがみを あわせよ しかんの だい1に いわく「しかんの みょうじょうなることは ぜんだい いまだ きかず」とう うんぬん ぐの 1に いわく「かんの めいてい よる ゆめみしより ちんちょうに およぶまで ぜんもんに あずかり まじわりて えはつでんじゅする もの」とう うんぬん ほちゅうに いわく「えはつでんじゅとは だるまを さす」とう うんぬん しの 5に いわく「また 1しゅの ぜんにん ないし もうはの しと ふたり ともに だらくす」とう うんぬん しの 7に いわく「9の い せけんの もじの ほっしと とも ならず じそうの ぜんじと とも ならず 1しゅの ぜんじは ただ かんじんの 1いのみ あり あるいは あさく あるいは いつわる よの 9は まったく これなし きょげんに あらず こうけん まなこ あらん ものは まさに しょうち すべき なり ぐの 7に いわく 「もじほっしとは うちに かんげなくして ただ ほっそうを かまう じそうの ぜんじとは きょうちを ならわず びかくに こころを とどむ ないし こんぽんうろじょう とうなり 1しゆいうかんじん1いとうとは これは しばらく あたえて ろんを なす うばえば すなわち かんげ ともに かく せけんの ぜんにん ひとえに りかんを とうとぶ すでに おしえを そらんぜず かんを もって きょうを けし はちじゃはちふうを かぞえて じょうろくの ほとけと なし ごおんさんどくを がっして なずけて 8じゃと なし ろくにゅうを もちいて 6つうと なし 4だいを もって 4たいと なす かくの ごとく きょうを げするは ぎの なかの ぎ なり なんぞ あさくして ろんずべけんや」とう うんぬん しかんの 7に いわく むかし ぎょうらくの ぜんじ なかかいに しき じゅうするときは しほう くもの ごとくに あおぎ さるときは せんひゃく むれを なし いんいんごうごう また なにの りえきか ある りんじゅうに みな くゆ」とう うんぬん ぐの 7に いわく 「ぎょうらくの ぜんじとは ぎょうは そうしゅうに あり すなわち せいぎの みやこする ところ なり おおいに ぶっぽうを おこす ぜんその はじめ その ちを おうけす じじんの いを まもりて その なを いださず らくは すなわち らくよう なり」とう うんぬん 6かんの はつないおんきょうに いわく 「くきょうの ところを みずとは かの いっせんだいの やからの くきょうの あくごうを みざるなり」とう うんぬん みょうらく いわく「だい3 もっとも はなはだし うたた しりがたきが ゆえに」とう むげんの もの いちげんの もの じゃけんの ものは まっぽうの はじめの 3るいを みるべからず いちぶんの ぶつげんを うるもの これを しるべし こうこくおうだいじんばらもんこじとう うんぬん とうしゅんに いわく「こうしょに むかい ほうを そしり ひとを ぼうず」とう うんぬん それ むかし ぞうほうの すえには ごみょう しゅうえんら そうじょうを ささげて でんぎょうだいしを ざんそうす いま まっぽうの はじめには りょうかん ねんあら ぎしょを ちゅうして しょうぐんけに ささぐ あに さんるいの おんてきに あらずや とうせいの ねんぶつしゃら てんだいほっけしゅうの だんなの こくおう だいじん ばらもん こじらに むかって いわく 「ほけきょうは りじん われらは げみ ほうは いたって ふかく きは いたって あさし」とうと もうし うとむるは こうずいしょうきょう ひこちぶんの ものに あらずや ぜんしゅうの いわく 「ほけきょうは つきを さす ゆび ぜんしゅうは つきなり つきを えて ゆび なにかせん ぜんは ほとけの こころ ほけきょうは ほとけの ことば なり ほとけ ほけきょうとうの いっさいきょうを とかせ たまいて のち さいごに ひとふさの はなを もって かしょう 1にんに さづく その しるしに ほとけの みけさを かしょうに ふぞくし ないし ふほうぞうの 28 6そ までに つたう」とう うんぬん これらの だいもうご こくちゅうを おうすい せしめて とし ひさし また てんだい しんごんの こうそうら なは その いえに えたれども わが しゅうに くらし とんよくは ふかく くげ ぶけを おそれて この ぎを しょうふくし さんたんす むかしの たほう ぶんしんの しょぶつは ほけきょうの りょうぼうくじゅうを しょうめいす いま てんだいしゅうの せきとくは りじんげみを しょうふくせり かるがゆえに にほんこくに ただ ほけきょうの なのみ あって とくどうの ひと 1にんも なし たれをか ほけきょうの ぎょうじゃと せん じとうを やいて るざい せらるる そうりょは かずを しらず くげ ぶけに へつらうて にくまるる こうそう これ おおし これらを ほけきょうの ぎょうじゃと いうべきか ぶつご むなしからざれば さんるいの おんてき すでに こくちゅうに じゅうまんせり きんげんの やぶるべきかの ゆえに ほけきょうの ぎょうじゃ なし いかがせん いかがせん そもそも たれやの ひとか しゅぞくに あっく めり せらるる たれの そうか とうじょうを くわえらるる たれの そうをか ほけきょうの ゆえに くげ ぶけに そうする たれの そうか さくさくけんひんずいと たびたび ながさるる にちれんより ほかに にほんこくに とりいださんとするに ひと なし にちれんは ほけきょうの ぎょうじゃに あらず てん これを すて たまうゆえに たれをか とうせいの ほけきょうの ぎょうじゃとして ぶつごを じつごと せん ほとけと だいばとは みと かげとの ごとし しょうじょうに はなれず しょうとくたいしと もりやとは れんげの けか どうじ なるが ごとし ほけきょうの ぎょうじゃ あらば かならず さんるいの おんてき あるべし さんるいは すでに あり ほけきょうの ぎょうじゃは たれ なるらむ もとめて しと すべし いちげんの かめの うきぎに あたうなるべし ある ひと いわく とうせいの さんるいは ほぼ あるに にたり ただし ほけきょうの ぎょうじゃ なし なんじを ほけきょうの ぎょうじゃと いわんとすれば おおいなる そうい あり このきょうに いわく 「てんの もろもろの どうじ もって きゅうじを なさん とうじょうも くわえず どくも がいすること あたわざらん また いわく「もし ひと めり すれば こうそくへいそくす」とう また いわく「げんせには あんのんにして のち ぜんしょに うまれん」とう うんぬん また「こうべ われて しちぶんと なること ありじゅの えだの ごとく ならん」 また いわく「また げんせに おいて その ふくほうを えん」とう また いわく「もし また この きょうてんを じゅじする ものを みて その かあくを いだせば もしは じつにも あれ もしは ふじつにも あれ このひと げんせに びゃくらいの やまいを えん」とう うんぬん こたえて いわく なんじが うたがい おおいに よし ついでに ふしんを はらさん ふぎょうほんに いわく「あっく めり」とう また いわく「あるいは じょうもくがしゃくを もって これを ちょうちゃくす」とう うんぬん ねはんぎょうに いわく「もしは せつ もしは がい」とう うんぬん ほけきょうに いわく「しかも この きょうは にょらいの げんざいすら なお おんしつ おおし」とう うんぬん ほとけは こゆびを だいばに やぶられ くおうの だいなんに あい たまう これは ほけきょうの ぎょうじゃに あらずや ふぎょうぼさつは いちじょうの ぎょうじゃと いわれ まじきか もくれんは ちくじょうに ころさる ほけきょう きべつの のちなり ふほうぞうの だい14の だいばぼさつ だい25の ししそんじゃの 2にんは ひとに ころされぬ これらは ほけきょうの ぎょうじゃには あらざるか じくの どうしょうは そざんに ながされぬ ほうどうは かなやきを かおに やいて こうなんに うつさる これらは いちじょうの じしゃに あらざるか げてんの ものなり しかども はくきょい きたのの てんじんは おんるせらる けんじんに あらざるか ことの こころを あんずるに ぜんしょうに ほけきょう ひぼうの つみなきもの こんじょうに ほけきょうを ぎょうず これを せけんの とがに よせ あるいは つみなきを あだすれば たちまちに げんばち あるか しゅらが たいしゃくを いる こんじちょうの あのくちに いる とう かならず かえって いちじに そんするが ごとし てんだい いわく「いま わが しっくは みな かこによる こんじょうの しゅうふくは ほう しょうらいに あり」とう うんぬん しんちかんきょうに いわく 「かこの いんを しらんと ほっせば その げんざいの かを みよ みらいの かを しらんと ほっせば その げんざいの いんを みよ」とう うんぬん ふぎょうほんに いわく「その つみ おえ おわって」とう うんぬん ふぎょうぼさつは かこに ほけきょうを ぼうじたまう つみ みに あるゆえに がしゃくを かほると みえたり また じゅんじしょうに かならず じごくに おつべきものは じゅうざいを つくるとも げんばち なし いっせんだいにん これなり ねはんぎょうに いわく 「かしょうぼさつ ほとけに もうして いわく せそん ほとけの しょせつの ごとく だいねはんの ひかり いっさいしゅじょうの もうくに いる」とう うんぬん また いわく「かしょうぼさつ ほとけに もうして いわく せそん いかんぞ いまだ ぼさつの こころを おこさざる もの ぼだいの いんを えん」とう うんぬん ほとけ この といを こたえて いわく 「ほとけ かしょうに つげたまわく もし この だいねはんぎょうを きくこと あって われ ぼだいしんを おこすことを もちいずと いって しょうほうを ひぼうせん この ひと そくじに やむの なかに らせつの かたちを みて しんちゅう ふいす らせつ かたって いわく つたなし ぜんなんし なんじ いま もし ぼだいしんを おこさずんば まさに なんじが いのちを たつべし この ひと きょうふし さめ おわって すなわち ぼだいの こころを おこす まさに この ひと これ だいぼさつ なりと しるべし」とう うんぬん いとうの だいあくにん ならざる ものが しょうほうを ひぼうすれば そくじに ゆめみて ひるがえる こころ しょうず また いわく「こもく しゃくせん」とう また いわく「しょうしゅ かんうに あうと いえども」とう また「みょうじゅおでい」とう また いわく「ひとの てに きず あるに どくやくを とるが ごとし」とう また いわく「だいう くうに じゅうせず」とう うんぬん これら おおくの たとえ あり せんずるところ じょうぼんの いっせんだいにんに なりぬれば じゅんじしょうに かならず むけんごくに おつべき ゆえに げんばち なし れいせば かの けつ いんの ちゅうの よには てんぺん なし じゅうか あって かならず よ ほろぶべき ゆえか また しゅごしん このくにを すつるゆえに げんばち なきか ほうぼうの よをば しゅごしん すてさり しょてん まもるべからず かるがゆえに しょうほうを ぎょうずるものに しるし なし かえって だいなんに あうべし こんこうみょうきょうに いわく「ぜんごうを