こんな 事 も あろ うかと。 C−BOARD

愛犬の紹介

こんな 事 も あろ うかと

こ れだけ聞きたら、どんな事も分かる。 人々つかえてある。 親大切、家業第一、と諭したる。 」 [『白川静著作集』別巻 白鶴美術館誌の刊行について 平凡社2006 ] 先生の代表的な研究成果たる金文通釈は、樸社という会での講義が元になっている。 さつぱり旦那と手を切らずば、ここで己れが見遁しても。

次の

こんなこともあろうかととは (コンナコトモアロウカトとは) [単語記事]

こんな 事 も あろ うかと

明治期に翻訳語として作られた「経済」「哲学」「芸術」などの言葉は、その 後中国に伝わり、現代中国語として完全に定着している。 無所…不用其極 成語 (悪事を働くのに)いかにあくどい手段で あろうと用いないものはない.• 負う力持ってくれにゃならん。 (杉並 隔月 定員 30名程) 参加者には遠方の北海道の方や石川県の方もおり、夫々に自己紹介と近況報告を済ま せ、車座で語り合いました。 どうでも成る、どうでも行かん。 さあ/\遠い所やない。

次の

樋口一葉 にごりえ

こんな 事 も あろ うかと

明治三十五年三月十四日 午前十一時過ぎ 刻限御話 さあ/\/\半ば/\、さあ/\半ば/\。 第89回 「今すべて文化や生活の面でも、グローバルという言葉で、地域の独自性を尊ば ないというやり方をしているけれども、これはアメリカ的な考え方でしょう。 この理から聞き分けば分かる。 第74回 「私は必ずしも日本文化の将来を悲観しておりません。 この一つの理を聞き分けねば、どうもならんなあ。

次の

C−BOARD

こんな 事 も あろ うかと

尋ねてみたい気になつたも、一ツは家へ帰るがいや。 世界から道理を付けて世界中この道から、一つ信者から一つ敵の中と、前々伝えたる/\。 人名などを見てみても、音(ここでは音読み・訓読みの両方を指す)に重点が置かれ、義はあまり考慮していないのではないかと思える名前が多い。 年は漸々とうどうの、道をかけたる笈摺に、同行二人と記せしは、一人は大悲の影頼む。 旦那のお心変つたからは、 生存 ( いきなが )らえて、何楽しみ。

次の

天理教勉強blog: 明治二十七年のおさしづ(公刊おさしづ第三巻より)その1

こんな 事 も あろ うかと

しかし、先生を単なる研究一筋の堅物 として見てはいけない。 内の中それ/\の中、どの事情よく聞き分け。 お前方も親御があらば、たんと遣ふて暇とりやと。 今のは、ほんの 戯談 ( じやうだん )さ。 「邪魔はさせません!!」 于吉がさっと手を振ると無数の白装束が現れる。 そうした危惧を抱く白 川先生は、ご自身の体験を交えつつ古典と大人の読み物とを読む重要性を説かれ る。

次の

白川静ことば抄│立命館大学 白川静記念 東洋文字文化研究所

こんな 事 も あろ うかと

我々も研究活動を行なってゆく上で、先人の業績に尊敬と感謝の念を忘れず、 しかしその学説を妄信することなく批判的に継承してゆきたい。 そうでなければ専門が無数に枝分かれするにつれて、相互不理解が進行するだけだ。 金どれだけで道買うと言わん。 思ひ付きの大声音。 一時どうではない。 これまでの道すがら、長い間艱難苦労した。 敢て差し支えも無かろう。

次の