海上 自衛隊 幹部 名簿。 【高級幹部】海上自衛隊 海将補名簿氏名一覧|2019年7月版

海上自衛隊の階級章(幹部)

海上 自衛隊 幹部 名簿

16 1966. See what people are saying and join the conversation. 石動氏はさぞ多くの自衛官のキャリアを目にされたのだと思うが、それでもなお、軍事評論家を名乗るには少し勉強が足りないのではないだろうか。 部内(I)• (昭和28年)• 07 呉地方総監部 幕僚長 航空畑将補としてあらゆる要職を歴任したベテラン幹部。 余り自衛隊に詳しくない読者の方には何のことかわからないかも知れないが、詳細を言い過ぎると少し支障があるので曖昧な書き方をご容赦願いたい。 学生は入学と同時に自衛官としての身分(非任期制隊員たる二等陸士) が与えられ、特別職として給与が支給され、3年間の教育を受ける。 海上幕僚監部の長はである。 「分を守り分を尽くす」海の男。

次の

1佐人事・1佐職人事|2020年2月・海上自衛隊

海上 自衛隊 幹部 名簿

2013年2月19日閲覧。 7 海将昇任 25 鈴木 眞 1984. 航空学生(航空要員)課程修了者• 海上自衛隊高級幹部名簿. 08 第1航空群 司令 後日加筆 西脇匡史 37 44年8月 滋賀 2018. 我が国の誇り・掃海屋を率いた経歴もある最高幹部。 どのような思いでそのような副業をしていたのか、あるいはただの噂なのかは不明だが、人事という形で厳しい判断が下ったのであれば、事実無根というわけでは無さそうだ。 医科・歯科・薬剤科幹部候補生 陸上自衛隊の・・薬剤官になることができる。 7 防大33期 司令 防衛計画部副部長 45 齋藤 聡 2017. 海自ではこの階級から制帽の庇に飾り(通称スクランブルエッグ)が付きます。 私は艦艇幹部だったため、固定翼の人達とはあまり接点がありませんでしたが、回転翼の人達はdd(汎用護衛艦)に搭載されることで接点があり 海上自衛隊には高級官僚を輩出する法学部卒の将官が二人。 07 第22航空群 司令 SH-60回転翼機のパイロット。

次の

自衛隊トップ人事で大番狂わせ?海上幕僚長就任確実視された山下元海将、ひっそり勇退の全真相

海上 自衛隊 幹部 名簿

7 1981. 若い頃から「海自のホープ」と音に聞こえた俊秀ぶりから、海自内外では誰もが「いずれは山下海幕長の誕生」を信じて疑わなかったという。 1年目:基礎分野(情報科学、論理学、英語、社会学、心理学、教育学)• 28 防大12期 練習艦隊司令官 海上幕僚監部装備部長 33 尾崎通夫 1999. 12 護衛艦隊 司令官 絵に描いたような真面目顔なのに笑顔がとても魅力的。 。 03 防衛装備庁 長官官房 艦船設計官 艦艇と武器のエキスパート。 自衛官(自衛隊)の年収や役員報酬・役職別年収、年齢別年収推移など役立つ情報を掲載しています。 運用支援課• 29 相当 37年12月 東京 2016. 装備体系課• 03 教育航空集団 司令官 海軍伝統の鹿児島出身最高幹部。

次の

海上幕僚監部

海上 自衛隊 幹部 名簿

31 38年5月 兵庫 2017. かわいいオバチャンでネット上でも大人気 今吉真一 33 41年9月 鹿児島 2017. 我が国が世界に誇る潜水艦部隊を率いるサブマリナー。 他には経歴として防衛駐在官等の出向経験等も左右される• (画像提供: 師団だより29年12月号外) 【氏名】 【補職】第3師団長 【期別】30期 【生年月日】昭和38年12月 【出身地】千葉県 【昇任年月】2017年12月 【ひとこと】 航空科出身であり、ドイツ防衛駐在官などの要職を務めた田中である。 横田友範 31 相当 39年11月 石川 2018. 統幕日米共同班長を務めるなど海自を代表する知米派。 柴田弘 32 相当 38年6月 福岡 2015. [PDF] 〇海上自衛隊の部隊、機関等における英語の呼称について (通達) 昭和50年8月13日 海幕総第3614号 改正 昭和52年12月27日 海幕総第5732号〔海上自衛隊潜水医学実験 2013年7月 — 海上自衛隊幹部候補生学校に入校していた36歳の男性海曹長が、同期の20歳代の男性の顔面を殴るなどした。 カリキュラム• 04 海洋業務・ 対潜支援群 司令 後日加筆 31 39年10月 山口 2012. 1 2019. 2月1日:第1・第2学生隊が新設。