しゅうするものは ひびに すいげんす」とう うんぬん あっこく あくじ これなり つぶさには りっしょうあんこくろんに かんがえたるが ごとし せんずるところは てんも すてたまえ しょなんにも あえ しんみょうを ごとせん しんしが 60こうの ぼさつの ぎょうを たいせし こつげんの ばらもんの せめを たえざるゆえ くおん だいつうの ものの さんごの じんを ふる あくちしきに あうゆえなり ぜんに つけ あくに つけ ほけきょうを すつるは じごくの ごう なるべし だいがんを たてん にほんこくの くらいを ゆずらん ほけきょうを すてて かんぎょうとうに ついて ごしょうを ごせよ ふぼの くびを はねん ねんぶつ もうさずば なんどの しゅじゅの だいなん しゅったいすとも ちしゃに わがぎ やぶられずば もちいじと なり その ほかの だいなん かぜの まえの ちり なるべし われ にほんの はしらと ならん われ にほんの がんもくと ならん われ にほんの たいせんと ならんとうと ちかいし ねがい やぶるべからず うたがって いわく いかにとして なんじが るざい しざいとうを かこの しゅくじゅうと しらん こたえて いわく どうきょうは しきぎょうを あらわす しんのう けんぎの かがみは げんざいの つみを あらわす ぶっぽうの かがみは かこの ごういんを げんず はつないおんきょうに いわく 「ぜんなんし かこに かつて むりょうの しょざい しゅじゅの あくごうを つくるに この もろもろの ざいほうは あるいは きょうい せられ あるいは ぎょうじょう しゅうる えぶくたらず おんじきそそ ざいを もとむるに りあらず ひんせんの いえ じゃけんの いえに うまれ あるいは おうなんに あい および よの しゅじゅの にんげんの くほう あらん げんせに かるく うくるは これ ごほうの くどくりきに よるが ゆえなり」うんぬん この きょうもん にちれんが みに あたかも ふけいの ごとし こぎの こおり とけぬ せんまんの なんも よし なし いちいちの くを わが みに あわせん わくひきょういとう うんぬん ほけきょうに いわく「きょうせんぞうしつ」とう うんぬん 20よねんが あいだの きょうまん せらる あるいは ぎょうじょうしゅうる また いわく えぶふそくは よがみなり おんじきそそは よが み なり ぐざいふりは よが みなり しょうひんせんけは よが み なり わくぞうおうなんとう この きょうもん うたがうべしや ほけきょうに いわく「しばしば ひんずいせられん」 この きょうもんに いわく「しゅじゅ」とう うんぬん しゆごほうくどくりきこ とうとは まかしかんの だい5に いわく 「さんぜん びじゃくなるは どうせしむること あたわず いま しかんを しゅうして こんびょう かけざれば しょうじの わを どうず」とう うんぬん また いわく「さんしょうしま ふんぜんとして きそい おこる」とう うんぬん われ むしより このかた あくおうと うまれて ほけきょうの ぎょうじゃの えじき でんぱたとうを うばいとり せしこと かずしらず とうせい にほんこくの しょにんの ほけきょうの やまでらを たおすが ごとし また ほけきょうの ぎょうじゃの くびを はねること その かずを しらず これらの じゅうざい はたせるも あり いまだ はたさざるも あるらん はたすも よざん いまだ つきず しょうじを はなるる ときは かならず この じゅうざいを けしはてて しゅつり すべし くどくは せんきょう なり これらの つみは じんじゅう なり ごんきょうを ぎょうぜしには この じゅうざい いまだ おこらず くろがねを やくに いとう きたわざれば きず かくれて みえず たびたび せむれば きず あらわる あさのみを しぼるに つよく せめざれば あぶら すくなきが ごとし いま にちれんの ごうじょうに こくどの ほうぼうを せむれば この だいなんの きたるは かこの じゅうざいの こんじょうの ごほうに まねき いだせる なるべし くろがねは ひに あわざれば くろし ひと あいぬれば あかし きを もって はやきながれを かけば なみ やまの ごとし ねむれるししに てを つくれば おおいに ほゆ ねはんぎょうに いわく 「たとえば ひんにょの ごとし こけ くごの もの あること なく くわうるに また びょうく けかちに せめられて ゆぎょう こつがいす たの かくしゃに とどまり いっしを きせいす この かくしゃの しゅ くちくして さらしむ その さんして いまだ ひさしからず この こを けいほうして たこくに いたらんと ほっし その ちゅうろに おいて あくふううに あいて かんく ならび いたり おおく ぶんぼう ほうしゃ どくちゅうの すいくう ところと なる ごうがに けいゆし こを いだいて わたる その みず ひょうしつ なれども しかも はなちすてず ここに おいて ぼし ついに ともに ぼっしぬ かくの ごとき にょにん じねんの くどく みょうじゅうの のち ぼんてんに しょうず もんじゅしり もし ぜんなんし あって しょうほうを まもらんと ほっせば かの にんにょの ごうがに あって こを あいねんするが ために しんみょうを すつるが ごとくせよ ぜんなんし ごほうの ぼさつも また かくのごとく なるべし むしろ しんみょうを すてよ かくの ごときの ひと げだつを もとめずと いえども げだつ みずから いたること かの ひんにょの ぼんてんを もとめざれども ぼんてん みずから いたるが ごとし」とう うんぬん この きょうもんは しょうあんだいし さんしょうを もって しゃくし たまえり それを みるべし ひんにんとは ほうざいの なきなり にょにんとは いちぶんの じ あるもの なり かくしゃとは えどなり いっしとは ほけきょうの しんじん りょういんの こ なり しゃしゅくちくとは るざい せらる その さんして いまだ ひさしからずとは いまだ しんじて ひさしからず あくふうとは るざいの ちょくせん なり ぶんぼう とうとは もろもろの むちの ひと あり あっくめりとう なり ぼし ともに ぼっすとは ついに ほけきょうの しんじんを やぶらずして くびを はねらるる なり ぼんてんとは ぶっかいに うまるるを いう なり いんごうと もうすは ぶっかいまで かわらず にほん かんどの ばんこくの しょにんを ころすとも ごぎゃく ほうぼう なければ むけんじごくには おちず よの あくどうにして たさいを ふべし しきてんに うまるること ばんかいを たもてども ばんぜんを しゅうすれども さんぜんにては うまれず また ぼんてんおうと なること うろの いんごうの うえに じひを くわえて しょうずべし いま この ひんにょが こを おもう ゆえに ぼんてんに うまる つねの しょうそうには そういせり しょうあんの 2は あれども せんずるところは こを おもう じねんより ほかのこと なし ねんを いっきょうにする じょうに にたり もっぱら こを おもう また じひにも にたり かるがゆえに たじ なけれども てんに うまるるか また ほとけになる みちは けごんの ゆいしんほうかい さんろんの はっぷ ほっそうの ゆいしき しんごんの ごりんかん とうも じつには かなうべしとも みえず ただ てんだいの いちねんさんぜんこそ ほとけに なるべき みちと みゆれ この いちねんさんぜんも われら いちぶんの えげも なし しかれども いちだいきょうぎょうの なかには この きょうばかり いちねんさんぜんの たまを いだけり よきょうの りは たまに にたる おうせき なり いさごを しぼるに あぶらなし いしづめに この なきが ごとし しょきょうは ちしゃ なお ほとけに ならず この きょうは ぐにんも ぶついんを うゆべし ふぐげだつ げだつじし とうと うんぬん われ ならびに わが でし しょなん ありとも うたがう こころなくば じねんに ぶっかいに いたるべし てんの かごなき ことを うたがわざれ げんせの あんのん ならざる ことを なげかざれ わが でしに ちょうせき おしえ しかども うたがいを おこして みな すてけん つたなき ものの ならいは やくそくせし ことを まことの ときは わするる なるべし さいしを ふびんと おもうゆえ げんしんに わかれん ことを なげくらん たしょう こうごうに したしみし さいしには こころと はなれしか ぶつどうの ために はなれしか いつも おなじ わかれ なるべし われ ほけきょうの しんじんを やぶらずして りょうぜんに まいりて かえって みちびけかし うたがって いわく ねんぶつしゃと ぜんしゅうとうを むけんと もうすは あらそう こころ あり しゅらどう にや おつべかるらむ また ほけきょうの あんらくぎょうほんに いわく 「ねがって ひと および きょうてんの とがを とかざれ また しょよの ほっしを きょうまん せざれ」とう うんぬん なんじ このきょうもんに そういする ゆえに てんに すてられたるか こたえて いわく しかんに いわく 「それ ほとけに りょうせつ あり 1には しょう 2には しゃく あんらくぎょうに ふしょうちょうたんと いう ごとき これ しょうの ぎ なり だいきょうに とうじょうを しゅうじし ないし くびを きれという これ しゃくの ぎ なり よだつ みちを ことにすと いえども ともに りやくせしむ」とう うんぬん ぐけつに いわく「それ ほとけに りょうせつ あり とうとは だいきょうに とうじょうを しゅうじすとは だい3に いわく しょうほうを まもる ものは 5かいを うけず いぎを しゅうせず ないし しものもん せんよこくおう とうの もん また しんい きんじて いわく もし さらに なすこと あれば まさに その くびを たつべし かくの ごとき とうの もん ならびに これ はほうの ひとを しゃくぶくする なり いっさいの きょうろん この 2を いでず」とう うんぬん もんぐに いわく 「とう だいきょうには こくおうに しんぷし ゆみを もち やを たいし あくにんを ざいふくせよと あかす この きょうは ごうぜいを おんりし けんげじぜん せよと ごうじゅう おおいに そむく いかんぞ ことならざらん こたう だいきょうには ひとえに しゃくぶくを ろんずれども 1しじに じゅうす なんぞ かつて しょうじゅ なからん この きょうには ひとえに しょうじゅを あかせども ずは7ぶんと いう しゃくぶく なきに あらず おのおの いったんを あげて ときに かなうのみ」とう うんぬん ねはんぎょうの しょに いわく 「しゅっけ ざいけ ほうを まもらんには その がんしんの しょいを とり じを すて りを そんして まさに だいきょうを ひろむ ゆえに ごじしょうほうと いうは しょうせつに かかわらず ゆえに ふしゅういぎと いうなり むかしの ときは たいらかにして ほう ひろまる まさに かいを たもつべし じょうを たもつこと なかれ いまの ときは けんにして ほう かくる まさに じょうを たもつべし かいを たもつこと なかれ こんじゃく ともに けんならば ともに じょうを たもつべし こんじゃく ともに へいならば ともに かいを たもつべし しゅしゃ よろしきを えて いっこうに