たか を くくる。 「高を括る(たかをくくる)」 の由来と語源

たかをくくるの意味!語源と使い方を分かりやすく紹介!

たか を くくる

。 「看」は「見る」という意味の文字で、「小看」は小さく見積もる、「看不起」は(本質を)見ようとしない、というニュアンスです。 ともあれ、鷹狩りの心得から「鷹を括る」という警句ができたのではないか。 「自分がたかをくくっていなければ、こんな結果にはならなかっただろう」• これだけであれば、単に高を括る(たかをくくる)の意味は「予想する」の範疇に納まりそうですが、もちろん実戦となれば相手の石高だけでその兵力を測れるものではありません。 事前に予測を行う際に、「高を括る」と言う場合には、ただ単に相手を下に見ているという意味しか持ちません。 「それは部長の買いかぶりです」「私が買いかぶっているだけかもしれません」などと使い、謙遜や懸念の気持ちを表すときに使う言葉です。

次の

「高を括る(たかをくくる)」 の由来と語源

たか を くくる

でも、あらためて考えてみると「たか」も「くくる」も何を表しているのかわからない・・・。 自分の才能や技術を無駄にすることが多くなると、時の流れと共に陳腐化して、いざ活用しようとしたときには、自己の才能や技術が通用しない事態を招くことがあります。 つまり、高を括る(たかをくくる)ことで兵力を予想して、それを頼りに戦いに挑むというのは無謀なことなのです。 ことばに関して権威があると目される人なり発行者なりが発表した場合、それを信じやすい。 たかをくくる、という言葉を聞く場面には色々あります。 油断すること。 お互いに気心が合う 「気心」とは、持って生まれた性格や考え方、感性を意味しています。

次の

たかをくくるの意味と語源とは

たか を くくる

【例文】• 「たかをくくる」の語源・由来 「たかをくくる」の語源は米の生産量 「たかをくくる」の語源は日本にあります。 特に、自分が興味を抱かない物事には、安易に軽々しく扱うことが多々あります。 宿題や仕事で「あと2日あれば終わる」と放っておき、 いざ取り掛かると、とても終わる気配がない状態の時に使われる言葉です。 一方、人生を歩んでいく過程で、直面する物事に向き合わずに逃げることを繰り返していると、物事の本質を観る観察眼が身に付きません。 多くの場合、語源には諸説あるものだが、この句に関しては、判で押したように同じ説明しかみつからない。 の味のある歌唱が印象的です。 魚の大好きな猫は、本来であれば、魚を見つけるなり飛びついて食べるはずなのに、全く無視される魚の様子を表しています。

次の

「たかをくくる」の意味とは?類語や使い方も解説(例文あり)

たか を くくる

石という単位は重量単位ではあるが、米の体積を表すものとして代用された. 日本人にとって、長い歴史の中で培われた諺は、人生を切り拓くための「サプリメント」とも言えます。 たかをくくることは、物事の本質を観ずに表面だけを見て安易に判断してしまい、後悔する結果を招くことを意味します。 「高を括る」の意味を詳しく 「高を括る」とは、 相手の力量や物事の程度を予想すること、また大したものではないと甘く見ることを意味することわざです。 そんなもの知ったところで敵兵力がわかるわけないでしょう。 王道の使い方と言えるでしょう。

次の

たかをくくる(高を括る)

たか を くくる

石高が高いほど、実力があるということになりますね。 どうせ相手チームはこの程度の実力だろうと、たかをくくったのが間違いだった。 本当かどうかは、あなた自身の頭で考え調べて、ご判断ください。 つまり 「高を括る」は、 「石高のよって相手の戦力を総括すること」を言います。 「たかをくくる」の類語は何だろう? 相手の大きさを知らなければ戦法も練れません。

次の

「多寡」とは?意味や使い方をご紹介

たか を くくる

作業への無気力感が生じると集中力が欠けてきて、ミスを起こしたりするものです。 仕事の場面では、競争相手の会社とシノギを削っている中で、自社の競争戦略が功を奏して期待通りの結果を出せたとき、「思惑通りに事が進んだ」と言います。 たかをくくるの意味 「たか」は、生産高、数量を意味します。 縊死 いし する。 「石高」の高さが大名の格式を表わしているとされていました。 「括る」とは、物事を1つにまとめて区切りをつけるという意味を持ちます。

次の