次の

1佐職人事|2017年9月・海上自衛隊

海上 自衛隊 幹部 名簿

(画像提供:) 【氏名】 【補職】第9師団長 【期別】29期 【生年月日】昭和37年4月 【出身地】鳥取県 【昇任年月】2018年8月 【ひとこと】 戦前には「国宝師団」とも称された8師団の伝統を引き継ぎ、我が国の存亡をかけた戦いにおいて常に命知らずの活躍を見せた第9師団を率いる岩村だ。 その傍らで一尉・三佐といった中級幹部になるための勉強にも励まなければならない忙しい身分でもあります。 34 42年9月 北海道 2016. 11 削除ガイドラインやローカルルールに違反した書き込みは、削除・移動されることがあります。 なお、9月19日付の異動について、1佐職人事だが2佐の藤原誠の記載があるのは1佐相当職のポストであるからと思われ、後任には1佐の白石英史が着任している。 対象者 [ ]• 海上自衛隊の幹部候補生たる曹長は、正帽は海曹のものであるが顎紐は金色で、階級章も一般の海曹長とは異なる三等海尉に類似のものを着用する。 航空科• 特に海上要員は卒業後にとなる資格を得る。

次の

統合幕僚監部の人物一覧

海上 自衛隊 幹部 名簿

14 防大27期 舞鶴地方総監部幕僚長 司令官 43 杉本孝幸 2014. 15 海兵59期 第2護衛隊群司令 再任 8 岡本晴年 1964. 31 39年8月 長崎 2015. 3月19日、自衛隊高級幹部人事の交代が発表された。 20 1984. 平成24年1月1日現在. 第1学生隊• 国防の最前線に立ち、中国人民解放軍から国民の生命と財産を守る。 8 防衛監察本部 監察官 36期相当で1選抜海将補。 1 1978. 外国軍の統合参謀総長あるいは国軍参謀総長に相当し、陸海空の自衛隊の運用に関し一元的に防衛大臣を補佐し、統合幕僚監部の所掌事務に係る大臣の指揮命令は、全て統合幕僚長を通じて行います。 陸曹航空操縦学生課程の修了者• (昭和62年)5月21日:学校長が「海将」から「海将補」に改まる。 阿部智 30 39年1月 宮城 2016. 陸上自衛隊の幹部候補生たる曹長は、幹部と同様な袖章をつける。