すべからず」とう うんぬん なんじが ふしんをば せけんの がくしゃ たぶん どうりと おもう いかに かんぎょう すれども にちれんが でしらも この おもいを すてず いっせんだいにんの ごとくなる ゆえに まず てんだい みょうらくらの しゃくを いだして かれが じゃなんを ふせぐ それ しょうじゅ しゃくぶくと もうす ほうもんは すいかの ごとし ひは みずを いとう みずは ひを にくむ しょうじゅの ものは しゃくぶくを わらう しゃくぶくのものは しょうじゅを かなしむ むち あくにんの こくどに じゅうまんの ときは しょうじゅを さきとす あんらくぎょうほんの ごとし じゃち ほうぼうの ものの おおき ときは しゃくぶくを さきとす じょうふぎょうぼんの ごとし たとえば あつき ときに かんすいを もちい さむき ときに ひを このむが ごとし そうもくは にちりんの けんぞく かんげつに くを う しょすいは がつりんの しょじゅう ねつじに ほんしょうを うしなう まっぽうに しょうじゅ しゃくぶく あるべし いわゆる あっこく はほうの りょうこく あるべき ゆえなり にほんこくの とうせいは あっこくか はほうの くにかと しるべし とうて いわく しょうじゅの とき しゃくぶくを ぎょうずると しゃくぶくの とき しょうじゅを ぎょうずると りやく あるべしや こたえて いわく ねはんぎょうに いわく 「かしょうぼさつ ほとけに もうして いわく にょらいの ほっしんは こんごうふえなり いまだ しょいんを しること あたわず いかん ほとけの いわく かしょう よく しょうほうを ごじする いんねんを もっての ゆえに この こんごうしんを じょうじゅする ことを えたり かしょう がごじしょうほうの いんねんにて いま この こんごうしんじょうじゅうふえを じょうじゅする ことを えたり ぜんなんし しょうほうを ごじする ものは ごかいを うけず いぎを しゅうせず まさに とうけんきゅうせんを もつべし かくの ごとく しゅじゅに ほうを とくも しかも こししくを なすこと あたわず ひほうの あくにんを こうふくすること あたわず かくの ごとき びく じりし および しゅじょうを りすること あたわず まさに しるべし この やからは けたい らんだ なり よく かいを たもち じょうぎょうを しゅごすといえども まさに しるべし この ひとは よく なすところ なからん ないし ときに はかいの もの あって この ごを きき おわって みな ともに しんにして この ほっしを がいせん この せっぽうの もの たとい また みょうじゅうすとも なお じかいじりりたと なづく」とう うんぬん しょうあんの いわく「しゅしゃ よろしきを えて いっこうに すべからず」とう てんだい いわく「ときに かなうのみ」とう うんぬん たとえば あきの おわりに しゅしを おろし でんぱたを かえさんに とうまいを うること かたし けんにんねんちゅうに ほうねん だいにちの 2にん しゅったいして ねんぶつしゅう ぜんしゅうを こうぎょうす ほうねん いわく「ほけきょうは まっぽうに いっては みういちにんとくしゃ せんちゅうむいち」とう うんぬん だいにち いわく「きょうげべつでん」とう うんぬん この りょうぎ こくどに じゅうまんせり てんだい しんごんの がくしゃら ねんぶつ ぜんの だんなを へつらい おずること いぬの しゅに おを ふり ねずみの ねこを おそるるが ごとし こくおう しょうぐんに みやつかい はぶっぽうの いんねん はこくの いんねんを よく とき よく かたるなり てんだい しんごんの がくしゃら こんじょうには がきどうに おち ごしょうには あびを まねくべし たとい さんりんに まじわって いちねんさんぜんの かんを こらすとも くうげんにして さんみつの あぶらを こぼさずとも じきを しらず しょうしゃくの にもんを わきまえずば いかでか しょうじを はなるべき とうて いわく ねんぶつしゃ ぜんしゅうとうを せめて かれらに あだまれたる いかなる りやくか あるや こたえて いわく ねはんぎょうに いわく 「もし ぜんびく ほうを やぶるものを みておいて かしゃくし くけんし こしょせずんば まさに しるべし この ひとは ぶっぽうの なかの あだ なり もし よく くけんし かしゃくし こしょせば これ わがでし しんの しょうもんなり」とう うんぬん 「ぶっぽうを えらん するは ぶっぽうちゅうの あだ なり じ なくして いつわり したしむは これ かれが あだ なり よく きゅうじせんは これ ごほうの しょうもん しんの わがでし なり かれが ために あくを のぞくは すなわち これ かれが おや なり よく かしゃくする ものは これ わが でし くけんせざらん ものは ぶっぽうちゅうの あだ なり」とう うんぬん それ ほけきょうの ほうとうほんを はいけんするに しゃか たほう じっぽうぶんしんの しょぶつの らいしゅうは なにごころぞ 「りょうぼうくじゅう こらいしし」とう うんぬん さんぶつの みらいに ほけきょうを ひろめて みらいの いっさいの ぶっしに あたえんと おぼしめす みこころの なかを すいするに ふぼの いっしの だいくに あうを みるよりも ごうじょうにこそ みえたるを ほうねん いたわしとも おもわで まっぽうには ほけきょうの もんを かたく とじて ひとを いれじとせき きょうじを たぼらかして たからを すてさするように ほけきょうを なげすて させける こころ こそ むざんに みえ そうらえ わが ふぼを ひとの ころさんに ふぼに つげざるべしや あくしの すいきょうして ふぼを ころすを せいせざるべしや あくにん じとうに ひを はなたんに せいせざるべしや いっしの じゅうびょうを やいと せざるべしや にほんの ぜんと ねんぶつしゃとを みて せいせざる ものは かくの ごとし 「じ なくして いつわり したしむは すなわち これ かれが あだ なり」とう うんぬん にちれんは にほんこくの しょにんに しゅうし ふぼ なり いっさい てんだいしゅうの ひとは かれらが だいおんてき なり 「かれが ために あくを のぞくは すなわち これ かれが おや」とう うんぬん むどうしんの もの しょうじを はなるる ことは なき なり きょうしゅしゃくそんの いっさいの げどうに だいあくにんと めり せられさせ たまい てんだいだいしの なんぼく ならびに とくいちに さんずんの した もって ごしゃくの みを たつと でんぎょうだいしの なんきょうの しょにんに「さいちょう いまだ とうとを みず」とうと いわれさせ たまいし みな ほけきょうの ゆえなれば はじ ならず ぐにんに ほめられたるは だい1の はじ なり にちれんが ごかんきを かほれば てんだい しんごんの ほっしら よろこばしくや おもうらん かつは むざんなり かつは きかい なり それ しゃくそんは しゃばに いり らじゅうは しんに いり でんぎょうは しなに いり だいばししんは みを すつ やくおうは ひじを やく じょうぐうは ての かわを はぐ しゃかぼさつは にくを うる ぎょうぼう ほねを ふでと す てんだいの いわく「ちゃくじにい」とう うんぬん ぶっぽうは ときに よるべし にちれんが るざいは こんじょうの しょうくなれば なげかしからず ごしょうには だいらくを うくべければ おおいに よろこばし. (とうやま)【沖縄県】• (どうせいかんけい)• 【漫画】• (とうたつふのうきょく)【地理】• (とうせいこう)【料理家】• (どううえはやと)【】• とう あ行 は行 か行 ま行 さ行 や行 た行 ら行 な行 わ行 とう [ ]• (とうおんてきてい-)【物理化学】• (とうめいきゅうこうばす)• 【薬】• 【プロレスラーのユニット】• 【楽曲】• Janet G. (とうみ-)【宝塚女優】• 【毒】• (とうでらえき)【】• (どうてんふくち)【】• (あわじしほくぶなんぶせいかつかんこうばすろせん)【コミュニティバス】• (どうらん)【曖昧さ回避】• (とう)【曖昧】• 【コムーネ】• 【植物】• MPSでは疲労、不眠、異常感覚、頭痛、過敏性腸症候群、浮腫感覚が低頻度なのに対しFMSでは、これらが高頻度で起こるなどの違いがある。 (とうそ)【】• (どうせんじ)【曖昧】• (とうつう-)【企業】• (どぅーびーてんごく)【アルバム】• (とうせい)【曖昧】• (とうえんきじょうしょううん)【台湾】• (あわやえき)【】• 【貸金業者】• (どうもとあきつぐ)【奇術師】• (とうへいぐん)【中国史】• 【コムーネ】• 【土地台帳】• 【曖昧さ回避】• あわは [ ]• 【コムーネ】• 加茂淳 『トリガーポイントブロックで腰痛は治る! (とうせきけん)【台湾】• (あわしやくしょ)• 【企業】• (あわまんじゅう)【土産菓子】 あわみ [ ]• (とうおうがく)【中国】• (どうもとあきこ)【政治家】• (とうえいしんようきんこ)【】• (とうめいにんげん)• にちぎんけん 日前宮 にちぜんぐう 二挺立ち にちょうだち 二梃立て にちょうだて 肉桂色 にっけいいろ 肉桂酒 にっけいしゅ 日光県 にっこうけん 日光号 にっこうごう 日工前 にっこうまえ にっこりバス にっこりばす 日新丸 にっしんまる 日精丸 にっせいまる 日橋川 にっぱしがわ 新羽町 にっぱちょう 日原川 にっぱらがわ ニッポン号 にっぽんごう 日本橋 にっぽんばし にっぽん丸 にっぽんまる 二頭政治 にとうせいじ ニトベミノガ にとべみのが 二ノ宮川 にのみやがわ ニハイチュウ にはいちゅう 二迫川 にはさまがわ ニホンアミカ にほんあみか ニホンウンカ にほんうんか 二本木口 にほんぎぐち 日本書紀 にほんしょき 二本松市 にほんまつし 日本ワイン にほんわいん 二名洲 にめいしゅう ニューアーク にゅうああく 乳汁 にゅうじゅう ニュータイプ にゅうたいぷ ニューデリー にゅうでりい ニュートラム にゅうとらむ ニュートン度 にゅうとんど ニューハウン にゅうはうん ニューパンダ にゅうぱんだ 乳糜液 にゅうびえき 乳糜管 にゅうびかん ニューポット にゅうぽっと ニューヨーク にゅうよおく 如来肌 にょらいはだ 韮山県 にらやまけん ニワシドリ科 にわしどりか 丹羽長秀 にわながひで ニワムシクイ にわむしくい 人参色 にんじんいろ 人参酒 にんじんしゅ 妊娠線 にんしんせん にんじん村 にんじんむら 忍冬酒 にんどうしゅ ニンフルサグ にんふるさぐ ヌープ硬さ ぬうぷかたさ ヌープ硬度 ぬうぷこうど ヌエクワガタ ぬえくわがた 額突虫 ぬかずきむし ヌカダカバチ ぬかだかばち ヌクアロファ ぬくあろふぁ 盗人滝 ぬすびとだき 沼河比売 ぬなかわひめ ヌマカナリア ぬまかなりあ 沼田町 ぬまたちょう ヌマヒメウソ ぬまひめうそ ヌマヒヨドリ ぬまひよどり ヌマヨシキリ ぬまよしきり ヌレバカケス ぬればかけす ネールピンク ねえるぴんく ネオ・ジオング ねおじおんぐ ネオジオング ねおじおんぐ ネオジャパン ねおじゃぱん 根食葉虫 ねくいはむし ネコチメドリ ねこちめどり 猫股の火 ねこまたのひ ネコマネドリ ねこまねどり ネジキホソガ ねじきほそが ネジロコヤガ ねじろこやが ネズミドリ科 ねずみどりか ネズミヒタキ ねずみひたき ネズミメジロ ねずみめじろ 熱気球 ねつききゅう 