ドコモ 携帯 保証 サービス。 ケータイ補償サービス

ドコモのケータイ補償サービスって本当に必要なの?いますぐ見直した方が良い理由とは

ドコモ 携帯 保証 サービス

例えば、Galaxy S3を利用していて故障によりケータイ補償を利用した場合、在庫切れでGalaxy S4に交換になる、というようなケースもあり得るわけです。 端的に言ってしまえば、1万円だけであれば、10回画面割れしてもタダで修理できるってことです笑 また金銭的にもやっぱりお得だと思いますね。 。 iPhoneの場合は修理できる店舗が少ない為、修理できない場合は交換電話機の提供になる可能性もあります。 新しいスマホを買うよりは、断然お得ですよね? docomoのケータイ補償のリフレッシュ品は翌日に届いた! 僕の場合、ケータイ補償をお願いした時間が昼くらいだった事もあってか、翌日の朝にはあたらしいスマホが届きました。 ドコモのケータイ補償サービスは、 「ケータイ補償お届けサービス」という名称で2006年に開始されました。

次の

ドコモのケータイ補償サービスってiPhoneに必要?画面割れならおすすめあります。

ドコモ 携帯 保証 サービス

例えば私、iPhone SEを画面割れさせてしまったとしましょう。 「ドコモユーザーでケータイ補償サービスの内容について知りたい」「ケータイ補償サービスに入るべきか迷っている」という方はぜひ参考にして下さい。 ここで注意ですが、ケータイ補償の申請は"バッテリー消耗が激しい 電池の減りが早い "という理由では受け付けてもらえません! なのでバッテリー消耗が原因で申請する場合は、 "勝手に電源が落ちる"とかの別の理由を伝えるのがいいと思います。 「ケータイ補償サービスには入るべきか?」「iPhoneの場合、ケータイ補償サービスとApple Care+はどっちがいいの?」に対する画一的な答え、正しい正解はこの世にありません。 comのレビューを確認し「P-01G」にすることに決めました。

次の

ケータイ補償を解約する

ドコモ 携帯 保証 サービス

交換よりも修理の方で済むのであれば絶対的に安いですね。 たとえばタッチ不良、液晶破損だとそれぞれ1000円+となるので、もし両方とも修理するとしても 6800円。 また、利用回数制限は 1年間に2回までです。 ダウンロードが完了すると、リフレッシュ品はトラブル品のコピーとして完全に機能します。 つまり「リフレッシュ品」への交換のみとなります。 それは、消費者が端末を故障し新たな端末を購入しなければいけない時の価格と、ドコモが提供するリフレッシュ品を用意するコストに差があることです。

次の

ケータイ補償サービス for iPhone & iPad(2019年5月31日までのお申込み)

ドコモ 携帯 保証 サービス

負担金は支払っている月額料金によって異なり、 交換の場合は5,000~8,000円、修理の場合は3,000円です。 機種 月額料金 サービス利用料(交換費用) ドコモ ケータイ 330円コース 5,000円 スマホ・タブレット 500円コース 7,500円 750円コース 11,000円 1000円コース Androidスマホは基本的に500円コースなので、サービス利用料は7,500円になります。 「全損」なので画面割れ程度では対応してくれません。 ドコモオンランショップについては以下の記事で解説しています。 紛失・盗難の際は、送り返す端末がないので、端末の返送は不要です。 000円 0円 その他修理 59. もちろん望んで別機種にしてもらうことはできませんが、偶発的な幸運、しかも年数を経れば経るほど可能性の上がる幸運としてとらえることはできます。

次の

ドコモリフレッシュ品のiPhone在庫ない時、機種や料金どうなる?

ドコモ 携帯 保証 サービス

また、ドコモショップでの手続きの場合、もし同一機種の在庫があればその場で交換してくれます。 ドコモショップで修理不能であることを確認する 水没・全損などの場合はスマホをドコモショップに持ち込んで修理不能であると判断してもらう必要があります。 ですが、仮に水濡れ反応があったり、全損、腐食があれば修理されずに戻ってきますので、そのときは「機種変更」をするか、「ケータイ補償サービス(交換電話機のお届け)」を利用するしかありません。 18か月目くらい。 よりシンプルになって、サービス内容自体も少し改良されて再登場です。 000円 0円 このようになります。

次の

ドコモのケータイ補償サービスって何?利用料から解約(キャンセル)方法まで解説するよ

ドコモ 携帯 保証 サービス

さらにリフレッシュ品への交換でプラス7500円、合計18,300円かかっていることになります。 ドコモが提供している「ケータイ補償サービス」は、カタログや公式サイトに説明が載っていますが、内容が複雑でとても分かりづらいです。 代替機を借りて、手続きして、送って、という時間を考えると、相当時間の節約になると思います! 更に、この時かかったお金はすべてモバイル保険に請求することができます。 負担金・年間利用制限がある ケータイ補償サービスを利用する場合、負担金と1年あたりの利用回数制限があるので注意してください。 また今月は多くの機種が安く、一括でも買えるものも増えました。 しかしこの数字はあくまでも1年後・2年後ちょうどという条件です。 交換電話機の提供について• 万が一の紛失・破損などでスマホが使えなくなってしまった時 ましてそれが購入直後だったりすると かなり大きな損害となってしまいます。

次の