次の

自衛隊トップ人事で大番狂わせ?海上幕僚長就任確実視された山下元海将、ひっそり勇退の全真相

海上 自衛隊 幹部 名簿

(昭和35年):海上幕僚監部が霞が関から庁舎に移転。 海将・海将補 氏名一覧 【期別順】 海将・海将補 氏名一覧 【期別順】 (2020年3月18日現在) 【海 将】 (2020年3月現在 総数17人) 氏名 現補職 出身校・期 将昇任 将補昇任 1佐昇任 主な補職 山村 浩 海上幕僚長 防大28期 2015.8 2009.7 2003.1 海上幕僚副長・護衛艦隊司令官・統幕防衛計画部長・護衛艦隊幕僚長・海幕総務部副部長・第4護衛隊群司令・海幕防衛課長 糟井裕之 自衛艦隊司令官 防大29期 2016.12 2010.7 2004.1 護衛艦隊司令官・海幕人事教育部長・護衛艦隊幕僚長・大湊総監部幕僚長・第1護衛隊群司令・海幕補任課長・第4護衛隊司令・第7護衛隊司令 杉本孝幸 横須賀地方総監 防大29期 2017.8 2011.8 2004.1 呉地方総監・航空集団司令官・横須賀総監部幕僚長・幹部候補生学校長・防衛監察本部監察官・第1航空群司令・航空集団幕僚長・統幕防衛課長・第5航空隊司令 中尾剛久 佐世保地方総監 防大29期 2017.12 2013.3 2004.1 舞鶴地方総監・海幕装備計画部長・海幕総務部長・海幕総務部副部長・第4術科学校長・海幕装備需品課長・横須賀総監部管理部長・大湊総監部経理部長 大島孝二 舞鶴地方総監 防大29期 2017.12 2014.3 2004.1 海自補給本部長・第3術科学校長・補給本部副本部長・海幕技術課長・第2整備補給隊司令・防衛研究所主任研究員 出口佳努 海上幕僚副長 岡山大86年 2017.8 2011.8 2005.1 統合幕僚学校長・佐世保総監部幕僚長・海幕総務部副部長・防衛監察本部監察官・第1航空群司令・海幕防衛課長・海幕防衛調整官・第3航空隊司令 湯浅秀樹 護衛艦隊司令官 防大30期 2017.12 2011.12 2005.1 海自幹部学校長・掃海隊群司令・防大訓練部長・練習艦隊司令官・第2護衛隊群司令・海幕補任課長・海幕補任課服務室長・第14護衛隊司令 西 成人 教育航空集団司令官 防大30期 2018.3 2013.8 2005.1 横須賀総監部幕僚長・海幕総務部長・海幕監察官・第22航空群司令・統幕防衛課長・第22航空群首席幕僚・第23航空隊司令・オーストラリア防衛駐在官 中畑康樹 統幕運用部長 防大30期 2019.3 2011.8 2005.1 第1術科学校長・防衛監察本部監察官・練習艦隊司令官・第3護衛隊群司令・潜水艦隊幕僚長・統幕指揮通信システム運用課長・第4護衛隊司令 酒井 良 呉地方総監 防大31期 2018.8 2012.7 2006.1 大湊地方総監・海幕防衛部長・護衛艦隊幕僚長・第1護衛隊群司令・海幕教育課長・第7護衛隊司令 園田直紀 航空集団司令官 防大31期 2018.12 2012.7 2005.1 海幕人事教育部長・第31航空群司令・第1航空群司令・航空集団幕僚長・海幕人事計画課長・海幕人事計画調整官・第2航空隊司令 乾 悦久 海自幹部学校長 防大31期 2019.3 2015.8 2006.1 海幕総務部長・海幕監察官・統幕首席後方補給官・沖縄基地隊司令・統幕指揮通信システム運用課長・統幕計画課分析室長・第12護衛隊司令 伊藤 弘 海自補給本部長 防大32期 2019.8 2013.8 2007.1 国家安全保障局審議官・統幕防衛計画部長・統幕防衛計画部副部長・第4護衛隊群司令(CTF151司令官)・防大訓練部長・海幕補任課長・第7護衛隊司令 二川達也 大湊地方総監 防大32期 2019.12 2013.8 2007.1 自衛艦隊幕僚長・横須賀総監部幕僚長・第31航空群司令・幹部学校副校長・第4航空群司令・大湊総監部幕僚長・海幕総務課長・海幕総務調整官・第2航空隊司令 