熱気球 ねっききゅう ネッタイバシ ねったいばし ネッタイバン ねったいばん 熱湯風呂 ねっとうぶろ ネッビオーロ ねっびおおろ ネバレンシス ねばれんしす ネプチューン ねぷちゅうん ネプトゥヌス ねぷとぅぬす 根室国 ねむろのくに 練り貫き酒 ねりぬきざけ 年行司 ねんぎょうじ 念仏銭 ねんぶつせん ノイエ・ジール のいえじいる 農業機 のうぎょうき 脳くも膜 のうくもまく 能見台 のうけんだい 脳硬膜 のうこうまく 脳神経 のうしんけい 脳頭蓋 のうとうがい 脳軟膜 のうなんまく 能町口 のうまちぐち 農民車 のうみんしゃ ノースポール のおすぽおる ノートゲルト のおとげると ノーフォーク のおふぉおく ノガンモドキ のがんもどき 乃木希典 のぎまれすけ 野口英世 のぐちひでよ ノクティルカ のくてぃるか ノシメトンボ のしめとんぼ 野田阪神 のだはんしん 濃餅汁 のっぺいじる ノドジロガモ のどじろがも 能登中島 のとなかじま 能登二宮 のとにのみや ノハラツグミ のはらつぐみ 野原ひろし のはらひろし 野原みさえ のはらみさえ ノビタキ属 のびたきぞく 登別市 のぼりべつし ノボロシスク のぼろしすく 能美根上 のみねあがり のらくろクン のらくろくん 乗合バス のりあいばす 乗り合い船 のりあいぶね ノルディック のるでぃっく• 【シリア】• (あわひらかたごう)【】• (とうえいうずまさえいぞう)【企業】• 【の山】• 【女優】• (どうもとまさき)【演出家】• 【曖昧さ回避】• や行 USドル ゆうえすどる 有蓋車 ゆうがいしゃ 結城晶 ゆうきあきら 游禽類 ゆうきんるい 有鈎骨 ゆうこうこつ 木綿付け鳥 ゆうつけどり 有頭骨 ゆうとうこつ 誘導車 ゆうどうしゃ ユートタイム ゆうとたいむ 郵便車 ゆうびんしゃ 郵便船 ゆうびんせん ユーモリスト ゆうもりすと 幽門管 ゆうもんかん 幽門垂 ゆうもんすい 幽門洞 ゆうもんどう ユールムスト ゆうるむすと 幽霊蜘蛛 ゆうれいぐも ユーロテール ゆうろてえる ユーロミヤマ ゆうろみやま ユーワビーム ゆうわびいむ 縁の色 ゆかりのいろ 湯川秀樹 ゆかわひでき ユキノビジン ゆきのびじん ユキノローズ ゆきのろおず ユキヒメドリ ゆきひめどり 雪降り髪 ゆきふりがみ ユキホオジロ ゆきほおじろ ユグドラシル ゆぐどらしる 湯瀬温泉 ゆぜおんせん 輸送機械 ゆそうきかい 輸送設備 ゆそうせつび 湯田温泉 ゆだおんせん ゆだ高原 ゆだこうげん ユッケジャン ゆっけじゃん 輸尿管 ゆにょうかん 尿袋 ゆばりぶくろ 夢のために ゆめのために 湯谷温泉 ゆやおんせん ユリウス年 ゆりうすねん ユルルングル ゆるるんぐる 余市町 よいちちょう 陽維脈 よういみゃく 八日市場 ようかいちば 羊羮色 ようかんいろ 陽谿穴 ようけいけつ 陽綱穴 ようこうけつ 洋光台 ようこうだい 溶接工 ようせつこう 羊蹄丸 ようていまる 陽白穴 ようはくけつ 陽平関 ようへいかん 洋紅色 ようべにいろ 陽明学 ようめいがく 揚陸艦 ようりくかん 揚陸艇 ようりくてい 養老酒 ようろうしゅ ヨーク級 よおくきゅう ヨーグルッペ よおぐるっぺ ヨーデル号 よおでるごう ヨガファイア よがふぁいあ ヨガフレイム よがふれいむ ヨクトオーム よくとおおむ ヨクトグラム よくとぐらむ 翼突筋 よくとつきん ヨクトテスラ よくとてすら ヨクトヘルツ よくとへるつ ヨクトボルト よくとぼると ヨクトワット よくとわっと ヨゲンノスリ よげんのすり 横当島 よこあてじま 横穴式 よこあなしき 横浦島 よこうらじま 横川駅 よこがわえき 横浜号 よこはまごう ヨコフウズラ よこふうずら 横山党 よこやまとう ヨゴレインコ よごれいんこ よさこい号 よさこいごう 与謝野晶子 よさのあきこ ヨシキリ属 よしきりぞく ヨシゴイ属 よしごいぞく 吉田歩美 よしだあゆみ 吉田沙保里 よしださおり 義経号 よしつねごう 吉野川市 よしのがわし 吉野町 よしのちょう 吉見ノ里 よしみのさと 吉原駕籠 よしわらかご ヨタアンペア よたあんぺあ ヨタジュール よたじゅうる ヨタパスカル よたぱすかる ヨタファラド よたふぁらど ヨタベクレル よたべくれる ヨタメートル よためえとる ヨタリットル よたりっとる 四日市市 よっかいちし 四街道 よつかいどう ヨナクニサン よなくにさん ヨナグニサン よなぐにさん 与那国島 よなぐにじま 米島口 よねじまぐち 与野本町 よのほんまち 呼子ノ瀬戸 よぶこのせど よみうり号 よみうりごう ヨモギコヤガ よもぎこやが 夜鶯 よるうぐいす 4t車 よんとんしゃ 四輪車 よんりんしゃ• 【角竜類】• (とういつきぎょう)【台湾企業】• 【カメ】• 【チェコの都市】• 最近の報告によると、局所麻酔薬を使用しなくても、注射針の刺入だけで効果が現れたり、鍼治療が効果があったケースも見られた。 (とうち)【名古屋市】• 【薬品】• いずれの とし ときぞ かんどには けんげんを はじめとし にほんには たいほうを はじめとして しその にっき だいじには かならず ねんごうの あるが これほどの だいじに いかでか おうも しんも ねんごうも にちじも なきや また つぎに いわく 「さんろんの どうしょう ほっそうの げんにん けごんの どうおう てんだいの えんちょう」とう うんぬん そもそも えんちょうは じゃっこうだいし てんだい だい2の ざす なり そのとき なんぞ だい1の ざす ぎしん こんぽんの でんぎょうだいしをば めさざりけるや えんちょうは てんだい だい2の ざす でんぎょうだいしの みでし なれども また こうぼうだいしの でし なり でしを めさんよりは さんろん ほっそう けごん よりは てんだいの でんぎょう ぎしんの ふたりを めす べかりけるか しかも この にっきに いわく 「しんごん ゆがの しゅう ひみつまんだら かの ときよりして こんりゅうす」とう うんぬん この ふでは でんぎょう ぎしんの ごぞんしょうかと みゆ こうぼうは へいぜいてんのう だいどう 2ねんより こうにん 13ねんまでは さかんに しんごんを ひろめし ひと なり そのときは この ふたり げんに おわします また ぎしんは てんちょう 10ねんまで おわせしかば そのときまで こうぼうの しんごんは ひろまざりけるか かたがた ふしん あり くじゃくきょうの しょは こうぼうの でし しんぜいが じき なり しんじがたし また じゃけんしゃが くげ しょけ えんちょうの きを ひかるべきか また どうしょう げんにん どうおうの きを たずぬべし 「めんもん にわかに ひらいて こんじきの びるしゃなと なる」とう うんぬん めんもんとは くちなり くちの ひらけたりけるか みけん ひらくと かかんと しけるが あやまりて めんもんと かけるか ぼうしょを つくる ゆえに かかる あやまり あるか 「だいし ちけんの いんを むすんで なんぽうに むかうに めんもん にわかに ひらいて こんじきの びるしゃなと なる」とう うんぬん ねはんぎょうの 5に いわく 「かしょう ほとけに もうして もうさく せそん われ いま この 4しゅの ひとに よらず なにを もっての ゆえに くしらきょうの なかの ごとき ほとけ くしらが ために とき たまわく もし てん ま ぼん はえせんと ほっするが ために へんじて ほとけの かたちと なり 32そう 80しゅごうを ぐそくし そうごんし えんこう いちじん めんぶ えんまんなる こと なお つきの じょうみょう なるが ごとく みけんの ごうそう しろき こと かせつに こえ ないし ひだりの わき より みずを いだし みぎの わきより ひを いだす」とう うんぬん また 6の まきに いわく 「ほとけ かしょうに つげたまわく われ はつねはんして ないし のち この ま はじゅん しばらく まさに わが しょうほうを そえ す ないし けして あらかんの み および ほとけの しきしんと なり まおう この うろの かたちを もって むろの みと なり わが しょうほうを やぶらん」とう うんぬん こうぼうだいしは ほけきょうを けごんきょう だいにちきょうに たいして けろん とう うんぬん しかも ぶっしんを げんず これ ねはんぎょうには ま うろの かたちを もって ほとけと なって わが しょうほうを やぶらんと しるし たもう ねはんぎょうの しょうほうは ほけきょう なり ゆえに きょうの つぎしもの もんに いわく 「ひさしく すでに じょうぶつ す」 また いわく「ほっけの なかの ごとし」とう うんぬん しゃか たほう じっぽうの しょぶつは いっさいきょうに たいして 「ほけきょうは しんじつ だいにちきょうとうの いっさいきょうは ふしんじつ」とう うんぬん こうぼうだいしは ぶっしんを げんじて けごんきょう だいにちきょうに たいして 「ほけきょうは けろん」とう うんぬん ぶっせつ まことならば こうぼうは てんまに あらずや また さんこの こと ことに ふしん なり かんどの ひとの にほんに きたりて ほりいだすとも しんじがたし いぜんに ひとをや つかわして うずみけん いわうや こうぼうは にほんの ひと かかる おうらん その かず おおし これらを もって ぶっちに かなう ひとの しょうことは しりがたし されば この しんごん ぜんしゅう ねんぶつとう ようやく かさなり きたる ほどに にんのう 82だい たかなり おきのほうおう ごんのたゆうどのを うしなわんと としごろ はげませ たまいける ゆえに だいおうたる こくしゅ なれば なにと なくとも ししおうの うさぎを ふくするが ごとく たかの きじを とる ように こそ あるべかりし うえ えいざん とうじ おんじょう ならしちだいじ てんしょうだいじん しょうはちまん さんのう かも かすが とうに すうねんが あいだ あるいは じょうぶく あるいは かみに もうさせ たまいしに ふつか みっか だにも ささえかねて さどのくに あわのくに おきのくに とうに ながし うしないて ついに かくれさせ たまいぬ じょうぶくの じょうしゅ おむろは ただ とうじを かえらるる のみならず まなこの ごとく あいせさせ たまいし だい1の てんどう せたかが くび きられたり しかば じょうぶくの しるし げんちゃくおほんにんの ゆえとこそ みえて そうらえ これは わずかな ことなり この のち さだんで にほんこくの しょしん ばんみん いちにんも なく かれくさを つみて ひを はなつが ごとく たいせんの くずれて たにを うむるが ごとく わが くに たこくに せめらるる こと しゅったい すべし このこと にほんこくの なかに ただ にちれん いちにんばかり しれり いいいだす ならば いんの ちゅうおうの ひかんが むねを さきしが ごとく かの けつおうの りゅうほうが くびを きりしが ごとく だんみらおうの ししそんじゃが くびを はねしが ごとく じくの どうしょうが ながされしが ごとく ほうどうさんぞうの かなやきを やかれしが ごとく ならんずらんとは かねて しり しかども ほけきょうには 「われ しんみょうを あいせず ただ むじょうどうを おしむ」と とかれ ねはんぎょうには 「むしろ しんみょうを うしなうとも きょうを かくさざれ」と いさめ たまえり このたび いのちを おしむ ならば いつの よにか ほとけに なるべき また いかなる よにか ふぼ ししょうをも すくい たてまつるべきと ひとえに おもいきりて もうし はじめしかば あんに たがわず あるいは ところを おい あるいは のり あるいは うたれ あるいは きずを こうむる ほどに いぬる こうちょう がんねん かのととり 5がつ 12にちに ごかんきを こうむりて いずの くに いとうに ながされぬ また おなじき こうちょう 3ねん みずのとい 2がつ 22にちに ゆりぬ そののち いよいよ ぼだんしん ごうじょうにして もうせば いよいよ だいなん かさなる こと おおかぜに おおなみの おこるが ごとし むかしの ふきょうぼさつの せめも わがみに つみしられたり かくとくびくが かんきぶつの すえの だいなんも これには およばじと おぼゆ にほん 66かこく しま ふたつの なかに いちにち かたときも いずれの ところに すむべき ようも なし いにしえは 250かいを たもちて にんにく なること らうんの ごとくなる じかいの しょうにんも ふるなの ごとくなる ちしゃも にちれんに あい ぬれば あっこうを はく しょうじきにして ぎちょう ちゅうじんこうの ごとく なる けんじゃらも にちれんを もては りを まげて ひと おこなう いわうや せけんの つねの ひとびとは いぬの さるを みたるが ごとく りょうしが しかを こめたるに にたり にほんこくの なかに いちにんとして ゆえこそ あるらめと いうひと なし どうり なり ひとごとに ねんぶつを もうす ひとに むかうごとに ねんぶつは むけんに おつると いう ゆえに ひとごとに しんごんを とうとむ しんごんは くにを ほろぼす あくほうと いう こくしゅは ぜんしゅうを とうとむ にちれんは てんまの しょいと いう ゆえに われと まねける わざわい なれば ひとの のるをも とがめず とがむとても いちにん ならず うつをも いたまず もとより ぞんぜしが ゆえに こう いよいよ みも おしまず ちからに まかせて せめしかば ぜんそう すうひゃくにん ねんぶつしゃ すうせんにん しんごんし ひゃくせんにん あるいは ぶぎょうに つき あるいは きりひとに つき あるいは きりにょうぼうに つき あるいは ごけあまごぜんらに ついて むじんの ざんげんを なせし ほどに さいごには てんか だい1の だいじ にほんこくを うしなわんと じゅそする ほっし なり こ さいみょうじどの ごくらくじどのを むけんじごくに おちたりと もうす ほっし なり おんたずね あるまでも なし ただ しゅゆに くびを めせ でしらをば また くびを きり あるいは えんごくに つかわし あるいは ろうに いれよと あまごぜんたち いからせ たまいしかば そのまま おこなわれけり いぬる ぶんえい 8ねん かのとひつじ 9がつ 12にちの よるは さがみの くに たつのくちにて きらる べかりしが いかにしてや ありけん その よるは のびて えちと いうところへ つきぬ また 13にちの よるは ゆりたりと どどめきしが また いかにや ありけん さどの くにまで ゆく きょう きる あす きると いいしほどに 4かねんと いうに けっくは いぬる ぶんえい 11ねん たいさい きのえいぬ 2がつ 14にちに ゆりて おなじき 3がつ 26にちに かまくらへ いり おなじき 4がつ 8にち へいのさえもんのじょうに けんざんして ようようの こと もうしたりし なかに ことしは もうこは いちじょう よすべしと もうしぬ おなじき 5がつの 12にちに かまくらを いでて この やまに いれり これは ひとえに ふぼの おん ししょうの おん さんぽうの おん こくおんを ほうぜんが ために みを やぶり いのちを すつれども やぶれざれば さでこそ そうらえ また けんじんの ならい みたび くにを いさむるに もちいずば さんりんに まじわれと いうことは さだまる れい なり この くどくは さだめて かみ さんぽう しも ぼんてん たいしゃく にちがつまでも しろしめしぬらん ふぼも こ どうぜんぼうの しょうりょうも たすかり たまうらん ただ うたがい おもうこと あり もくれんそんじゃは たすけんと おもい しかども ははの しょうだいにょは がきどうに おちぬ だいかくせそんの みこ なれども ぜんしょうびくは あびじごくへ おちぬ これは ちからの まま すくわんと おぼせども じごうじとくかの へんは すくいがたし こ どうぜんぼうは いとう でし なれば にちれんをば にくしとは おぼせ ざりけるらめども きわめて おくびょうなりし うえ せいちょうを はなれじと しゅうせし ひと なり じとう かげのぶが おそろしさと いい だいば くぎゃりに ことならぬ えんち じつじょうが かみと しもとに いて おどせしを あながちに おそれて いとおしと おもう としごろの でしらを だにも すてられし ひとなれば ごしょうは いかんがと うたがわし ただ ひとつの みょうがには かげのぶと えんち じつじょうとが さきに ゆきしこそ ひとつの たすかりとは おもえども かれらは ほけきょう じゅうらせつの せめを かおりて はやく うせぬ のちに すこし しんぜられて ありしは いさかいの のちの ちぎりきなり ひるの ともしび なにかせん そのうえ いかなる こと あれども こ でし なんどいう ものは ふびんなる ものぞかし ちから なき ひとにも あらざりしが さどの くにまで ゆきしに いちども とぶらわれざりし ことは ほけきょうを しんじたるには あらぬぞかし それに つけても あさましければ かの ひとの ごしきょと きくには ひにも いり みずにも しずみ はしりたちても ゆいて おんはかをも たたいて きょうをも いっかん どくじゅせんと こそ おもえども けんじんの ならい こころには とんせいとは おもわねども ひとは とんせいと こそ おもうらんに ゆえもなく はしり いずるならば すえも おとらずと ひと おもいぬべし されば いかに おもい たてまつれども まいるべきに あらず ただし、 おのおの ふたりは にちれんが ようしょうの ししょうにて おわします ごんそうそうじょう ぎょうひょうそうじょうの でんぎょうだいしの おんし たりしが かえりて みでしと ならせ たまいしが ごとし にちれんが かげのぶに あだまれて せいちょうざんを いでしに かくしおきて しのび いでられたりしは てんか だい1の ほけきょうの ほうこう なり ごしょうは うたがい おぼす べからず とうて いわく ほけきょう 1ぶ 8かん 28ほんの なかに なにものか かんじん なるや こたえて いわく けごんきょうの かんじんは だいほうこうぶつけごんきょう あごんきょうの かんじんは ぶっせつちゅうあごんきょう だいしっきょうの かんじんは だいほうとうだいしっきょう はんにゃきょうの かんじんは まかはらはらみつきょう そうかんぎょうの かんじんは ぶっせつむりょうじゅきょう かんぎょうの かんじんは ぶっせつかんむりょうじゅきょう あみだきょうの かんじんは ぶっせつあみだきょう ねはんぎょうの かんじんは だいはつねはんぎょう かくの ごとくの いっさいきょうは みな にょぜがもんの かみの だいもく その きょうの かんじん なり だいは だいに つけ しょうは しょうに つけて だいもくを もって かんじんと す だいにちきょう こんごうちょうきょう そしっちきょうとう またまた かくの ごとし ほとけも また かくの ごとし だいにちにょらい にちがつとうみょうぶつ ねんとうぶつ だいつうぶつ うんらいおんのうぶつ これらの ほとけも なの うちに その ほとけの しゅじゅの とくを そなえたり いまの ほけきょうも また もって かくの ごとし にょぜがもんの かみの みょうほうれんげきょうの 5じは すなわち 1ぶ 8かんの かんじん またまた いっさいきょうの かんじん いっさいの しょぶつ ぼさつ にじょう てんにん しゅら りゅうじんとうの ちょうじょうの しょうほう なり とうて いわく なんみょうほうれんげきょうと こころも しらぬ ものの となうると なむだいほうこうぶつけごんきょうと こころも しらぬものの となうると さいとう なりや せんじんの くどく さべつ せりや こたえて いわく せんじん とう あり うたがって いわく その こころ いかん こたえて いわく しょうがは つゆと したたりと みぞと えとをば おさむれども たいがを おさめず たいがは つゆ ないし しょうがを はさむれども たいかいを おさめず あごんきょうは せい こうとう、 ろ けんを おさめたる しょうがの ごとし ほうどうきょう あみだきょう だいにちきょう けごんきょうとうは しょうがを おさむる たいが なり ほけきょうは ろ けん せい こう しょうが たいが てんうとうの いっさいの みずを いっていも もらさぬ たいかい なり たとえば みの あつきものの だいかんすいの ほとりに いねつれば すずしく しょうすいの ほとりに ふしぬれば くるしきが ごとし ごぎゃく ほうぼうの おおきなる いっせんだいにん あごん けごん かんぎょう だいにちきょう とうの しょうすいの ほとりにては たいざいの だいねつ さんじがたし ほけきょうの だいせつざんの うえに ふしぬれば ごぎゃく ひぼう いっせんだい とうの だいねつ たちまちに さんずべし されば ぐしゃは かならず ほけきょうを しんずべし おのおの きょうぎょうの だいもくは やすきこと おなじと いえども ぐしゃと ちしゃとの となうる くどくは てんちうんでい なり たとえば おおづなは だいりきも きりがたし しょうりき なれども しょうとうを もって たやすく これを きる たとえば けんせきをば どんとうを もてば だいりきも やぶりがたし りけんを もてば しょうりきも やぶりぬべし たとえば くすりは しらねども ふくすれば やまい やみぬ しょくは ふくすれども やまい やまず たとえば せんやくは いのちを のべ ぼんやくは やまいを いやせども いのちを のべず うたがって いわく 28ほんの なかに いずれか かんじんぞや こたえて いわく あるいは いわく ほんぼん みな ことに したがいて かんじん なり あるいは いわく ほうべんぼん じゅりょうほん かんじん なり あるいは いわく ほうべんぼん かんじん なり あるいは いわく じゅりょうほん かんじん なり あるいは いわく かいじごにゅう かんじん なり あるいは いわく じっそう かんじん なり とうて いわく なんじが こころ いかん こたう なんみょうほうれんげきょう かんじん なり その あかし いかん あなん もんじゅら にょぜがもん とう うんぬん とうて いわく こころ いかん こたえて いわく あなんと もんじゅとは 8ねんが あいだ この ほけきょうの むりょうの ぎを 1く 1げ 1じも のこさず ちょうもんして ありしが ほとけの めつごに けっしゅうの とき 999にんの あらかんが ふでを そめて ありしに まず はじめに みょうほうれんげきょうと かかせ たまいて にょぜがもんと となえさせ たまいしは みょうほうれんげきょうの 5じは 1ぶ 8かん 28ほんの かんじんに あらずや されば かこの とうみょうぶつの とき より ほけきょうを こうぜし こうたくじの ほううんほっしは 