A1 シティ カーバー。 アウディA1シティカーバー 内外装、スポーツバックとの違いは 悪路走行を想起

初テスト アウディA1シティカーバー アウディ製コンパクトSUVの実用性を検証

a1 シティ カーバー

エンジンは1. 販売は1. エクステリアはアウディのブランドデザインを引き継ぎますが、 インテリアは航空機をモチーフとし、エアコン吹出口にタービンをイメージしたデザインを採用。 「アウディバーチャルコックピット」や「MMIナビゲーション」がオプションで選択できる。 ダイナミックパッケージを選択すると、最大18インチのホイールを装着することができます。 ナビゲーションの目的地は、フリーテキスト検索で素早く見つけることができる。 アウディA1スポーツバックのボディカラーは全10色から選択可能! 新型アウディA1スポーツバックのボディカラー アウディA1スポーツバックでは、ボディカラーが全10色、インテリアカラーが全3種類用意されています。

次の

アウディA1シティカーバー SUV風に車高アップで快適性もアップ

a1 シティ カーバー

25型のカラー液晶フルデジタルディスプレイに多彩な情報を詰め込んだAudi virtual cockpit。 内装を見てみよう。 また、MMIナビゲーションプラスでは、Google Earthによるナビゲーション、オンライン交通情報&駐車情報、ハイブリッドラジオ、Wi-Fiホットスポットなどの機能が利用できる。 ホイールアーチのクラッディングも定番の加飾だ。 車高は嵩上げされ、最低地上高はおよそ5cm高まる。

次の

アウトドア・ファッションをA1に 新型 アウディA1シティカーバーに試乗

a1 シティ カーバー

AUTOCARの本拠地がある英国では、9月からオーダー可能。 ブラックスタイリングパッケージでは、ボディ下部のアタッチメントが、グレーを基調として、ディープブラックのステンレススチールペイントで仕上げられる。 さらに、Sラインパッケージではルーフエッジスポイラーや、さらに大径なホイールが装着され、ダイナミックな走りのイメージが高められている。 ブラックスタイリングパッケージを選択すると、ボディのロワーセクションにアタッチメントが標準装備されます。 5kgmを発揮します。 パワートレインは1. 日本導入がいつになるかは不明です。

次の

アウディA1シティカーバー 内外装、スポーツバックとの違いは 悪路走行を想起(AUTOCAR JAPAN)

a1 シティ カーバー

アウディプレセンスフロント 先進運転支援システム(ADAS)は、上級車譲りとなる。 ダイナミックウインカー付きフルLEDヘッドライトや、標準装備、オプション装備についても、A1 スポーツバックと同様の構成になっています。 デジタル世界を体現:インフォテインメントとAudi connect Audi A1 citycarverは、魅力的なインフォテインメントシステムと幅広いコネクティビティ機能によって、とくに若いドライバーにとって最適なパートナーとなるでしょう。 アウディの親会社であるフォルクスワーゲンのポロと共通のフォルクスワーゲンA05プラットフォームを使用。 アドバンスト、デザインセレクション、そしてSラインです。

次の

アウディA1シティカーバー SUV風に車高アップで快適性もアップ

a1 シティ カーバー

運転支援システム アダプティブクルーズコントロール、パークアシスト、アウディ・プリセンスフロント(歩行者およびサイクリスト検知)、レーン・ディパーチャー・ウォーニングが標準装備されています。 アダプティブクルーズコントロールやパークアシストなどの先進運転支援システムが採用される。 ハイブリッドカーがエンジンとモーターを使い分けながら走行するのに対して、レンジエクステンダーEVで車両の駆動に用いるのはモーターのみ。 アウディプレセンスフロント(歩行者と自転車を検知)および車線逸脱警告システムは標準装備されます。 大型の八角形のシングルフレームグリルは、アウディの「Qモデル」を連想させ、ハニカムデザインのグリル内部は、つや消しブラック仕上げとした。 Audi A1 citycarverには、9つのボディカラーが設定されています。

次の

アウディA1シティカーバーが誕生~新たな都市型クロスオーバーの魅力とは?

a1 シティ カーバー

アウディドライブセレクト・ダイナミックハンドリングシステムやサウンドアクチュエーター、アダプティブダンパー付きのサスペンションシステム、18インチホイールなどが選択できる。 コントラストカラーのルーフは、ミトスブラックメタリックまたはマンハッタングレーメタリックを選択することも可能だ。 ダイナミックパッケージを選択すると、最大18インチのホイールを装着することが可能だ。 《森脇稔》. 搭載するバッテリーの容量をある程度まで抑えられるため車内スペースが確保できたり、バッテリーにかかるコストを抑えられるというメリットもある。 オフロード意識したクロスオーバーSUVらしい外見となっています。 また、最初に日本導入されるグレードが2種類であるだけで、今後より安価なエントリーグレード、1. 例えば、ブランドイメージはどうなのか、デザインは適正化、運転は楽しいか、などなどだ。 4つのモード(オート、ダイナミック、エフィシエンシー、インディビジュアル)を選択可能なアウディドライブセレクトも個別に装着可能です。

次の

アウディ 新型 A1スポーツバック フルモデルチェンジ 2019年11月25日発売

a1 シティ カーバー

グリル内の模様は横方向に流れているデザインでしたが、新型A1ではハニカム構造の模様に変更されています。 また、同車の発売を記念した限定モデルである「A1シティカーバー・エディション1」もラインナップされる見通しです。 もくじ ー ー A1にシティカーバー 悪路走行を想起 アウディは「A1シティカーバー」を公開した。 ベースモデルのインテリア構成に加えて、3つの内装グレードがあります。 A1シティカーバーの外観はオールロードのモデル群と共通点が多く、具体的にはフェンダーアーチモールやサイドシル、ステンレス製のスキッドプレートが標準のA1スポーツバックとの識別ポイントとなる。

次の

アウディA1シティカーバー 内外装、スポーツバックとの違いは 悪路走行を想起

a1 シティ カーバー

リアにもアンダーボディプロテクションを装着している。 Audi A1 citycarver アウディ A1 シティカーバー 全長4mちょっとの小型プレミアムSUV 昨年、7年ぶりのフルモデルチェンジを受けたアウディのコンパクトハッチ、2代目A1スポーツバック(日本未導入)。 下部を絞り込んだ最新のグリルが、デザインのポイントになっています。 【導入記念車】 A1 スポーツバック 1st edition:443万円 アウディ新型A1の価格は、3ドアモデルの廃止と上級化によりスタート価格がアップしています。 アダプティブクルーズコントロールやパークアシストなどの先進運転支援システムが採用される。

次の