柴田 弘 防衛装備庁装備官 愛媛大88年 2019.12 2015.8 2007.1 海幕人事計画部長・海幕装備計画部長・防衛装備庁艦船設計官・技本副技術開発官(船舶)・海幕艦船武器課長・海幕武器課長・海自補給本部武器部長 小座間善隆 潜水艦隊司令官 明治大88年 2020.3 2015.3 2007.1 佐世保総監部幕僚長・潜水艦隊幕僚長・舞鶴総監部幕僚長・海幕総務課長・統幕運用第2課訓練調整官・第2潜水隊司令 佐藤道哉 自衛隊中央病院副院長 防医大8期 2017.12 2014.8 2004.7 海幕首席衛生官・潜水医学実験隊司令・大湊病院長・中央病院医療安全評価官・海幕医務衛生官 【海将補】 (2020年3月現在 総数49人) 氏名 現補職 出身校・期 将補昇任 1佐昇任 主な補職 森田義和 呉総監部幕僚長 防大30期 2012.7 2005.1 第31航空群司令・大湊総監部幕僚長・航空集団幕僚長・第4航空群司令・航空集団訓練主任幕僚・第1航空群首席幕僚・第3航空隊司令 岡田真典 第22航空群司令 防大30期 2016.7 2005.1 開発隊群司令・第51航空隊司令・航空集団訓練主任幕僚・第25航空隊司令・第21航空隊司令 阿部 智 第3術科学校長 防大30期 2016.12 2005.7 統幕首席後方補給官・防衛装備庁プロジェクト管理総括官・海幕援護業務課長・統幕首席後方補給官付後方補給室長・千葉地方協力本部長・第1整備補給隊司令 大判英之 幹部候補生学校長 防大30期 2018.3 2005.1 第2護衛隊群司令・海上訓練指導隊群司令・護衛艦隊訓練主任幕僚・自衛艦隊作戦総括幕僚・第4護衛隊司令 竹内 修 海洋業務・対潜支援群司令 防大30期 2019.3 2007.1 自衛艦隊作戦主任幕僚・舞鶴総監部防衛部長・第1術科学校副校長兼教育第1部長・第14護衛隊司令・沖縄海洋観測所長 岩崎英俊 第1術科学校長 防大31期 2012.12 2006.1 第2術科学校長・呉総監部幕僚長・練習艦隊司令官・第2護衛隊群司令・幹部学校副校長・海幕指揮通信課長・第5護衛隊司令 下 淳市 開発隊群司令 防大31期 2015.12 2006.1 第2術科学校長・海幕装備体系課長・第3護衛隊司令・韓国防衛駐在官 小俵和之 第21航空群司令 防大31期 2015.12 2006.7 教育航空集団幕僚長・第22航空群首席幕僚・第111航空隊司令・第21航空隊司令・シンガポール防衛駐在官 横田友範 防衛装備庁総括装備調達官 国士舘大 87年 2018.3 2006.1 補給本部副本部長・海幕首席会計監査官・海幕装備需品課長・舞鶴造修補給所長・海幕厚生課給与室長・大湊総監部経理部長 白根 勉 佐世保総監部幕僚長 防大32期 2014.12 2007.1 掃海隊群司令・海幕総務部副部長・防衛監察本部監察官・海幕指揮通信課長・第7護衛隊司令 梶元大介 護衛艦隊幕僚長 防大32期 2016.12 2007.7 練習艦隊司令官・第3護衛隊群司令(CTF151司令官)・横須賀総監部管理部長・護衛艦隊訓練主任幕僚・海幕防衛課長・第11護衛隊司令 中村敏弘 航空集団幕僚長 防大32期 2017.8 2006.1 第5航空群司令・第1航空群司令・海幕情報課長・第1航空群首席幕僚・第3航空隊司令・イタリア防衛駐在官 石田伸介 防衛装備庁 プロジェクト管理総括官 防大32期 2017.12 2007.7 第3術科学校長・防衛装備庁総括装備調達官・海幕航空機課長・海自補給本部航空機部長・第31整備補給隊司令 関口雄輝 第2術科学校長 防大33期 2014.6 2007.1 舞鶴総監部幕僚長・統幕指揮通信システム部長・米国防衛駐在官・海幕防衛課防衛調整官兼分析室長・第11護衛隊司令 齋藤 聡 海幕防衛部長 防大33期 