「にょぜとは まさに しょもんを つたえんとす ぜんだいに 1ぶを あぐるなり」とう うんぬん りょうぜんに まのあたり きこしめして ありし てんだいだいしは 「にょぜとは しょもんの ほったい なり」とう うんぬん しょうあんだいしの いわく きしゃ しゃくして いわく 「けだし じょおうとは きょうの げんいを じょし げんいは もんしんを じゅつす」とう うんぬん この しゃくに もんしんとは だいもくは ほけきょうの こころ なり みょうらくだいし いわく 「いちだいの きょうほうを おさむる こと ほっけの もんしん より いず」とう うんぬん てんじくは 70かこく なり そうみょうは がっしこく にほんは 60かこく そうみょうは にほんこく がっしの なの うちに 70かこく ないし じんちく ちんぽう みな あり にほんと もうす なの うちに 66かこく あり でわの はも おうしゅうの きんも ないし くにの ちんぽう じんちく ないし じとうも じんじゃも みな にほんと もうす 2じの なの うちに おさまれり てんげんを もっては にほんと もうす 2じを みて 66こく ないし じんちくとうを みるべし ほうげんを もっては じんちくとうの ここに しし かしこに いきるをも みるべし たとえば ひとの こえを きいて からだを しり あとを みて だいしょうを しる はすを みて いけの だいしょうを はかり あめを みて りゅうの ぶんざいを かんがう これは みな いちに いっさいの ある ことわり なり あごんきょうの だいもくには おおむね いっさいは あるよう なれども ただ しょうしゃか いちぶつ のみ ありて たぶつ なし けごんきょう かんぎょう だいにちきょう とうには また いっさい あるよう なれども にじょうを ほとけと なすようと くおんじつじょうの しゃかぶつ いまさず れいせば はな さいて このみ ならず いかずち なって あめ ふらず つづみ あって おと なし まなこ あって ものを みず にょにん あって こを うまず ひと あって いのち なし また たましい なし だいにちの しんごん やくしの しんごん あみだの しんごん かんのんの しんごう とう またかくの ごとし かの きょうぎょうにしては だいおう しゅみせん にちがつ りょうやく にょいしゅ りけん とうの ようなれども ほけきょうの だいもくに たいすれば うんでいの しょうれつなる のみならず みな おのおの とうたいの じゆうを うしなう れいせば しゅうせいの ひかりの ひとつの にちりんに うばわれ もろもろの はがねの ひとつの じしゃくに おうて りしょうの つき たいけんの しょうかに あいて ゆうを うしない ごにゅう ろにゅう とうの ししおうの ちちに おうて みずと なり しゅうこが じゅつ いっけんに おうて うしない くけんが しょうこに おうて いろを へんずるが ごとし なんみょうほうれんげきょうと もうせば あみだぶつの ゆうも なむだいにちしんごんの ゆうも かんぜおんぼさつの ゆうも いっさいの しょぶつ しょきょう しょぼさつの ゆう みな ことごとく みょうほうれんげきょうの ゆうに うしなわる かの きょうぎょうは みょうほうれんげきょうの ゆうを かりずば みな いたずらの もの なるべし とうじ がんぜんの ことわり なり にちれんが なんみょうほうれんげきょうと ひろむれば なむあみだぶつの ゆうは つきの かくるが ごとく しおの ひるが ごとく あきふゆの くさの かるるが ごとく こおりの にってんに とくるが ごとく なりゆくを みよ とうて いわく この ほう じつに いみじくばなど かしょう あなん めみょう りゅうじゅ むちゃく てんじん なんがく てんだい みょうらく でんぎょうらは ぜんどうが なむあみだぶつと すすめて かんどに ぐずう せしが ごとく えしん えいかん ほうねんが にほんこくを みな あみだぶつに なしたるが ごとく すすめ たまわざりけるやらん こたえて いわく この なんは いにしえの なんなり いま はじめたるには あらず めみょう りゅうじゅぼさつらは ほとけの めつご 600ねん 700ねんとうの だいろんし なり この ひとびと よに いでて だいじょうきょうを ぐつう せしかば もろもろの しょうじょうの もの うたがって いわく かしょう あなんらは ほとけの めつご 20ねん 40ねん じゅうじゅし たまいて しょうほうを ひろめたまいしは にょらい いちだいの かんじんをこそ くずうし たまいしか しかるに この ひとびとは ただ く くう むじょう むがの ほうもんを こそ せんとし たまいしに いま めみょう りゅうじゅら かしこしと いうとも かしょう あなんらには すぐべからず これ1 かしょうは ほとけに あいまいらせて げを えたる ひと なり この ひとびとは ほとけに あい たてまつらず これ2 げどうは じょう らく が じょうと たてしを ほとけ よに いでさせ たまいて く くう むじょう むがと とかせ たまいき この ものどもは じょうらくがじょうと いえり されば ほとけも ごにゅうめつ なり また かしょうらも かくれさせ たまいぬれば だいろくてんの まおうが この ものどもが みに いり かわりて ぶっぽうを やぶり げどうの ほうと なさんと するなり されば ぶっぽうの あだをば こうべを われ くびを きれ いのちを たて しょくを とめよ くにを おえと もろもろの しょうじょうの ひとびと もうせ しかども めみょう りゅうじゅらは ただ いち ににん なり ちゅうやに あっくの こえを きき ちょうぼに じょうもくを こうむりし なり しかれども この ににんは ほとけの おんつかい ぞかし まさしく まやきょうには 600ねんに めみょう いで 700ねんに りゅうじゅ いでんと とかれて そうろう そのうえ りょうがきょう とうにも きせられたり また ふほうぞうきょうには もうすに およばず されども もろもろの じょうじょうの ものどもは もちいず ただ めくらぜめに せめしなり にょらい げんざい ゆたおんしつ きょうめつどごの きょうもんは この ときに あたりて すこし つみ しられけり だいばぼさつの げどうに ころされ ししそんじゃの くびを きられし この ことを もって おもいやらせ たまえ また ほとけ めつご 1500よねんに あたりて がっし よりは ひがしに かんどと いう くに あり ちんずいの よに てんだいだいし しゅっせい す この ひとの いわく にょらいの しょうきょうに だい あり しょう あり けん あり みつ あり ごん あり じつ あり かしょう あなんらは いっこうに しょうを ひろめ めみょう りゅうじゅ むじゃく てんじんらは ごんだいじょうを ひろめて じつだいじょうの ほけきょうをば あるいは ただ ゆびを さして ぎを かくし あるいは きょうの おもてを のべて しちゅうじゅうを のべず あるいは しゃくもんを のべて ほんもんを あらわさず あるいは ほんじゃく あって かんじん なしと いいしかば なんさん ほくしちの じゅうりゅうが すえ すうせんまんにん ときを つくり どっと わらう よの すえに なるままに ふしぎの ほっしも しゅつげん せり ときに あたりて われらを へんしゅうする ものは ありとも ごかんの えいへい 10ねん ひのとう の としより いま ちんずいに いたる までの さんぞう にんし 260よにんを ものも しらずと もうす うえ うぼうの ものなり あくどうに おつると いうもの しゅったいせり あまりの ものくるわしさに ほけきょうを もて きたり たまえる らじゅうさんぞうをも ものしらぬ ものと もうすなり かんどは さても おけ がっしの だいろんし りゅうじゅ てんじんらの すうひゃくにんの しえの ぼさつも いまだ じつぎを のべ たまわずと いうなり これを ころしたらん ひとは たかを ころしたる ものなり おにを ころすにも すぐべしと ののしりき また みょうらくだいしの とき がっしより ほっそう しんごん わたり かんどに けごんしゅうの はじまりたりしを とかく せめしかば これも また さわぎし なり にほんこくには でんぎょうだいしが ほとけ めつご 1800ねんに あたりて いでさせ たまい てんだいの おんしゃくを みて きんめいより このかた 260よねんが あいだの 6しゅうを せめ たまい しかば ざいせの げどう かんどの どうし にほんに しゅつげんせりと ぼうぜし うえ ほとけ めつご 1800ねんが あいだ がっし かんど にほんに なかりし えんどんの だいかいを たてんと いう のみならず さいごくの かんのんじの かいだん とうごく しもつけの おのでらの かいだん ちゅうごく やまとの くに とうだいじの かいだんは おなじく しょうじょう しゅうふんの かい なり がしゃくの ごとし これを たもつ ほっしらは やかん えんこう とうの ごとしと ありしかば あら ふしぎや ほっしに にたる おおいなむし くにに しゅつげん せり ぶっきょうの なえ いちじに うせなん いんの ちゅう かの けつ ほっしと なりて にほんに うまれたり ごしゅうの うぶん とうの ぶそう ふたたび よに しゅつげん せり ぶっぽうも ただ いま うせぬべし くにも ほろびなんと だいじょう しょうじょうの にるいの ほっし しゅつげんせば しゅらと たいしゃくと こううと こうそと いっこくに ならべる なるべしと しょにん てを たたき したを ふるう ざいせには ほとけと だいばが ふたつの かいだん ありて そこばくの ひとびと しにき されば たしゅうには そむくべし わが し てんだいだいしの たて たまわざる えんどんの かいだんを たつべしと いう ふしぎさよ あら おそろし おそろしと ののしり あえりき されども きょうもん ふんみょうに ありしかば えいざんの だいじょうかいだん すでに たてさせ たまいぬ されば ないしょうは おなじ けれども ほうの るふは かしょう あなんよりも めみょう りゅうじゅらは すぐれ めみょうら よりも てんだいは すぐれ てんだいよりも でんぎょうは こえさせ たまいたり よ すえに なれば ひとの ちは あさく ぶっきょうは ふかく なること なり れいせば けいびょうは ぼんやく じゅうびょうには せんやく じゃくにんには つよき かとうど ありて たすくる これなり とうて いわく てんだい でんぎょうの ぐずうし たまわざる しょうほう ありや こたえて いわく あり もとめて いわく なにものぞや こたえて いわく みっつ あり まっぽうの ために ほとけ とどめおき たまう かしょう あなん とう めみょう りゅうじゅ とう てんだい でんぎょう とうの ぐずう せさせ たまわざる しょうほうなり もとめて いわく その ぎょうみょう いかん こたえて いわく ひとつには にほん ないし いちえんぶだい いちどうに ほんもんの きょうしゅ しゃくそんを ほんぞんと すべし いわゆる ほうとうの うちの しゃか たほう そのほかの しょぶつ ならびに じょうぎょうとうの しぼさつ きょうじと なるべし ふたつには ほんもんの かいだん みっつには にほん ないし かんど がっし いちえんぶだいに ひとごとに