桃太郎 朗読。 芥川龍之介 桃太郎

桃太郎 <福娘童話集 お話しきかせてね きょうの日本昔話>

桃太郎 朗読

桃太郎はその 後 ( のち )犬のほかにも、やはり黍団子の半分を 餌食 ( えじき )に、 猿 ( さる )や 雉 ( きじ )を 家来 ( けらい )にした。 ノッてくれ、ノッてくれって。 しかし雉は犬をなだめながら猿に主従の道徳を教え、桃太郎の命に従えと云った。 「桃太郎さん、どこへ行くのですか?」 「鬼ヶ島へ、鬼退治に行くんだ」 「それでは、お腰に付けたきび団子を1つ下さいな。 定員60人。 5月からオンラインで動画を投稿しており、7月11日に吉備路文学館(岡山市北区南方)で開かれる初公演では、岡山にゆかりのある作品を読み聞かせる。 ヤバイ、って思ったよね。

次の

【朗読】芥川龍之介『桃太郎』

桃太郎 朗読

…… あらゆる罪悪の行われた 後 ( のち )、とうとう鬼の 酋長 ( しゅうちょう )は、命をとりとめた数人の鬼と、桃太郎の前に 降参 ( こうさん )した。 優 ( やさ )しい鬼の娘たちに恋をすることさえ忘れたのか、黙々と、しかし嬉しそうに 茶碗 ( ちゃわん )ほどの目の玉を 赫 ( かがや )かせながら。 「みんな、ぬかるなよ。 しかし実はわたくしを始め、鬼が島の鬼はあなた様にどういう無礼を致したのやら、とんと 合点 ( がてん )が参りませぬ。 おばあさんが川でせんたくをしていると、ドンブラコ、ドンブラコと、大きな桃が流れてきました。 この桃の枝は雲の上にひろがり、この桃の根は 大地 ( だいち )の底の 黄泉 ( よみ )の国にさえ及んでいた。

次の

もしも矢沢永吉が桃太郎を朗読したら

桃太郎 朗読

昔々あるところに、お爺さんとお婆さんがワオワオしてたんだけどさ。 こうさんだ、助けてくれぇ」 と、手をついてあやまりました。 桃太郎も負けずに睨み返してさ、こうつっぱったわけ。 桃太郎はこういう 重 ( かさ )ね 重 ( がさ )ねの不幸に 嘆息 ( たんそく )を 洩 ( も )らさずにはいられなかった。 桃太郎さん。 吠えるのよ。 」 桃太郎はもう一度彼等を伴に、鬼が島征伐の 途 ( みち )を急いだ。

次の

もしも矢沢永吉が桃太郎を朗読したら

桃太郎 朗読

大きいとだけではいい足りないかも知れない。 若いころにありがちだよね。 」 欲の深い猿は 円 ( まる )い 眼 ( め )をした。 そして三人は、宝物のおかげでしあわせにくらしましたとさ。 桃太郎とイヌとサルとキジは、鬼から取り上げた宝物をくるまにつんで、元気よく家に帰りました。 」 犬も桃太郎の 渋面 ( じゅうめん )を見ると、 口惜 ( くや )しそうにいつも 唸 ( うな )ったものである。

次の

岡山のフリーアナが朗読グループ 語り生かし文学紹介 7月に初公演:山陽新聞デジタル|さんデジ

桃太郎 朗読

時間は午後1時半~3時。 「一つ下さい。 」 「ではその打出の小槌から、幾つもまた打出の小槌を振り出せば、一度に何でも手にはいる 訣 ( わけ )ですね。 そして桃太郎も、刀をふり回して大あばれです。 「どうも鬼というものの 執念 ( しゅうねん )の深いのには困ったものだ。 …… 桃から生れた 桃太郎 ( ももたろう )は 鬼 ( おに )が 島 ( しま )の 征伐 ( せいばつ )を思い立った。

次の

桃太郎 <福娘童話集 お話しきかせてね きょうの日本昔話>

桃太郎 朗読

仕事で培った語りを朗読に生かし、多くの人に文学作品に触れてもらうのが狙い。 勝てるんすかって。 」 犬はしばらく 強情 ( ごうじょう )に、「一つ下さい」を繰り返した。 叩いて。 お 伴 ( とも )しましょう。 椰子 ( やし )の林は至るところに鬼の 死骸 ( しがい )を 撒 ( ま )き散らしている。

次の

もしも矢沢永吉が桃太郎を朗読したら

桃太郎 朗読

。 NIPPON ICHIって書いてあるタオルを振り回してさ。 その間も寂しい鬼が島の 磯 ( いそ )には、美しい熱帯の 月明 ( つきあか )りを浴びた鬼の若者が五六人、鬼が島の独立を計画するため、 椰子 ( やし )の実に爆弾を仕こんでいた。 瘤 ( こぶ )取りの話に出て来る鬼は一晩中踊りを踊っている。 お爺さんが山へ柴刈りに、お婆さんが川で洗濯してたら、ビッグな桃が流れてきたわけ。

次の