2014.8 2008.1 幹部候補生学校長・護衛艦隊幕僚長・第1護衛隊群司令・海幕補任課長・海幕教育課長・第14護衛隊司令 真殿知彦 横須賀総監部幕僚長 防大33期 2014.8 2008.1 統幕防衛計画部副部長・幹部候補生学校長・第2航空群司令・海幕防衛課長・第1航空隊司令 俵 千城 海幕指揮通信情報部長 防大33期 2015.3 2008.1 海洋業務対潜支援群司令・防大訓練部長・統幕運用部副部長・海幕運用支援課長・海幕防衛課防衛調整官・第3潜水隊司令 市田 章 自衛艦隊幕僚長 防大33期 2015.8 2008.7 統幕指揮通信システム部長・第5航空群司令・第1航空群司令・第5航空群首席幕僚・統幕指揮通信システム企画課サイバー企画室長・第5航空隊司令 小峯雅登 海幕監察官 宮崎大88年 2016.3 2008.1 呉総監部幕僚長・第2航空群司令・第4航空群首席幕僚・統幕防衛課長・第1航空隊司令 近藤奈津枝 大湊総監部幕僚長 山口大88年 2016.12 2010.1 統幕首席後方補給官・海幕厚生課長・佐世保総監部経理部長・海幕経理課経理調整官 今吉真一 海幕装備計画部長 防大33期 2017.3 2008.1 防衛装備庁艦船設計官・防衛装備庁総括装備調達官・海幕艦船武器課長・海上補給本部武器部長・呉弾薬整備補給所長 平木拓宏 第4航空群司令 防大33期 2019.12 2009.1 第51航空隊司令・第4航空群首席幕僚・第3航空隊司令 福田達也 掃海隊群司令 防大34期 2015.8 2009.1 統幕防衛計画部副部長・第4護衛隊群司令(CTF151司令官)・大湊総監部幕僚長・海幕教育課長・第8護衛隊司令 大町克士 幹部学校副校長 防大34期 2015.8 2009.1 第22航空群司令・海幕防衛課長・第22航空隊司令 泉 博之 海幕人事教育部長 早大87年 2015.12 2009.1 統幕学校副校長・練習艦隊司令官・第2護衛隊群司令・海幕補任課長・第1護衛隊司令 伊藤秀人 補給本部副本部長 防大34期 2016.7 2009.1 第3術科学校長・航空集団幕僚長・海幕総務課長・海幕総務調整官・第31整備補給隊司令 江川 宏 統幕防衛計画部副部長 防大34期 2016.12 2008.7 第1護衛隊群司令・海幕総務部副部長・情報本部情報官・統幕指揮通信システム企画課長・海幕指揮通信課長・第5護衛隊司令・米国防衛駐在官 大西 哲 第31航空群司令 防大34期 2016.12 2009.1 海幕監察官・自衛艦隊司令部・第5航空群司令・統幕運用第3課長・第5航空隊司令 稲田丈司 第4術科学校長 防大34期 2019.12 2009.1 海幕総務課長・海幕経理課長・舞鶴造修補給所長・海幕厚生課給与室長・大湊総監部経理部長 伍賀祥裕 海幕総務部長 防大35期 2016.7 2010.1 海幕総務部副部長・護衛艦隊幕僚長・第1護衛隊群司令・海幕防衛課長・情報本部情報官・第3護衛隊司令 松本 完 統幕学校副校長 防大35期 2016.7 2010.1 航空集団幕僚長・第4航空群司令・海幕人事計画課長・海幕補任課服務室長・第3航空隊司令 八木浩二 練習艦隊司令官 防大35期 2017.8 2010.1 護衛艦隊幕僚長・第1護衛隊群司令・海幕運用支援課長・海幕防衛課分析室長・第15護衛隊司令 國見泰寛 海幕総務部副部長 防大35期 2019.3 2010.1 教育航空集団幕僚長・統幕防衛課長・第21航空隊司令 保科俊朗 防大訓練部長 防大35期 2020.3 2010.1 防衛研究所教育部長・潜水艦隊訓練主任幕僚・海幕教育課長・第4潜水隊司令尾・特別警備隊長 吉岡 猛 舞鶴総監部幕僚長 防大35期 2020.3 2010.1 統幕指揮通信システム企画課長・第7護衛隊司令・第3護衛隊司令 竹中信行 潜水艦隊幕僚長 龍谷大92年 2017.8 