うち むちを きらわず いちどうに たじを すてて なんみょうほうれんげきょうと となうべし このこと いまだ ひろまらず いちえんぶだいの うちに ほとけ めつご 2225ねんが あいだ ひとりも となえず にちれん ひとり なんみょうほうれんげきょう なんみょうほうれんげきょうとうと こえも おしまず となうるなり れいせば かぜに しがたって なみの だいしょう あり たきぎに よって ひの こうげ あり いけに したがって はちすの だいしょう あり あめの だいしょうは りゅうに よる ね ふかければ えだ しげし みなもと とおければ ながれ ながしと いう これなり しゅうの よの 700ねんは ぶんのうの れいこうに よる しんの よ ほども なし しこうの さどうに よるなり にちれんが じひ こうだいならば なんみょうほうれんげきょうは まんねんの ほか みらい までも ながるべし にほんこくの いっさいしゅじょうの もうもくを ひらける くどくあり むけんじごくの みちを ふさぎぬ この くどくは でんぎょう てんだいにも こえ りゅうじゅ かしょうにも すぐれたり ごくらく 100ねんの しゅぎょうは えどの いちにちの くどくに およばず しょうぞう 2せんねんの ぐずうは まっぽうの いちじに おとるか これ ひとえに にちれんが ちの かしこきには あらず ときの しからしむるのみ はるは はな さき あきは このみ なる なつは あたたかに ふゆは つめたし ときの しからしむるに あらずや 「われ めつどの のち ごの 500さいの なかに こうせんるふして えんぶだいに おいて だんぜつして あくま まみん もろもろの てんりゅう やしゃ くはんだ とうに その たよりを えせしむること なけん」とう うんぬん この きょうもん もし むなしく なるならば しゃりほつは けこうにょらいと ならじ かしょうそんじゃは こうみょうにょらいと ならじ もくれんは たまらばせんだんこうぶつと ならじ あなんは せんかいえじざいつうおうぶつと ならじ まかはじゃはだいびくには いっさいしゅじょうきけんぶつと ならじ やしゅたらびくには ぐそくせんまんこうそうぶつと ならじ さんぜんじんてんも けろんと なり ごひゃくじんてんも もうごと なりて おそらくは きょうしゅ しゃくそんは むけんじごくに おち たほうぶつは あびの ほのおに むせび じっぽうの しょぶつは はちだいじごくを すみかとし いっさいの ぼさつは 136の くを うくべし いかでか その ぎ そうろうべき その ぎ なくば にほんこくは いちどうの なんみょうほうれんげきょう なり されば はなは ねに かえり しんみは つちに とどまる この くどくは こ どうぜんぼうの しょうりょうの おんみに あつまるべし なんみょうほうれんげきょう なんみょうほうれんげきょう けんじ 2ねん たいさいひのえね 7がつ 21にち これを しるす こうしゅう はきいごう みのぶさん より あわのくに とうじょうのこおり せいちょうざん じょうけんぼう ぎしょうぼうの もとに ぶそうす. 【物理学者】• (どうぞう)【像】• 【信仰】• (あごんきょう)【】• 【曖昧】• (日本語要約) 筋肉そのものを起源とする痛みを持った多くの患者は、脊髄・椎間板の異常、、、、、を含む他の病気と誤診されている。 (あこむら)【東京都の廃村】• (どうそうしんごうじょきょひ)【工学】• (あわなくてもあいらぶゆー)【アルバム】 あわぬ [ ]• (どうもといんしょう)【画家】• 【コムーネ】• (とうせいしゃかい)• 【アルバム】• 【工学】• 【山口県の寺】• 【称号】• (とうちひろき)【声優】• (とうもうこういきかんせんどうろ)【群馬県】• (とうりつぶいがたエンジン)• 【アラビア文字】• (あわひろそん)【岡山県】 あわふ [ ]• (あごすてぃーにょねとだいがく)【アンゴラ】• (とうえいぽるの)• 【ハンガリーの都市】• (とうもろこしいろ)【色名】• (あわこくぶんじ)【千葉県の寺院】• 【競走馬】• (あわづしょうぞう)【柔道家】• (あわづおんせん)【石川県】• (とうえいほう)【曖昧】• (とうそうおう)【架空人】• 例えば、腰の横の部分にあるに発生したトリガーポイントは、足全体に疼痛を引き起こすことがある。 (とうせい)• (とうだいじ)【奈良市】• (とうたいごう)【清】• (とうりえき)【台湾】• (あごなしげんとおれものがたり)【漫画】• (とうあちゅうがっこう)【曖昧】• 海外での警告 [ ] Dr. myositis - — Myalgia and myositis, unspecified 筋筋膜性疼痛症候群(きんきんまくせい とうつうしょうこうぐん, Myofascial Pain Syndrome, MPS)とは、体のに時に激しいを生じる病気である。 (とうえい)• (とうえいちゃんねる)【衛星放送】• (あわかもがわえき)【外房線】• (とうだいほうぶん1ごうかんばくはじけん)【1977年】• (とうおんばい)【清官僚】• (あわやもとたか)【戦国武将】• (あこうえき)【曖昧さ回避】• (あわのくに)【令制国】• (とうえんけん)【台湾】• 外部リンク [ ]• (あわまたのたき)【千葉県の滝】• 【曖昧さ回避】• (とう-)• (とうてつせん)【香港】• ・・・・・・ ・・・・・・ (参考). (あわぶきか)【植物】• TravellとDr. (あこうざんたいしんようじゅりん)• おおるあうと オールドカー おおるどかあ オールドパル おおるどぱる オオルリ属 おおるりぞく オーロラ号 おおろらごう 大綿津見神 おおわたつみ お陰参り おかげまいり 岡崎前 おかざきまえ 陸蒸気 おかじょうき 岡村島 おかむらじま オカメインコ おかめいんこ 岡山県 おかやまけん オカヨシガモ おかよしがも オキキリムイ おききりむい 沖田総司 おきたそうじ オキナインコ おきないんこ オキナチョウ おきなちょう 沖縄県 おきなわけん 小木ノ城 おぎのじょう 沖の太夫 おきのたゆう 沖松島 おきまつしま オグオカモメ おぐおかもめ 奥尻島 おくしりとう 奥多摩号 おくたまごう 奥利根号 おくとねごう 奥新川 おくにっかわ 奥浜名湖 おくはまなこ 奥山津見神 おくやまつみ 巨椋の池 おぐらのいけ 小栗旬 おぐりしゅん 小車岳 おぐるまだけ オグロインコ おぐろいんこ オグロカモメ おぐろかもめ オグロクイナ おぐろくいな オグロセッカ おぐろせっか オグロツバメ おぐろつばめ オグロメジロ おぐろめじろ 置戸町 おけとちょう オコタンペ湖 おこたんぺこ お好み焼き おこのみやき 長地鎮 おさちしずめ オサヨコバイ おさよこばい オシドリ属 おしどりぞく 押抜鼻 おしぬきばな 御忍び駕籠 おしのびかご 渡島砂原 おしまさわら 渡島国 おしまのくに 長万部 おしゃまんべ オシュコシュ おしゅこしゅ オシュンマレ おしゅんまれ オジロツグミ おじろつぐみ オジロツバメ おじろつばめ オジロノスリ おじろのすり オジロビタキ おじろびたき オジロヨタカ おじろよたか 織田家重 おだいえしげ オタスケマン おたすけまん オタテドリ科 おたてどりか 御館の乱 おたてのらん 織田信興 おだのぶおき 織田信賢 おだのぶかた 織田信勝 おだのぶかつ 織田信包 おだのぶかね 織田信清 おだのぶきよ 織田信孝 おだのぶたか 織田信忠 おだのぶただ 織田信友 おだのぶとも 織田信長 おだのぶなが 織田信治 おだのぶはる 織田信秀 おだのぶひで 落合川 おちあいがわ 御茶ノ水 おちゃのみず オットロット おっとろっと 音威子府 おといねっぷ オドゥドゥア おどぅどぅあ 弟島 おとうとじま オトガイ筋 おとがいきん オトガイ隙 おとがいげき 御伽草子 おとぎぞうし オトギリソウ おとぎりそう 乙子狭姫 おとごさひめ 男塾 おとこじゅく 乙部町 おとべちょう オトメインコ おとめいんこ 踊り子号 おどりこごう 音羽町 おとわちょう オナガアカネ おながあかね オナガアゲハ おながあげは オナガウズラ おながうずら オナガシジミ おながしじみ オナガシトド おながしとど オナガセッカ おながせっか オナガヨタカ おながよたか 御納戸色 おなんどいろ 御納戸茶 おなんどちゃ オニアオサギ おにあおさぎ オニアジサシ おにあじさし オニアリモズ おにありもず オニウデムシ おにうでむし オニオオハシ おにおおはし オニオオバン おにおおばん オニカッコウ おにかっこう オニキバシリ おにきばしり オニクワガタ おにくわがた オニサルビア おにさるびあ オニハタオリ おにはたおり オニバンケン おにばんけん オニボウフラ おにぼうふら オニヤンマ科 おにやんまか 尾上の松 おのえのまつ 雄信内 おのっぷない 小野新町 おのにいまち 小野妹子 おののいもこ 小野本町 おのほんまち オパール色 おぱあるいろ オバシギ属 おばしぎぞく オバタリアン おばたりあん 尾花沢市 おばなざわし お花茶屋 おはなぢゃや 御花畑 おはなばたけ オビオノスリ おびおのすり オビオヨタカ おびおよたか オビキジラミ おびきじらみ オビキンバエ おびきんばえ おひさま号 おひさまごう オビジムカデ おびじむかで オビヤマシギ おびやましぎ 小平町 おびらちょう オビロヨタカ おびろよたか オブトサソリ おぶとさそり 飯富虎昌 おぶとらまさ オフブラック おふぶらっく オフホワイト おふほわいと オフローダー おふろおだあ 御前崎市 おまえざきし おむすびまん おむすびまん オム焼きそば おむやきそば お召し納戸 おめしなんど オメシワトル おめしわとる オメテオトル おめておとる オメテクトリ おめてくとり 面影橋 おもかげばし オランジーナ おらんじいな オランダ号 おらんだごう オリイコゲラ おりいこげら オリイヒタキ おりいひたき オリーブ色 おりいぶいろ オリーブトキ おりいぶとき オリーブバト おりいぶばと オリーブヒワ おりいぶひわ オリオンバス おりおんばす 下立口 おりたてぐち オリノコガン おりのこがん おりひめバス おりひめばす オリファント おりふぁんと 折生迫 おりゅうざこ オリンピア紀 おりんぴあき オルガ・イツカ おるがいつか オルフェウス おるふぇうす オルフェンズ おるふぇんず オレンジーナ おれんじいな オレンジ色 おれんじいろ オレンジウソ おれんじうそ オレンジバト おれんじばと オロドゥマレ おろどぅまれ オロルソファ おろるそふぁ 尾張旭 おわりあさひ 尾張国 おわりのくに 蔭位の制 おんいのせい 温泉藻 おんせんそう オンブバッタ おんぶばった 陰陽師 おんみょうじ• その後、このDr. 【議会】• Simonsが発表した筋筋膜性疼痛症候群の特徴であるトリガーポイントの識別基準の日本語要約は以下の通り。 (-ぼんち)【米国】• (とうせいちん)【台湾】• (-おうこく)【インドネシア】• (とうのむら)【曖昧さ回避】• (とうめいど)• (とういんこうとうがっこう)【曖昧】• (とうおうぎじゅくこうとうがっこう)【私学】• (とういほうかん)【書籍】• (とうえいきょうとさつえいじょ)• (とうちく)【曖昧さ回避】• (とぅーすぱいしー)【ゲーム】• (とうにちせいさくじょ)【企業】• (あわじこうとうがっこう)【曖昧さ回避】• (とうなんしょくぶつらくえん)【沖縄県】• 【廃駅】• (あわおどり)• 【徳島県の河川】• (とうあまる)【曖昧】• (あわせていっぽん)【漫画】• (とういこうぶん)• (とうなんし)【中国】•。

