あな かん むり 規。 部首が「あなかんむり」の漢字一覧

和漢朗詠集

あな かん むり 規

故に旧小邦を挙げて之を民権家民主家に与へん。 故に学士をして王安石の新法を論ぜしめば必ず曰はん、『是れ固より然らざることを得ずして然り』と。 幸にして僕は明に他の衆人が必ず此神の仁心に依頼せざることを知るなり」 洋学紳士曰く、「欧洲学士戦争を非とする者皆曰く『進撃は義に反するも防禦は義に合す』と。 紳士君試に倫敦(ロンドン)、巴勒(パリ)、伯林(ベルリン)、伯徳武児屈(ペテルブルク)に遊び力を竭して君の高論を唱道せん乎、彼国新聞記者は或は其雑報欄中に於て戲れに之を掲げん。 fエ:エi. 彼の帝王は一国の所有者にして国士(=国民)の員に非ざるが故に、其民の血を灌(そそ)ぎ其民の財を糜(び)することは帝王の意に於て少も恤(うれ)ふる所に非ず』 「何ぞや、両軍既に接して礟彈(はうだん)交々死を放ち銃丸互に創を送り肝脳地に塗(まみ)れ膏血野を潤ほすの時に於て、彼の帝王は或は苑中に在りて游猟し或は宮裡に居りて宴飲して略ぼ平日と異なることなし。 驪山宮賦 白居易 せんほうのとりのみちはばいうをふくみ、 ごげつのせみのこゑはばくしうをおくる、 千峯(せんほう)の鳥(とり)の路(みち)は梅雨(ばいう)を含(ふく)み、 五月(ごげつ)の蝉(せみ)の声(こゑ)は麦秋(ばくしう)を送(おく)る、 千峯鳥路含梅雨。 会異気而終混。

次の

ホームページの作り方

あな かん むり 規

経云乃至童子戯聚沙為仏塔詩序也 慶滋保胤 ごくらくのたふときをおもふいちや、 さんげつまさにまどかなり、 かうきよくのくわいにさきだつことさんてう、 とうくわおちなんとほつす、 極薬(ごくらく)の尊(たふと)きを念(おも)ふ一夜(いちや)、 山月(さんげつ)正(まさ)に円(まど)かなり、 勾曲(かうきよく)の会(くわい)に先(さき)だつこと三朝(さんてう)、 洞花(とうくわ)落(お)ちなんと欲(ほつ)す、 念極楽之尊一夜。 「然れども深く英国の政を察する時は名は立君と曰ふと雖も実は民主国と甚だ相異なることなくして、君主拠有する所の二三特権を除非する時は其民主国の大統領に異なる所は唯世々相承くるの一事有るのみ。 春浅帯軽寒 菅原道真 万葉 きのふこそとしはくれしかはるがすみ かすがのやまにはやたちにけり 柿本人麿 古今 はるがすみたてるやいづこみよしのの よしのの山にゆきはふりつつ 山部赤人 家集 あさひさすみねのしらゆきむらぎえて はるのかすみはたなびきにけり 平兼盛 雨(あめ) あるひははなのもとにたれて、ひそかにぼくしがかなしみをます、 ときにびんのあひだにまひ、あんにはんらうのおもひをうごかす、 或(あるひ)は花(はな)の下(もと)に垂(た)れて、潛(ひそ)かに墨子(ぼくし)が悲(かな)しみを増(ま)す、 時(とき)に鬢(びん)の間(あひだ)に舞(ま)ひ、暗(あん)に潘郎(はんらう)の思(おも)ひを動(うご)かす、 或垂花下。 火見臘夫春 菅原文時 このひはまさにはなのきをきつてとれるなるべし、 むかひきたればよもすがらはるのこころあり、 この火(ひ)はまさに花(はな)の樹(き)を鑚(き)つて取(と)れるなるべし、 対(むか)ひ来(きた)れば夜(よ)もすがら春(はる)の情(こころ)あり、 此火応鑚花樹取。 政事家は尤も知らざる可らず。 隠逸優遊。

次の

部首が「うかんむり」の漢字一覧

あな かん むり 規

剰見金陵一月花。 商声清脆管絃秋。 その紅い思想を脱ぎ捨てろよ。 暮春遊覧賦序 紀斉名 はなのあひだにともをもとむればうぐいすことばをまじへ、 ほらのうちにいへをうつせばつるとなりをぼくす、 花(はな)の間(あひだ)に友(とも)を覓(もと)むれば鴬(うぐいす)語(ことば)を交(まじ)へ、 洞(ほら)の裏(うち)に家(いへ)を移(うつ)せば鶴(つる)隣(となり)を卜(ぼく)す、 花間覓友鴬交語。 暴走しまくってる。 但僕の願ふ所は我衆一兵を持せず一弾を帯びず従容として曰はんのみ、 『吾儕未だ礼を公等に失ふこと有らず。 みなさんの賢明なる判断を期待しています。

次の

京都の観光スポット

あな かん むり 規

登江州清輝楼 劉禹錫 しごだのやまはあめによそほへるいろ、 りやうさんかうのがんはくもにてんずるこゑ、 四五朶(しごだ)の山(やま)は雨(あめ)に粧(よそほ)へる色(いろ)、 両三行(りやうさんかう)の雁(がん)は雲(くも)に点(てん)ずる声(こゑ) 四五朶山粧雨色。 自民党寄りで小泉首相に近かった奥田碩前会長から、「健全な2大政党が理想的」と語る 御手洗冨士夫新会長に交代したことをきっかけに、関係強化を期待する。 「試に看よ。 同法によって、派遣労働者は三年間で倍増し、現在二百十三万人に達しています。 其妻は陰(ひそか)に哂(わら)ふて云ふ、『何ぞ吾良人の頑戇(がんたう=頑愚)にして時風に通ぜざるや』と。 合浦応迷旧日珠。

次の

京都の観光スポット

あな かん むり 規

滴似鮫人眼泣珠。 夜雲収尽月行遅。 お願いします。 参政の権なり財産私有の権なり事業を択びて操作するの権なり奉教自由の権なり。 濃艶臨兮波変色。

次の

SBI証券|株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA

あな かん むり 規

「即ち兇暴人有りて敢て害を汝の身に加ふる時は、彼の法律は速に懲罰して汝をして自ら慰むることを得せしむ。 巴峡秋深。 恨唯有紅顔之賓。 応言四楽不言三。 我れ何ぞ与り知らん」 豪傑の客曰く、「然ば則ち若し兇暴の国有りて、我れの兵備を撤するに乗じ兵を遣はし来りて襲ふ時は之を如何」 洋学紳士曰く、「僕は断じて此の如き兇暴国の有ること無きを知る。

次の

常用漢字の主な表外読み

あな かん むり 規

「専制国の事物は皆酵母無き酒なり皆槽底の沈澱物なり。 其実辞(じつじ)に在りては肝脳(かんなう)、鮮血、頭足等の字面は用ひて以て詞句を瑰麗(くわいれい=華麗)にする所なり。 この国は終ってる。 洋学紳士曰く、「然り。 何となれば物理学や物化学や動植の学や算数の学や、其効力を把来りて之を工業実地の際に応用し時間を省き体力を倹して其得る所の貨物多くして且つ精なること、大に手指の直に作為する所に勝る。

次の