2011.1 防衛監察本部監察官・舞鶴総監部幕僚長・海幕防衛課長・海幕防衛課防衛調整官・第5潜水隊司令 金嶋浩司 第5航空群司令 防大36期 2017.12 2011.1 第4航空群司令・海幕人事計画課長・第2航空隊司令 金刺基幸 統幕首席後方補給官 防大36期 2018.3 2011.1 防大訓練部長・海幕補任課長・第7護衛隊司令 石巻義康 第3護衛隊群司令 防大36期 2018.12 2011.1 海幕厚生課長・海幕指揮通信課長・第4護衛隊司令 星 直也 防衛装備庁艦船設計官 防大36期 2018.12 2011.1 防衛装備庁プロジェクト管理総括官・海幕指揮通信課長・海幕防衛課調整官・海幕防衛課分析室長 川村伸一 第1航空群司令 中央大93年 2018.8 2012.1 統幕運用第3課長・第5航空隊司令 西脇匡史 第4護衛隊群司令 防大37期 2018.12 2012.1 海幕運用支援課長・海幕厚生課長・海幕人事計画課調整官・第12護衛隊司令 小牟田秀覚 第1護衛隊群司令 防大37期 2020.3 2012.1 海幕人事計画課長・海幕人事計画課調整官・第12護衛隊司令 今野泰樹 第2護衛隊群司令 防大38期 2019.8 2013.1 海幕補任課長・第5護衛隊司令 羽渕博行 防衛監察本部監察官 慶応大94年 2019.8 2013.1 海幕防衛課長・第1練習潜水隊司令 降旗琢丸 第2航空群司令 防大38期 2020.3 2013.1 海幕教育課長・第1航空隊司令 徳永徹二 横須賀病院長 防医大9期 2016.7 2005.7 潜水医学実験隊司令・横須賀病院副院長・海幕衛生企画室長・中央病院医療安全評価官 村上健彦 海幕首席衛生官 防医大11期 2017.12 2007.1 横須賀病院副院長・海幕首席衛生官付衛生企画室長・自衛艦隊衛生幕僚・舞鶴病院長 小川 均 潜水医学実験隊司令 防医大13期 2018.8 2011.7 中央病院第3外科部長・海幕首席衛生官付衛生官. 軍事の要・統合運用の補給を統べる。 外国軍の陸軍参謀総長に相当、防衛大臣の指揮監督の下、陸上自衛隊の任務および隊員の服務を監督し、それらに関する最高の専門的助言者として大臣を補佐します。 30 海兵59期 第2護衛隊群司令 司令官 6 市來崎秀丸 1962. 大きく分けると、幹部と曹士に分かれるのですが、さらに細かく見ると16階級に分かれます。 4 防大26期 第3護衛隊群司令 監察官 41 坂田竜三 2011. 30 相当 37年6月 大阪 2017. つまり3曹任官4年目から受験できる。 (昭和40年)3月25日:学校長が「海将補」から「海将」に改まる。

次の

メンバー紹介

海上 自衛隊 幹部 名簿

その実績、補職から考えても、次の陸上幕僚長に着任する可能性が非常に高い。 (1佐(一))• (画像提供:) 【氏名】 【補職】第4師団長 【期別】31期 【生年月日】昭和39年11月 【出身地】岐阜県 【昇任年月】2018年8月 【ひとこと】 国防の最前線・福岡駐屯地で、第4師団長を務める沖邑だ。 人事は霞が関の中央官庁と同じく、「この椅子に座れば、次はこの椅子」と、遠い将来の人事がほの見えてくるところがある。 きっと30年後には、この時の初級幹部から練習艦隊司令官が生まれることになるのではないだろうか。 統率科• :海上自衛隊術科学校が江田島に移転。 海上幕僚監部(かいじょうばくりょうかんぶ、略称:海幕(かいばく)、英語:Maritime Staff Office、略称:MSO)は、日本の官公庁の一つであり、防衛省の特別の機関である。 (画像提供:) 【氏名】 【補職】西部方面総監 【期別】29期 【生年月日】昭和37年7月 【出身地】宮崎県 【昇任年月】2016年7月 【ひとこと】 国防の最前線・西部方面隊のトップを任された本松である。

次の