次の

【コトダマン攻略】新日コラボのプロレスワード&困ったときのおすすめワードまとめ

きんきん ま くせ いとう つう しょう こう ぐん

椎間板ヘルニアなど神経根障害との誤診に対する警告 [ ] 筋筋膜性疼痛症候群の痛みは、他の多くの病気とされることがある。 (あわおきかいせん)【】• (あわしりつやはたしょうがっこう)• (あこがれのおとなり)【短編映画】• MPSの圧痛点が限局しているのに対しFMSは複数で全身性である。 (あわやかつひさ)【戦国武将】• (あこうしりつれきしはくぶつかん)• (患者による筋筋膜性疼痛症候群に関する治療経験)• 【ブルガリア】• 【映画】• (とうえんし)【台湾】• エッグマン(セガワード)を追加しました。 【アルバム】• (とういつむじだい)• Travellによって紹介され、それが標準的な治療方法となっている。 (とうあどうぶんしょいんだいがく)【旧制】• (あこがれきょうどうたい)【テレビドラマ】• 』 風雲舎、2009年、• (あわじちょうえき)【丸ノ内線】• (あこううんかやき)【陶器】• (とうそうはちたいか)【文人】• 【曖昧さ回避】• 【楽曲】• (あわたぐちひさくに)【刀工】• (あこぎようこ)【サッカー選手】• 参考文献 [ ]• (あごんきりやまはいぜんにほんはやごおーぷんせん)【囲碁の棋戦】• (あこがれうつくしくもえ)【映画】• (あわやもととよ)【】• 【楽曲】• (どうてき-げんご)• (とうあ)【曖昧】• (とうつねより)【武将】• (あわいじんじゃ)【香川県の神社】• (あごんのほしまつり)【京都府の祭り】• (とうすいじ)【長野県】• (あごんしゅうほんざん)【阿含宗】• (とうらいふ)【朝鮮】• 【イタリアの町】• (どうおうじどうしゃどう)【】• (とうおくきょう)【台湾】• (あこうしりつあこうちゅうがっこう)• (とうあしゅぞう)【企業】• (どうみょうちょう)【名古屋市】• 【シンクタンク】• 【ボスニア・ヘルツェゴビナの都市】• (あこうしりつあこうしょうがっこう)• (あわちょう)【徳島県阿波市】• (トリガーポイントに重点を置いた日本語による解説)• (とうせんじんじゃ)【】• (あごおんせん)【】 あこか [ ]• 【アルバム】• (あわしりつひさかつしょうがっこう)• 【コムーネ】• (とうせいえき)【台湾】• (とうねんぜねらるせきゆ) とうの [ ]• ケネディー大統領はと診断をされて、ヘルニアに対する手術をしたが、症状が改善せず、続いて脊椎固定手術をして更に症状が悪化。

次の

【コトダマン】6文字 言葉一覧

きんきん ま くせ いとう つう しょう こう ぐん

Janet G. 【ロシアの都市】• 【の楽曲】• (とうえいまんがまつり)• (とうせんいん)【岩手県の寺】• (とうまんじゅう) とうみ [ ]• (とうだいじよこえのしょうしょうかあと)【石川県】• (とうつう)【企業】• (とうえいこうにんすずむらけんいちかみやひろしのかめんらじれんじゃー)【ラジオ】• 【麺料理】• (あごずし)【駅弁】• (あごうきよひこ)【古代史家】• (とううか)【陸上選手】• (あわじごしきけーぶるてれび) あわしさ [ ]• (とうのはまえき)【土佐くろしお鉄道】• (あこうじょうだんぜつ)【】• (あわしせきこうえん)【徳島県の公園】 あわした [ ]• (とうあけんきゅうじょ)【財団法人】• (とうあ-)【企業】• Janet G. (どうてきいにんはっけんシステム)• (あわじしまてれびじょん)• (あこうあいおいちくてれびちゅうけいきょく)• 一方で、筋筋膜性疼痛症候群の診断基準は圧痛点が1か所以上に見られる事という基準であり、筋筋膜性疼痛症候群の全身症状が線維筋痛症であると考えられている。 圧痛点の中で物理的に力を加えると周辺部まで強い痛みを感じさせる圧痛点を特に(発痛点)と呼ぶ。 。 。 。

次の

【コトダマン】6文字 言葉一覧

きんきん ま くせ いとう つう しょう こう ぐん

。 。 。 。 。

次の

Wikipedia:索引 とう

きんきん ま くせ いとう つう しょう こう ぐん

。 。 。 。 。 。 。

次の

単語「く」

きんきん ま くせ いとう つう しょう こう ぐん

。 。 。 。 。 。

次の