鬼怒川 水位 川島。 鬼怒川氾濫警戒情報(2019年10月13日 00:10)

鬼怒川氾濫警戒情報(2019年10月13日 00:10)

鬼怒川 水位 川島

水力ドットコム 東京電力鬼怒川発電所 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 青柳大橋(栃木県道23号川俣温泉川治線 バイパス)• 野門橋(栃木県道23号川俣温泉川治線)• 鬼怒橋• 11日10時から11日13時までの、鬼怒川上流域 の流域平均雨量は、5ミリ の見込みです。 03m レベル0 状況 10月13日 00:40 0. (27年)にはから変わった温帯低気圧の豪雨で増水し、上流のでは川に面した温泉ホテルの一部が崩落、下流のでは数か所で、越流し、市街地が広範囲にわたり浸水した。 鬼怒川氾濫危険情報 鬼怒川洪水予報 第7号 洪水警報 2019年10月13日午前5時30分 下館河川事務所 宇都宮地方気象台 水戸地方気象台 共同発表 【警戒レベル4相当情報[洪水]】鬼怒川では、当分の間、氾濫危険水位を超える水位が続く見込み 【主文】 石井(右)水位観測所 【警戒レベル2相当】鬼怒川の石井(右)水位観測所(宇都宮市)では、当分の間、「氾濫注意水位」を超える水位が続く見込みです。 0 08:00 -2. 68m レベル0 石井(右)(宇都宮市) 状況 10月12日 22:40 2. 40m 避難判断水位 2. 18m 09時 -3. 黄金橋• 20m程度 水位危険度レベル3 (4)鬼怒川水海道水位観測所 茨城県常総市水海道本町 で5. 宮岡橋()• 6 水源 (栃木県) 水源の標高 2,040m 河口・合流先 (茨城県) 流域 ・ 鬼怒川(きぬがわ)は、東部をからへと流れに合流するである。 0 0. 81m レベル2 川島(筑西市) 状況 10月12日 22:40 1. 0 15:00 -3. 鬼怒川中流部は中小の白い石が目立つ広い、かつてのの中をゆったりと流れ、土手沿いにはや、などがあってされており草深い。

次の

川島リアルタイム水位情報(茨城県

鬼怒川 水位 川島

鬼怒川橋梁()• 0 3. 「鬼怒川」『日本歴史地名大系 9 栃木県の地名』 平凡社、1982年• 09m 水位危険度レベル1 上昇中 降雨と水位予想 この雨は今後次第に弱まるでしょう。 また、塩谷町から宇都宮市にかけては多雨期に増水する鬼怒川の豊富な水量を別つため、放水路と用水路の役割を有する西鬼怒川に分流される。 10m はん濫注意水位(警戒水位)1. 小山市、結城市、筑西市、下妻市、結城郡八千代町、常総市、古河市、つくば市では、鬼怒川の堤防決壊等による氾濫により、浸水するおそれがあります。 艦名は当河川に由来する。 768年(神護景雲2年)、鬼怒川筋での流路付け替えの記録が残されている。

次の

指定河川洪水予報=下館河川事務所 宇都宮地方気象台 水戸地方気象台 共同発表|全国のニュース|京都新聞

鬼怒川 水位 川島

鬼怒川水管橋(水管橋)• 15m程度と見込まれます。 0 05:00 -2. 0 16:00 -2. 2019年10月13日 00時10分• 一般的には1年間に5~10回程度の発生頻度です。 0 20. 栃木県 鬼怒水道事務所 公式ホームページ• 72m 17時 -2. (8年) - 五十里大洪水• 会津西街道を通行止めにしていた五十里湖はその後(8年)の大雨で決壊し、死者1200人を出す土石流となり、宇都宮近辺まで被害が及んだ。 茨城県. 65m レベル0 参考情報 水位観測所 レベル 水位 受け待ち区間 はん濫時の浸水想定区域 佐貫(下)(塩谷郡塩谷町) レベル1 水防団待機 1. 川俣大橋()• 阿久津大橋()• 名称 [ ] 鬼怒川は、古く『』には「毛野河」と見え、各郡の境界を成す旨が記されている。 (14年)7月 - 台風6号による豪雨で洪水• 0 0. 0 3. 54m レベル0 状況 10月13日 02:30 0. 滝見橋• 65m 16時 -2. 0 05:00 -3. 参考資料 佐貫(下)水位観測所 (鬼怒川受け持ち区間 左岸 栃木県塩谷町から栃木県高根沢町、 右岸 栃木県宇都宮市から栃木県河内町) はん濫危険水位 3. - 国土交通省河川局• 鬼怒川水系の豊富で上質な水はの県都ほか諸都市の水源となっており、、として利用され、市民の都市生活および流域の米産やほか農業や工業にも広く利用されている。 時には付近まで入り江が湾入し(常陸川、飯沼川へも同様)、につながる古鬼怒湾()を形成した。

次の

鬼怒川氾濫警戒情報(2019年10月13日 00:10)

鬼怒川 水位 川島

40m はん濫注意水位(警戒水位)2. 外部リンク [ ]• 50m レベル3 避難判断 4. 07m 11時 -3. 鬼怒川の上流部は火山地帯で、深い山間の渓谷を流れる。 鬼怒川の水位は、11日13時頃には、 次のとおりと見込まれます。 0 07:00 -2. 0 12:00 -3. 04m 22時 -3. には漁で賑わい、川面には個人の釣り人がする姿や、で遊ぶ観光客の姿が夏のとなっている。 95m レベル3 状況 10月13日 00:30 2. 0 19. 30m 避難判断水位 2. 蓼沼橋• 古川電気工業株式会社公式ホームページ 会社案内 沿革• 30m レベル3 避難判断 2. 日本土木学会 関東支部栃木会 栃木県の土木遺産 鬼怒川橋梁上り線(東北本線)• 洪水に関する情報に注意して下さい。 50m 過去の情報• 竹の上橋(栃木県道23号川俣温泉川治線)• 地理 [ ] 内にあるの()に源を発し、、、を合わせ、南端、との境界部、と宇都宮市の境界部、宇都宮市東部、東部、上三川町との境界部、真岡市西部、東南端、真岡市との境界部を流れと合流し、との県境を成して茨城県に入り、筑西市との境界部、との境界部、下妻市南西部、、常総市との境界部、を流れ、茨城県との境界部に達し、茨城県守谷市と千葉県、同の境界部でとする。 0 04:00 -2. 大道泉橋()• 0 24:00 -2. 上平橋()• また『』2年()条には、古来「毛野川」はとの境界を成すと見える。 地区と地区を結ぶ。

次の

指定河川洪水予報=下館河川事務所 宇都宮地方気象台 水戸地方気象台 共同発表|全国のニュース|佐賀新聞LiVE

鬼怒川 水位 川島

0 20. 市町村からの避難情報を確認するとともに、各自安全確保を図るなど、適切な防災行動をとって下さい。 10m レベル3 避難判断 1. (明治23年) - 洪水• 31m レベル0 状況 10月13日 01:40 0. 0 0. 大形橋()• (昭和57年)9月 - 台風に伴うの活発化による豪雨で洪水• ただし『茨城県の地名』(平凡社)「鬼怒川・小貝川」項では、江戸時代の史料(寺田家文書)に「新鬼怒川堀割、寛永元甲子年也」とあるとする。 37m レベル0 状況 10月12日 23:40 -0. 0 03:00 -2. 43m 川島水位観測所 (鬼怒川受け持ち区間 左右岸 茨城県筑西市から茨城県常総市) はん濫危険水位 3. 滝下橋() 鬼怒川の画像 [ ]• 07m レベル1 川島(筑西市) 状況 10月12日 23:30 1. (3年) - 洪水• 0 0. 第二鬼怒川橋梁()• 浜子橋• 時代に編纂された『』では「絹川」とされるほか、『』には「衣川」と見えるように、「きぬがわ」はかつて「衣川」「絹川」と表記されていた。 特に中小河川や上流域では、豪雨時に急激な水位上昇が起きますので注意が必要です。 鬼怒川は約3万年前は高見沢・協和台地・桜川・霞ヶ浦(西浦)を通る流路で太平洋に至る河谷を作った。 45m程度 水位危険度レベル1 (3)川島水位観測所 茨城県筑西市下川島 で2. 34mの水位上昇を記録しています。 80m 鬼怒川水海道(常総市) レベル1 水防団待機 1. 戸中大橋(栃木県道23号川俣温泉川治線)• 玉台橋()• (明治35年) - 洪水• 新鬼怒川橋(国道125号)• 0 02:00 -2. 0 0. 0 19. 栃木県鬼怒川漁業協同組合公式ホームページ• 0 23:00 -2. 08m 24時 -3. 81m レベル1 状況 10月12日 23:40 1. の5番艦。

次の

鬼怒川 川島水位局の水位情報

鬼怒川 水位 川島

鬼怒川橋()• 鬼怒川橋(旧道)• 水害の歴史 [ ]• むささび橋(吊橋)• 気象条件や堤防の決壊の状況によっては、この地区以外でもはん濫による浸水がおこる可能性があります。 しかし当時未治水であり、夏季に雷を伴い激しく降雨する栃木県北部山間部を水源とする鬼怒川は幾度となく大水となり、その激流は橋脚を傷め、(明治23年)の降雨の際には橋脚が傾斜し修繕にかかる経費と時間が莫大なものとなったことをきっかけとし、東西両鬼怒川が合流し流路帯が狭くなった箇所に線路を移設することとなり、(明治30年)より宇都宮を出て直ぐに北東に曲がる現在の経路での営業運転に切り替えられた。 50m 水防団待機水位 1. 41m レベル0 石井(右)(宇都宮市) 状況 10月12日 23:30 2. が進んだ結果、約2万年前から龍ケ崎の南を通りと合流する現在に近い流路となり同じく太平洋へ至る長く深い河谷を形成した。 新鬼怒橋()• 一方の・は元は(現在の)に注いだが、江戸時代初期に瀬替え()させ、鬼怒川水系の常陸川へつなぎ、元来の鬼怒川下流河道(香取海)には利根川・渡良瀬川の水も流れることとなった。 24m レベル2 状況 10月13日 00:40 2. 中世頃まで香取海は完全には淡水化せず、鬼怒川河口は現在のから柴崎付近だった。

次の