エプソン。 セイコーエプソン

【楽天市場】ジットリサイクルインクカートリッジ エプソン(EPSON)用 1:プリンタインクのジットストア

エプソン

注記・参考資料 [ ]• (コンピュータ及び周辺機器、各種電子デバイスの販売、サービスを行う)。 - ロジック半導体製造の野洲セミコンダクター株式会社(IBMとの合弁)のIBM持分を取得して完全子会社化する。 5 766. 5 615. リコーダー• 5 19. カラーチョコレート• (2014年シーズンよりユニフォーム胸スポンサー。 1959年に大和工業が第二精工舎の諏訪工場を営業譲受し、株式会社となった。 ケンダマ+タケトンボ• その後もSVMシリーズの製品が開発されていった。 (昭和61年) - 関連会社のサンリツ工業株式会社を営業譲渡により吸収。 2016年9月1日• 「59Aプロジェクト」を発足させ、次世代の高精度電池式腕時計の開発をスタート。

次の

【楽天市場】ジットリサイクルインクカートリッジ エプソン(EPSON)用 1:プリンタインクのジットストア

エプソン

現在の主力事業・主力製品はインクジェットプリンターや液晶プロジェクターなどの情報関連機器である。 によるブランドのPCを展開。 その後の腕時計の高精度化、低価格化をすすめる契機になった。 産業用製品 [ ]• 6 611. - かつてProselectionで製品展開していたが、現在は製造していない。 地球環境戦略研究機関• 製造は塩尻事業所に加えて、、の子会社でも行なっている。 1 2017 12502 43. を始めとするや、、といった情報関連機器、(クォーツ)、などの電子デバイス部品の製造を行っている。 捺染プリンター - インクジェット方式のデジタル捺染印刷機を開発し、京都にデジタル捺染センターを構えている。

次の

セイコーエプソン

エプソン

- エプソン最初のテレビコマーシャルに起用• 日本食品分析センター• 1989年に世界初の液晶プロジェクター「VPJ-700」を発表。 - ( だったが2007年1月から降板)• そのため、セイコーHD(旧)を中心とするセイコーグループのひとつとして見なされており、株式会社も併せて「セイコーグループ中核3社」を形成している。 色エンピツ• IC95シリーズ• (昭和17年) - 諏訪市の時計商・山崎久夫により 有限会社大和工業(だいわこうぎょう)として設立。 - 株式会社諏訪精工舎に組織変更。 0 2014 11810 43. 国内インクジェットプリンター・トップシェアの座を得る。 (昭和48年)• 7 2012 11902 42. エプソンはインクカートリッジなどの回収、ブルボンはガムの包装紙に付いている)• ドライバは製造元が開発されたものをベースにエプソン独自で手を加わったものを使用している• チューリップ• IC82シリーズ• IC41Aシリーズ• 10月 - 国内全事業所および関連会社の生産工程においてフロン全廃を達成。 (平成15年) - 株式を東京証券取引所第一部に上場する。

次の

セイコーエプソン

エプソン

2016年6月末日まで販売継続の上、販売終了とする予定。 ホーム向けインクジェットプリンター -日本国内では シリーズ で製品を展開。 主要製品 [ ] プリンター [ ]• (平成2年) - 関連会社の塩尻工業株式会社(腕時計製造)、島内精器株式会社(腕時計製造)、松島工業株式会社(水晶デバイス製造)を吸収合併する。 年度 従業員数[人] 平均年齢[歳] 平均勤続年数[年] 平均年収[万円] 2003 12839 39. 大判プリンター - かつては(マックスアート)シリーズで展開されていたが、現在はSureColor(シュアカラー)ブランドに変わった。 CMOS ICの量産工場を完成。

次の

【エプソン】互換インク型番、プリンター型番から探す│インク革命.COM

エプソン

子会社に(国内市場向けエプソンブランド商品販売全般)、(水晶デバイス事業)、東北エプソン(半導体、プリンター部品の製造)、エプソンアトミックス(金属粉末、金属射出成形部品、人工水晶原石の製造)や孫子会社(周辺機器のユーザ、法人向け直販)などがある。 - 株式会社諏訪精工舎がエプソン株式会社を合併し、商号を セイコーエプソン株式会社に変更。 (昭和60年)• (平成15年)、市場第一部へをした。 その後を搭載してに強化されが動作するが発売された(海外ではHXシリーズ)。 - 同年よりに代わり構成銘柄に加えられることが発表された。

次の

【エプソン】互換インク型番、プリンター型番から探す│インク革命.COM

エプソン

以前はを製造。 ブドウ• 電子デバイス [ ]• 中嶋悟 [ ] 元のは、長年のパートナーとして広く認識されている。 機能子会社化(後に統合・法人解散)したでは、オリエントブランドの機械式腕時計の製造も行っている。 シマウマ• - ドキレイダー• 4 828. イチゴ• 5 2016 12238 43. ふうせん• 歯ブラシ• クマノミ• その後、購入者が注文時に仕様を選択できる(Build-To-Order)による生産体制を確立した。 3 707. HC-88およびQC-10は、日本語入力の方法としてで開発された方式をという名前で採用していた。 0 663. 放映期間中にセイコーエプソンに社名変更• 腕時計・腕時計部品• 広報・宣伝活動 [ ] CM・広告 [ ] 家庭向けのインクジェットプリンターのシリーズの普及期に、人気をに使って大胆に宣伝を行い、製品のヒットやブランドの認知に一役を買っていた。

次の

【エプソン】互換インク型番、プリンター型番から探す│インク革命.COM

エプソン

HC-20のヒットにより、その後、などの後継機種も発売された(海外ではHXのシリーズ名)。 4 793. プロフェッショナルフォトプリンティングシステム - CRYSTARIOシリーズ やSureLabシリーズなど写真店向けの製品。 大和工業を母体として合体し、商号を有限会社諏訪精工舎に変更。 信州精器株式会社の商号をエプソン株式会社に変更する。 クリップ• この時期には中嶋を起用したテレビCM(ノートパソコンや広告)も制作され、当時のF1ブームも重なり企業イメージと知名度が飛躍的に上がり、就職希望者が大幅に増加するといった現象もみられた。 そのまま制作費を捻出できなくなり番組自体がとなった。

次の

【エプソン】互換インク型番、プリンター型番から探す│インク革命.COM

エプソン

(公式スポンサー)• 主な関連企業 [ ]• 中嶋の現役引退後も中嶋企画への支援は継続され、(平成12年)より子会社のがスポンサー活動を引き継いでいる。 東洋通信機株式会社がエプソントヨコム株式会社と変更し、セイコーエプソンが株式の68. - 松浦亜弥と共に「カラリオ大使」として出演。 さくらんぼ• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 9 18.。 ビジネスインクジェットプリンター• 9 2013 11680 42. 1985年に諏訪精工舎と子会社のエプソン株式会社が合併して、現在のセイコーエプソン株式会社に商号を変更した。 デスクトップタイプのコンピューターとしてを利用できるが発売される。

次の